宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

1ヶ月学習を始めるにあたり、次にすることは、
合格発表シーンをイメージし、
自分自身の脳裏に徹底的に焼き付けることです。


時は、12月5日に飛びます。

あなたは、携帯電話で、
不動産取引推進機構のホームページにアクセスし、
自分の受験番号を入力します。

判定結果は・・・

見事合格の判定が返ってきました。
喜ぶあなたを想像してください。

友達に電話するもよし、
家族に電話するもよし、
恋人に電話するもより、
見事合格です。

そして、自宅に帰ると、
念願の合格証書が届いています。

封筒を開けて、本物の合格証書を手にし、
改めて、合格の実感に浸ります。


というような感じで、
自分なりの合格発表のシーンをイメージしてください。

イメージを強く、鮮明に、具体的にすればするほど、
合格する意欲が生まれます。

そして、最後には、現実のものになります。

もちろん、途中の学習の中で、
合格発表のイメージングは、
毎朝、起きた時、
毎晩、ベッド(布団)の中に入った時、
実施してください。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しました、こちらもポチっとお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1ヶ月学習を始めるにあたり、まずは、一番最初にすることがあります。

1ヶ月間、宅建学習に邁進していくわけですから、
一番重要なことは、
1ヶ月間学習をする意思があるか?
宅建試験に合格する強い意思があるか?
です。

まず、何故、宅建試験に合格をしたいのかを考えてください。

ただ、何となく・・
⇒残念ながら、無理だと思います。

資格の第一歩として、宅建をとりたい。
⇒気持ちをどんどん高めて、より具体的にしてください。

不動産業界に転職するため、何が何でもとりたい。
⇒具体的に転職したい会社をイメージしてください。
 そこで、働く自分をイメージしてください。

できれば、できるほど、具体的なイメージを抱いてください。

具体的であれば、あるほど、強い意志へと変わっていきます。

強い気持ちへと変わっていきます。

具体的にならないということは、
それだけ、意思が不足しています。

より、具体的に、宅建試験に合格するための自分をイメージして
いってください。

1ヶ月間は、短いようで、結構長いです。
特に、学習が嫌いな方、
今まで、学習を集中してできなかった方には、
長く感じると思います。

そうなると、強い意志がないと、
途中で挫折してしまいます。

途中で、スローダウンします。

せっかくの、
それまでの頑張りが無駄になります。

1ヶ月学習にあたり、
まずは、強い意志をもってください。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しました、こちらもポチっとお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

《解答》

土地
1.高含水性の粘性土等が堆積している(A→軟弱地盤)は、盛
  土や建物の荷重によって大きな沈下を生じたり、側方に滑動
  したりすることがあるので、開発事業にあたっては、十分注
  意しなければならない。

2.山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地に
  なった地盤を(B→扇状地)という。
 
3.地震により地盤が揺れ液体状になる現象を(C→液状化現象)
  という。
  海岸や川のそばの比較的地盤がゆるく、地下水位が高い砂地
  盤などでおこりやすいとされている。

4.(D→盛土)をする場合には、地表水の浸透により、地盤に
  ゆるみ沈下または崩壊が生じないように締め固める必要があ
  る。

5.等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れている場合は、
  (E→崩壊)が発生した地形である可能性が高い。

↑このページのトップヘ