宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成28年宅建試験合否の投票受付中です。

 投票はこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52232748.html

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

平成29年宅建登録実務講習☆登録実務講習の各過程について

登録実務講習は、大きく分けると、
「通信過程」
「スクーリング(演習)」
「修了試験」
の3つになります。

不動産推進化センター(旧不動産推進化センター)を例にとると、
使用するテキストは、

「通信講座」
・媒介業務がよく分かる宅地建物取引業務の知識
・背景・趣旨がよくわかる不動産税制の手引
・練習問題(解答付)
・DVD

「演習」
・登録実務講習テキスト
・登録実務講習テキスト資料編
・演習ワークブック

になります。

私が受講した2000年当時は
宅建合格後の翌年1月に、通信講座資料一式と、
スクーリング資料一式が送付されてきました。

今現在も不動産近代化センター(旧不動産推進化センター)では、
演習用の教材は通信講座と一緒に送られてきます。

(2000年当時送付されてきた資料)
○通信講座テキスト 第1分冊〜第3分冊 
          別冊「税制の手引」
○通信講座用演習問題 1冊
○演習問題解答用紙  1枚
○解答用紙提出用封筒 1枚

○スクーリング用テキスト(赤本) 1冊
○受講票(受講日程・会場を記載) 1枚

2000年当時は、
通信講座期間中でも、演習問題の提出が義務づけられていました。
今は提出する必要はありません。

スクーリングについても、
当時は3日間でしたが今は2日間です。
3日間とも最終時限が終了した後にミニテストが実施されていました。

何と言っても困ったのが、
会場が一般のホールなのでテーブルがないことでした。
あと、会場の外に出れないことにもまいりました。。
3日間、不動産近代化センター(旧不動産推進化センター)で用意された弁当での缶詰でした。
(今は、流石にこんなことはないですね。)

また修了試験については、
今はスクーリングの2日目の最終時限に実施されますが、
当時は、スクーリング終了後ではなく、
後日総合試験問題が、自宅に送付されてきて、
それを自宅で解いて、期日までに送付していました。

当時はかなり、ロングランでの学習になり終了までには、
それなりの日数を要していました。

それから比べると、
今は随分簡素化されていますので、
スクーリングを入れる時期にもよりますが、
計画的に取組んでいけば、
比較的短期間で実務講習を修了することができます。

今では16社ある登録実務講習ですが、
当時は不動産近代化センターの独占状態でした。


さて登録実務講習の内容についてですが、
実務に即した内容になるので、
内容自体はわかりやすいですし、
最終の修了試験もまじめに取り組んでいれば、
絶対に大丈夫な試験です。

私の当時の自己成績も多分全問正解だったと思います。
それくらいのレベルですから余計な心配は絶対にしないでくださいね。


最後に、登録実務講習で重要なことをまとめています。

1.通信過程を普通に勉強すること。

2.スクーリングには遅刻・早退せず、
  2日間の全時限に出席すること。
  講師が説明するポイントをチェックすること。

3.修了試験を受けること
  (真面目にやれば8割以上の正解は、まずとれます)

以上3点になります。

宅建試験をくぐりぬけてこられたあなたなら、
絶対に絶対に大丈夫です。

とにかく余計な心配はしないで、
安心して取り組んでくださいね。

楽しむことです。

登録実務講習は落とす試験では絶対にありませんから・・
試験も学習で得た知識を単に確認する試験になります。

案ずるより生むが安しです。

不動産近代化センターでの合格率は、
平成23年⇒98%
平成24年・平成25年⇒99%

不合格になったのは、
多分スクーリングや試験を受けなかった人がいるからでは
ないでしょうか?

受けた人は多分100%ではないかと想像できます。

心配性のあなた、
受講した後きっとこう感じるはずです。

心配して損した・・・

是非あなたが通信過程・スクーリングで感じたことを、
受講時や受講後にコメントしてくださいね。

あなたのコメントが今後受講される方や、
翌年以降受講される方の参考になります。

是非ご協力お願いいたします。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建合格体験記を募集中です!

宅建試験後に宅建合格体験記を募集しました。

現時点で申込者は・・・2名。

商品券があたるチャンスは多いにありますので、
来年以降の受験生のためにも、是非ご協力お願いします。

改めてあなたの宅建受験合格体験記を募集します。

現在このブログには私自身の合格体験記と
平成23年〜27年の宅建合格者の方の合格体験記を掲載しています。

平成23年〜27年宅建合格者の方の合格体験記は、
カテゴリー『読者の合格体験記』に掲載しています。
参考にしてください。


今回、募集する合格体験記は12月下旬にブログに掲載する予定です。

(記事例)

 『○○さんの平成28年宅建試験合格体験記』

  〜 *ここにサブタイトルが入ります。  〜
        ↓
      サブタイトルをご自身で指定してください。


        *プロフィール
            ↓
     プロフィールを掲載可能な範囲でお書きください。
     書きたくない方は、不要です。
     写真(イメージ)、似顔絵もOKです。

    *本文
      ↓
     本文の書き方は自由です。
     改行もご自身で設定してください。
     但し、ブログの表記上、内容を修正・変更する場合があります。)


    *合格証書
      ↓
     可能な方のみ。
     (名前や番号は隠します)

    *来年受験される方へのエール
          ↓
     エール、アドバイスをご記入ください。


できるだけ、いろんな宅建合格例があれば助かります。
それは、あなたの合格体験記は来年以降に受験される方の貴重な経験談となるからです。

あなたも経験がありませんか?
学習方法に悩んでどうしていいかわからなくなった・・・
壁にぶつかり行き詰まった・・・
独学で続けられるか自信がない・・・

そんな時、あなたの合格体験談が心の支えになるかもしれません。
解決するためのヒントになるかもしれません。

誰かのためにあなたの経験が役立つ。

メールフォームから件名に「宅建合格体験記」と記入し、
必要事項を入力してご応募ください。

可能な方は、合格証書も掲載したいと思います。
(ペイントソフトで名前や番号など個人情報に触れる部分を、
         消してデータを送ってもらえれば幸いです。
          私の方でも加工はできます。)

合格発表日から数日後に、
体験記の送付先などの案内を記載したメールを、
メールアドレスに連絡いたします。

また、このブログに掲載するだけでなく、
電子書籍
にも来年に入ってからの改訂時に掲載します。

最後に、ご協力頂いた方のうち、抽選で3名の方に1,000円のデパート
商品券をさしあげます。

応募条件:ブログ読者であること(宅建試験後の読者でももちろんOKです。期間も問いません)
     *私が発行するメルマガ購読者、運営するフェイスブックグループ加入者もOKです

応募期限:12月13日(火)PM11:00まで


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建試験リベンジ☆再スタートのきっかけやタイミングについて

平成28年宅建合格発表から6日目になりました。

今年残念な結果に終わったあなたの今の気持ちはどうでしょうか?

今年の場合、33点以下だった方は比較的早い段階で、
割り切れている方が多いと思います。

では1点差(34点)の方はどうでしょうか?
一番、ひきずりやすい得点になります。
ましてや、昨年も1点差ならもっと尾をひきづっていると思います。

本当は結果が出た以上はスパッと気持ちを切り替えることが
一番なのですが、なかなか難しいのが現実です。

いつかは気持ちを切り替えなくてはいけないことですが、
それにはやはりきっかけやタイミングが必要になります。

今年は宅建のことはもう何も考えない・・・
来年になったら考える・・・

これはこれでいいと思います。
もうすでにブログも年内は見ないという方もいると思います。

でもできることなら無茶苦茶悔しい思いが残っているこの時期に、
来年リベンジ受験の決意だけはしてほしいのです。

中には、合格基準点が35点になったのに、
合格できなかった自分がいる。
ひょっとしたら一人自分を卑下している方もいることでしょう。

自分を卑下しては絶対だめです。
一方で頑張った自分がいるのは事実なので、
そのことについては素直に受け止めてください。

そして、来年に向けて一日も早い闘志を燃えたたせましょう!

その燃えたぎった闘志は、あなたの熱い気持ちにつながり、
その熱い気持ちは来年にしっかりとつながっていきます。

絶対に来年リベンジするぞの熱い気持ちは、
それだけで強い強いあなた自身の合格への原動力になります。

あなたのヤル気を引き出す・・
モチベーションを高める・・・
あなた自身の大義名分になります。

人は何かしらの寄り所が必要です。

私やこのブログの心の友も精一杯応援はしますが、
実際にやるのはあなた自身になります。

声援は時としてあなたの耳には届かないこともあります。

そんな時あなた自身であなたの前に立ちはだかった大きな壁を
乗り越えてほしいのです。

それを乗り越えるためのパワーの源が、リベンジ決意=大義名分なのです。
その最大のパワーを得られるチャンスが・・・今なのです。

今だけですよ。

だったら、決意するのは今でしょう。
明日でも明後日でもない、たった今です。

リベンジ決意は早くすればすれほどそれだけ優位になります。
その優位の特権は、あなたしか選択する権利はありません。

是非今、その手でつかみとってください。

平成29年宅建試験リベンジ合格に向けての熱い思いを!

このブログのリベンジでの卒業生の方も、早い段階でこのチャンスを得ています。
あなたもその一人になってください。

今からの長丁場、メンタル面は特に大事になります。

今年の難問に苦戦したあなたならわかるはずです。

その長丁場に勝つためにも、早めの決意を固めてください。
この差は、宅建直前期そして試験当日に生きてくるのです。

宅建試験当日にあなたのベストを出せないと、
同じ繰り返しになります。

絶対に合格する側に抜け出すのです。

そのためには今ですよ。
来年ではないですよ。

絶対に今です。

あなたが、平成29年10月15日にぶっちぎりのリベンジができますように!

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク