宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)「あてる予想模試宅建」新刊発売中!
  私も執筆しました。
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52291642.html

ついに来週月曜日より7月になります。
そして、7月1日月曜日・・・といえば・・・
令和元年度宅建試験の申し込み用紙の配布と同時に、ネットでは受付の開始となります。

注意事項等は後日アップしますが、何はさておき早め早めの対応です。

土壇場で引きずると手違いなどがあった場合、対応できなくなります。

また大都市圏などの複数の試験会場があるところでは、早くしないと希望する試験会場で受験できなくなります。

会場は間違いなく自宅から一番近いところがベストです。

試験当日万が一、電車など遅れてもリカバリーしやすくなります。
またバスなどで行かなくてはいけない会場の場合、交通渋滞も考えられます。

とにかく希望する会場にするためにも、早めの応募ですよ。
できれば来週早々に手続きを済ませてしまいましょうね。

そしてすっきりした気持ちで、後は学習にまい進していきましょう。

何度もいうようですが、7月・8月の学習が大事になります。
実力をあげられるチャンスです。

挽回するチャンスです。

是非、7月・8月の学習をあなたのものにしてしまいましょう。
自分が7月と8月の学習を仕切る。

その意気込みで計画し取り組んでいきましょう。

あなたにならできます。
同じ学習仲間の心の友がいます。

合格した先輩諸氏もみています。
自信をもって、学習に取り組みましょう。
そのためにも、手続きは早めにすましましょう。

郵送でされる申し込みされる方は、
申し込み用紙を早めにもらいにいきましょう。

写真撮影は注意してください。

写真の大きさ、顔の大きさに規制があります。
用紙に張り付ける前に、定規で長さを確認しておきましょう。

折角送ったのに再提出で戻ってくると、余計な手間と費用がかかります。

確認さえすれば、未然防止できます。
最終送付の段階でもう一度チェック、そうすれば完璧です。

内容を確認したうえで、翌日以降準備して対応するのでもいいですね。
できるだけ早めにすっきりとさせましょうね。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建平日学習への休日学習からのバトン
それでは、第2回目のスタートです。

気持ちを落ち着かせて、満足した状態で平日に橋渡ししていく。
大事なことですね。

日曜の夜を不安一杯で過ごして、平日に突入していけば、その週の平日学習に悪影響を及ぼします。

下手をすると、ほとんど学習する気力がでず、学習をしないことになるかもしれません。

そうなると目もあてられないですよね。

日曜日の夜はいい気分の状態で過ごし、できるだけ不安を感じることなく、平日の学習に突入していく。

この状態にもっていく必要があります。
そういう意味でも、日曜日の夜は大事だと思います。

日曜日の夜を夜更かしをして過ごす。
これは絶対に避けるべきことです。

学習のけじめをつけるために最後の最後まで頑張る。

この精神は大事です。

ですが、今の時期、根を詰める必要はありません。

ゴール直前に息切れするのを絶対に避けなくてはいけないので、日曜日の夜は、特に理由のない限り軽めに仕上げるのがポイントだと思います。

・重要事項だけをやる。
・重要事項を整理する。

こういうやり方もありです。
日曜日の朝や昼間もしくは夕方に学習をしているのであれば、日曜日の夜に無理に学習時間をもってくる必要はありません。

穏やかな気分に本日の夜を過ごし、明日の月曜日につないでいきましょう。

再来週から、宅建申込開始です。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


令和元年宅建6ヶ月学習サポートの7回目です。

来週末から7月になりますね。
さあ、元気よくいきましょう。

今回は、6ヶ月学習の優位性を貫くです。
6ヶ月学習サポートコーナーは、宅建試験直前期まで継続していきます。

早くから頑張っているあなたには、是非、格の栄冠を勝ち得てほしい。

その願いからです。

今後、6ヶ月学習でのあなたはアウトプット中心の学習になります。
(既に、なっている方もいると思います)

四の五の余計なことは考えずに過去問回転をこなしていけば、確実に実力はついていきます。
(きっちりと全問全肢を解答がわかっても読みこんでください)

その実力は、今後の公開模試で立証されることと思います。

合格への強い思いをもって、今は機械的に過去問をこなしてください。

考えると立ち止まってしまいます。

立ち止まることは、今のあなたには時間ロス以外の何物でもありません。
時間が限られた中ので学習ですから、学習するときは絶対に余計なことは考えないで下さい。

6ヶ月学習されている方は、明らかに依然としてリードしている状況です。

このリードを最後まで保ってください。

今の努力はきっと活きてきます。
合格される方は人に見えないところで努力されています。

学習時間がないと嘆くよりも、その嘆く時間を学習に割り当ててください。
それだけでも1歩2歩前進です。

7月に入ると3ヶ月学習の方もスタートします。
6ヶ月学習をされているあなたにとっては、3ヶ月学習の内容を気にする必要は全くありません。

一つだけいえることは、6ヶ月学習より3ヶ月学習の方が間違いなくハードです。

だからといって、余裕な気持ちにならないでくださいね。

3ヶ月学習される方は短期集中されます。

短期集中の爆発力は馬鹿にできません。

私自身も経験したことですからよくわかります。

油断を絶対にしては駄目ですよ。

宅建試験直前の1週間前に、後ろを振り向いたら3ヶ月学習の人がずらりならんでいた。
それを知った瞬間、あせったとしたら・・・・・・結果はおのずと見えてきてしまいます。

決して後ろを振り返らず、自分の計画したペースでしっかりと進んでいってください。
ただし、計画の修正は必要に応じて適時実行してください。

頑固にこだわるより柔軟性のある方がいい結果につながりやすいと感じます。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ