宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1) 最新ニュース
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

2) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

 ●ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』(無料)
  いろんなチャレンジを応援します。
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296419.html

 ●宅建学び塾『ウィナー』(無料)
  宅建受験生必須のメルマガです。ブログと合わせて購読で効果発揮!
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296418.html

今回は、宅建資格・宅建試験についてあらためて再認識したいと思います。

宅建初受験される方にとって、
当然の如く、自分が受験する資格について知っておくことは大事なことです。

Q.宅地建物取引士とは、どんな資格ですか?

《A》宅地建物取引士(略称宅建取引士)とは、宅地建物取引士証の交付を受けた者のことで、宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結するに際して、契約が成立するまでの間に、重要事項等の説明等を行う国家資格になります。

   昭和33年に、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として創設された資格です。

   宅地建物取引業者は、事務所ごとに、省令で定める数の成年者である専任の取引士を置かなければならないとしています。
   (宅地建物取引業法第15条第1項)
   原則として、「事務所」等に関しては業務に従事する者5人に1人の割合で取引士が必要です。

   平成27年4月1日に、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に名称変更になりました。

Q.宅地建物取引士しかできない業務はありますか?

《A》専任業務があります。
   宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結する際に、
   ―斗彁項の説明をする
   ⊇斗彁項説明書に記名・捺印する
   7戚鷭颪悗竜名・捺印する。

Q.宅地建物取引士へなる道のりは?

《A》令和元年年であれば、10月19日(日)に実施された試験で合格すること。(発表日は、12月4日でした。)
   2020年であれば、まだ予定の段階ですが10月18日(日)に試験実施、合格発表は12月3日になります。
   (正式な告示は、6月になります。)


   実務経験が必要な期間ない方は、実務講習(通信・スクーリング)を受けて修了試験に合格する必要があります。
   その後、資格登録申請⇒宅地建物取引士証交付申請へと進みます。
   早い方ですと、1月中に宅建士証を手にされた方もいらっしゃいます。

詳細は、電子書籍
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント 』を読んでください。



いろんな角度から宅建に関することをQ&A方式にて説明しています。

一通り読むだけでも、あなたが挑戦する相手(宅建試験)をよく知ることができます。
受験前〜合格発表にいたるまでの一貫した流れが、宅建テキストの巻頭での説明文や通信講座などのガイドブックでの説明よりも、より受験生に近い立場での内容が把握できると思います。

この知識を知るだけでも、何も知らない方より間違いなく大いに有利ですよ。

宅建、宅建試験を知った上で今後のスケージュール、展開方法を立てることは、より実戦的なものに必然的になっていきますし、学習途上でのモチベーション維持の意識面、気持ちの面においても重要なことになります。

相手を知ること。

実行してくださいね。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


以前書いたカテゴリーがあります。


宅建関連だけではなく宅建から派生させたもの・・・
自由に発想を広げたもの・・・
あなたの今後の展開の参考として、徒然なるままにして連載していました。

発想の展開は無限ですから、いろんな方向に自由に伸ばすことができます。

発想を固定化させると、自由度がなくなり考え方も固執し、新しい行動ができなくなります。

2020年宅建受験にも大いに参考になりますので、是非参考にしてください。
宅建合格者の方にも今後の参考になると思います。

その「イッチャン式徒然なるままに」の中から初回のものを転載します。

・・・転載(ここから)・・・

独身であれば、自由に使える時間は、仕事の時間を除いてもそれなりに確保されると思います。

しかし、妻帯者となり、子供を持つ親としては、それなりに制約をうけてきます。

資格学習する上においても、自分が自由に使える時間の中から確保していくことになります。

例えば、私がブログの記事を自宅で書くときがあります。
夜であれば子供は寝ていますが、嫁さんは起きています。

ある程度、構想がまとまっているものなら、淡々と入力していくだけなので、嫁さんとの会話をしながらでもできますが、考えながらの記事であればそうはいきません。

時には、生返事をすることになります。
そうすると、嫁さんからは、人の話を聞いていないと・・・
不平不満を言われて訳です。

そうなると、気持ちのこもった記事は書きにくくなりますので、一旦パソコンは閉じるということになります。

書斎にとじこもってというのであれば(書斎があるわけではないですが)理想ですが、そうすると、家族とのコミュニケーションはとりにくくなりますので、あまりいいことだとは思いません。

はて、私の自由空間は?

よく言われるトイレ?

トイレに閉じこもることはしません。

一番は、電車の中。

周りの人に気をつかいながらにはなりますが、集中しやすい場所ですね。

私がメインで利用している小田急は、比較的静かです。

帰りの電車では、本を読みにくい場面が多々ありますが、構想を練ることには影響を受けません。

第二は、早朝の会社です。
流石に誰もきていない環境は、思考をめぐらすにはうってつけです。

今の時期であれば、暖房を入れることから始めますが温まってくると同時に思考力、想像力も絶好調になります。

第三は、出張での移動中の新幹線の中。
大阪には最低1ヶ月には1回行きますので、往復で考えるとそれなりの時間を確保できます。

それに出張中のホテル。
付き合いのアルコールをほどほどにすませば、時間を確保できます。

こういう時間をつかって、記事をまとめ書きすることが多いです。

毎日規則正しく1記事作成は、現状の仕事を考えれば難しいですね。
それ故の対応です。

自由空間の確保は、自分を見つめなおすいい機会にもなります。

これからの自分。

そういう中から、今年の私はリアルの世界に飛び出す。
そういう考えで臨んでいます。

今の混沌とした時代だからこそ、
リアルでのつきあいは大事だと考えています。

ネット ⇒ リアルへ
リアル ⇒ ネットへ

この循環がうまくいけば、また新しい人間関係や交流が生まれてくる気がします。

遠方の方とはなかなかリアルで会うことが難しいかもしれませんが、機会創出だけは積極的に行っていきたいと思います。

全都道府県に行った経験がある私ですから・・・

夢は、セミナー・懇親会での全都道府県制覇。

・・・転載(ここまで)・・・

2012年2月12日に書かれた記事になります。
その時の思いがよくあらわれていますね。

昨年までは、セミナー・懇親会はストップした状態になっていますが、今年は復活していきます。
インスタやフェイスブックなど他の媒体ともあわせて実施できればと今も考えています。

また、今の私の取組みを読むにはこちらが一番。

●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
毎週金曜日配信(まぐまぐより)月額550円 
初月無料です。



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


この宅建ブログを見られている方にはいろんな方がいらっしゃいます。
宅建受験目的の中に、不動産の大家さんや不動産投資の方もいると思います。

そこで、便利なサイトを紹介したいと思います。

不動産売却をしたいユーザーと不動産会社をマッチングさせる一括査定サービスです。
私も縁あって知人の物件の処分を調整したことがあるのですが、優良物件ならすぐに買い手がみつかり苦労しませんが、それが一部難ありの物件だと処分にくろうします。

そんな時に、マッチング一括サイトを活用すると便利だなと思いました。

一般的な所有権の不動産に限らず、借地権、底地、再建築不可、事故物件、任意売却、空き家、共有持分、立退き物件など【お困り不動産】といわれるものも対象にしているようです。

また、このサイトの不動産会社の登録は、買取会社しか登録できない仕組みとなっているようです。
そのため、売却しづらい不動産でも即現金化が可能になっています。

これは凄いですね。
もし、私も困っていたときにこのしくみを知っていたら・・・
もっと早く対応できたのかもしれません。

一般的な不動産売買は、以下のようなことも中にはあるようです。

(一般的な不動産売買のデメリット)
1)仲介会社が買主を探して売却を行いますが、売り出し価格によっては売却先(買主)が決まるまで時間がかかる。
2)囲い込みといわれる仲介会社特有の情報を他社に回さない
 (仲介手数料を折半しなければならない為)

納得です。
こちらのマッチング一括査定サイトでは、不動産会社が直接買取を行う為、査定=買取金額となるようです。
不動産の一括査定サイトは多々ありますが、買取会社専門の一括査定サイトはここだけのようです。

●仲介会社に依頼したが権利関係が複雑で断られた
●【お困り不動産】が売れると思っていなかった
●即現金化したい
●【お困り不動産】をどこに売却相談したらいいのかわからない

不動産をもたれている方や知人で困られている方をご存じの方は、勧めてみてください。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ