宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●3ヶ月学習に必須の学習指南書です。
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:
     3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
  ↓     ↓
 http://goo.gl/FqcjKg

●夏の学習を書き抜くために・・
 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

宅建試験☆1点の重みについて

宅建試験について、1点の重みを十分に認識する事が重要です。

仮に受験した年の合格基準点が33点の場合、
45点でも、40点でも、37点でも、33点でも合格です。
しかし、32点では不合格になります。

例年、合格基準点の前後の点数には、沢山の方が該当します。
合格基準点は、合格日まではわかりませんので、
当然、自己採点35点未満の方は大変な不安と戦うことになります。
平成18年の場合は、自己採点35点の方も、
かなり不安な思いをされました。

もちろん、マークシートの間違いがなかったか?等の不安要素を
考え出すと、36点、37点でも実際には不安なものになります。
(この手の不安要素を考え出すときりがありません。
 この不安をかき消すためには受験テクニックが必要ですが)

続きを読む

宅建試験☆1点の重みについて

宅建試験について、1点の重みを十分に認識する事が重要です。

仮に受験した年の合格基準点が33点の場合、
45点でも、40点でも、37点でも、33点でも合格です。
しかし、32点では不合格になります。

例年、合格基準点の前後の点数には、沢山の方が該当します。
合格基準点は、合格日まではわかりませんので、
当然、自己採点35点未満の方は大変な不安と戦うことになります。
平成18年の場合は、自己採点35点の方も、
かなり不安な思いをされました。

もちろん、マークシートの間違いがなかったか?等の不安要素を
考え出すと、36点、37点でも実際には不安なものになります。
(この手の不安要素を考え出すときりがありません。
 この不安をかき消すためには受験テクニックが必要ですが)

続きを読む

宅建試験☆心の気構えについて

宅建試験とは、宅地建物取引主任者になるための国家試験となります。

平成18年宅建試験は、昨年の10月15日に実施されました。
合格基準点→34点
受験者数→193,573人
合格者数→ 33,191人
合格率→17.1%

10人中約2人しか合格できない試験になります。

過去3年間までさかのぼると、
・平成16年 合格基準点→32点、合格率→15.9%
・平成17年 合格基準点→33点、合格率→17.3%

合格基準点や合格率は、受験生の各年の成績により、
変動します。


Categories
Amazonライブリンク