宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●3ヶ月学習に必須の学習指南書です。
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:
     3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
  ↓     ↓
 http://goo.gl/FqcjKg

●夏の学習を書き抜くために・・
 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

宅建試験☆学習は独学か、講座利用か?

宅建試験学習をするうえにおいて、
独学で行くべきか、各専門学校の講座を利用するべきか?

私個人としては、独学派です。

ただ、完全な独学ではなく、日々の学習は、市販の参考書、
過去問集を使い、公開模試と直前ゼミを利用する方法です。

しかし、冷静に考えてみると、
講座利用も、場合によってはありかなとも感じます。

一括パックでやれば、結局は、後で考えると料金的にも、
結果的にはお得になる可能性があります。
また、通学コースをとれば、同じ学習仲間もできるでしょうし、
試験学習にありがちな孤独感に陥る事はないような気がします。

もちろん、独学の方にとって、当サイトが、
多少でも孤独感を和らげる効果があれば幸いですが・・・

費用についても、教育訓練給付制度を利用すれば、
割安になります。

昔であれば、給付率最大80%だったので、
その効果は絶大でした。
現状では、残念ながら給付率最大40%、
支給上限額20万円となっています。

それでも、仮に、10万の講座料金でも、
最終的には、6万円で納まるので、
お得であることには変わりません。

独学で行くか?、講座利用するか?、
はたまた、併用で行くか?・・・・・・
結論としては、一番自分に合う勉強法を選択すべきだと思います。


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


宅建試験☆5問免除について

宅地建物取引業者の従業員を対象に、
指定の登録講習を受講して、修了試験に合格すれば、
合格した日から3年以内に実施される宅建試験において、
試験の一部(5問)が免除されます。

平成16年までは、指定講習という制度で実施されていましたが、
宅建業に関して3年以上の実務経験を有する者という要件が
あったため、指定講習制度を利用した受験者は限られていました。

しかし、平成17年以降、登録講習に改められ、
宅建業に従事している方なら、実務経験に関係なく、
受講できるようになったことと、
講習実施が民間にも開放されたため、
登録講習の利用者が飛躍的に延びました。

平成16年 指定講習を受けての合格者   904人
平成17年 登録講習を受けての合格者 5,549人

平成16年 指定講習を受けての合格率  22.9%
平成17年 登録講習を受けての合格率  29.0%

29%は正直、脅威の数字です。

登録講習を受けての合格者を除く、
実質の一般受験者の平成17年の合格率は、
15.9%なので、13.1%の開きがあります。

5点免除者が優位だと一般に言われる所以です。

もし、あなたがこの条件に該当するなら、
正直、使わない手はないと思います。

民間では、LECさんや日建学院さん、TACさん等で実施されています。

講習内容は、通信講習(2ヶ月間)、スクーリング(2日間)。
通信講習での60問の演習問題、
スクーリング後の20問の修了試験。l
7割以上の正解で登録講習修了となります。

費用は、LEC  →25,000円
    日建学院 →31,500円
      TAC →30,000円

【LEC】
○第2次登録講習
 ・募集期間 平成19年2月16日迄
 ・通信期間 2月25日〜4月24日迄
 ・スクーリング  4月25日〜5月19日迄
○第3次登録講習
 ・募集期間 平成19年4月6日迄
 ・通信機関 4月13日〜6月8日迄
 ・スクーリング  6月9日〜6月30日迄
  *第1次募集期間は終了しています。
   詳細はこちら→LEC登録講習

【日建学院】
 ・スクーリング  3月14日、3月21日
  *募集期間、通信機関は不明
   詳細はこちら→日建学院登録講習

【TAC】
 ○A日程
 ・募集期間 平成19年2月12日迄
 ・スクーリング 新宿校での例 5月19日、16日
○B日程
 ・募集期間 平成19年3月12日迄
 ・スクーリング 新宿校での例 5月19日、20日
○C日程
 ・募集期間 平成19年4月9日迄
 ・スクーリング 新宿校での例 6月13日、20日
   詳細はこちら→TAC登録講習

人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


宅建試験☆5問免除について

宅地建物取引業者の従業員を対象に、
指定の登録講習を受講して、修了試験に合格すれば、
合格した日から3年以内に実施される宅建試験において、
試験の一部(5問)が免除されます。

平成16年までは、指定講習という制度で実施されていましたが、
宅建業に関して3年以上の実務経験を有する者という要件が
あったため、指定講習制度を利用した受験者は限られていました。

しかし、平成17年以降、登録講習に改められ、
宅建業に従事している方なら、実務経験に関係なく、
受講できるようになったことと、
講習実施が民間にも開放されたため、
登録講習の利用者が飛躍的に延びました。

平成16年 指定講習を受けての合格者   904人
平成17年 登録講習を受けての合格者 5,549人

平成16年 指定講習を受けての合格率  22.9%
平成17年 登録講習を受けての合格率  29.0%

29%は正直、脅威の数字です。

登録講習を受けての合格者を除く、
実質の一般受験者の平成17年の合格率は、
15.9%なので、13.1%の開きがあります。

5点免除者が優位だと一般に言われる所以です。

もし、あなたがこの条件に該当するなら、
正直、使わない手はないと思います。

民間では、LECさんや日建学院さん、TACさん等で実施されています。

講習内容は、通信講習(2ヶ月間)、スクーリング(2日間)。
通信講習での60問の演習問題、
スクーリング後の20問の修了試験。l
7割以上の正解で登録講習修了となります。

費用は、LEC  →25,000円
    日建学院 →31,500円
      TAC →30,000円

【LEC】
○第2次登録講習
 ・募集期間 平成19年2月16日迄
 ・通信期間 2月25日〜4月24日迄
 ・スクーリング  4月25日〜5月19日迄
○第3次登録講習
 ・募集期間 平成19年4月6日迄
 ・通信機関 4月13日〜6月8日迄
 ・スクーリング  6月9日〜6月30日迄
  *第1次募集期間は終了しています。
   詳細はこちら→LEC登録講習

【日建学院】
 ・スクーリング  3月14日、3月21日
  *募集期間、通信機関は不明
   詳細はこちら→日建学院登録講習

【TAC】
 ○A日程
 ・募集期間 平成19年2月12日迄
 ・スクーリング 新宿校での例 5月19日、16日
○B日程
 ・募集期間 平成19年3月12日迄
 ・スクーリング 新宿校での例 5月19日、20日
○C日程
 ・募集期間 平成19年4月9日迄
 ・スクーリング 新宿校での例 6月13日、20日
   詳細はこちら→TAC登録講習

人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


Categories
Amazonライブリンク