宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

第6回目は、学習の続きです。

【Q23】通学先は、どこがお勧めですか?
《A23》通学先は、あなたの住む場所によって違ってきます。
     某校が良いと思っても、通うのに1時間以上かかるのであれば、
     長続きしないと思います。
     まずは、資料取り寄せから始めて、興味をひいた学校の公開説明会に
     参加してみることをおすすめします。
     公開説明会は無料なので、自分に合わないと思えば、別に申し込む必
          要はありません。
     当サイトのカテゴリー「各専門学校の講座紹介」を参照してください。

<私の経験>
私も最初は、通学を考えて、LECさんの公開説明会に参加しました。
最終的には、独学を選びましたが、本屋さん等におかれている無料の資料で
は、わからない面があります。
実際、肌で目的の学校の雰囲気を感じるべきです。


【Q24】独学の場合のお勧めのテキストは何ですか?
《A24》テキスト選択は、結構重要です。
     書店に行けば、沢山の宅建関連のテキストがあり、目移りしてしまい
          ます。
     アマゾン等での一番の売れ筋は、「宅建塾」です。
     私が実際に使用したのは、「出る順」になります。
     当サイトのカテゴリー「お勧め市販テキスト(本)」を参照ください。

【Q25】テキストと問題集は同じ系列のものがいいですか?
《A25》テキストと問題集は、同じ系列で学習した方がわかりやすいです。
     「宅建塾」なら「宅建塾」のシリーズで。
     「出る順」なら「出る順」のシリーズで。
     信じて買ったテキスト・問題集を最後まで、何度も何度も使い倒すべ
     きです。
     学習途上、追加で同種のテキスト・問題集を買い揃えるのは、
     あまり関心しません。
     
<私の経験>
私が、「出る順」を選択した理由は、メルマガの「合格体験記」の方に書いてい
るので、参照してください。
実は、私自身は、追加でテキストを購入しました。
但し、同種のものでなく、「出る順解法マスター」というものです。
その時点での弱点を補えたということでは、役にたちましたが、
最初に購入した「出る順過去問集」ほどは、何回も繰り返せませんでした。
くれぐれも追加のテキスト購入は、その時点での自分の状況と、
試験までの残り期間を考慮して検討してください。
要は、切り札的に使用できれば、逆に、貴重な1点を拾えることもあります。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


第6回目は、学習の続きです。

【Q23】通学先は、どこがお勧めですか?
《A23》通学先は、あなたの住む場所によって違ってきます。
     某校が良いと思っても、通うのに1時間以上かかるのであれば、
     長続きしないと思います。
     まずは、資料取り寄せから始めて、興味をひいた学校の公開説明会に
     参加してみることをおすすめします。
     公開説明会は無料なので、自分に合わないと思えば、別に申し込む必
          要はありません。
     当サイトのカテゴリー「各専門学校の講座紹介」を参照してください。

<私の経験>
私も最初は、通学を考えて、LECさんの公開説明会に参加しました。
最終的には、独学を選びましたが、本屋さん等におかれている無料の資料で
は、わからない面があります。
実際、肌で目的の学校の雰囲気を感じるべきです。


【Q24】独学の場合のお勧めのテキストは何ですか?
《A24》テキスト選択は、結構重要です。
     書店に行けば、沢山の宅建関連のテキストがあり、目移りしてしまい
          ます。
     アマゾン等での一番の売れ筋は、「宅建塾」です。
     私が実際に使用したのは、「出る順」になります。
     当サイトのカテゴリー「お勧め市販テキスト(本)」を参照ください。

【Q25】テキストと問題集は同じ系列のものがいいですか?
《A25》テキストと問題集は、同じ系列で学習した方がわかりやすいです。
     「宅建塾」なら「宅建塾」のシリーズで。
     「出る順」なら「出る順」のシリーズで。
     信じて買ったテキスト・問題集を最後まで、何度も何度も使い倒すべ
     きです。
     学習途上、追加で同種のテキスト・問題集を買い揃えるのは、
     あまり関心しません。
     
<私の経験>
私が、「出る順」を選択した理由は、メルマガの「合格体験記」の方に書いてい
るので、参照してください。
実は、私自身は、追加でテキストを購入しました。
但し、同種のものでなく、「出る順解法マスター」というものです。
その時点での弱点を補えたということでは、役にたちましたが、
最初に購入した「出る順過去問集」ほどは、何回も繰り返せませんでした。
くれぐれも追加のテキスト購入は、その時点での自分の状況と、
試験までの残り期間を考慮して検討してください。
要は、切り札的に使用できれば、逆に、貴重な1点を拾えることもあります。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


第5回目は、学習についてです。

【Q21】学習は通学と独学はどちらがベストですか?
《A21》通学にすべきか、独学にすべきかは、あなた自身を取り巻く学習環境
     によります。
     費用面で考えれば独学が安くすみますし、基本を確実に身につけるな
     ら通学の方が有利です。
     通学の場合は、毎週、通えるかの問題がありますし、独学の場合は、
     自分のペースで自由に学習できます。
     最終的には、自分で判断するしかありません。
     どちらを選択するにしても、仮に、独学と決めたら、最後まで独学に
     こだわっていくべきです。
     いざ独学と決めたのに、途中で、やっぱり、通学しようかと迷ってい
     ると、試験までの期間がどんどんなくなります。
     もちろん、メインは独学で、単発講座や直前ゼミ・公開模試での専門
     学校の活用は、大変有効なので、くれぐれも独学の意味を履き違えな
     いないようにしてください。

【Q22】独学の場合、学習時間はどのくらい必要ですか?
《A22》一般的には、300時間前後と言われているケースが多いと思います。
     しかし、学習時間には個人差があります。
     集中して、学習時間が取れる人もいれば、細切れの時間しかとれない
     人もいます。
     自宅の自室で学習できる人もいれば、電車でしか学習できない人もい
     ます。
     学習スタイルは、千差万別です。
     自分の学習スタイルを決めれば、自ずと概略的な必要時間はわかりま
     す。
     今の時期からのスタートは、学習時間に余裕を持たせてください。
     300時間と決めてスタートしたのに、全然、予想に反して、足りな
     となると、後で、大いにあわてることになります。

<私の経験>
私は、独学を最終的には選択しました。
実は、最初は、通学を検討しました。
しかし、費用面と通うことは無理と判断し、独学にしました。
ただ、直前ゼミと公開模試は、LECさんを活用しました。
公開模試を受けたことは、大きな経験と自信につながりました。
(模試の成績は、不安定そのものでしたが・・・)

人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


↑このページのトップヘ