宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ購読者募集中です。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52283422.html

宅建試験学習用の市販テキスト(本)の個性的なテキストの紹介、
つづきです。

平成19年6月11日(月)22時現在のランキングを見てみました。

ジャンルを「和書」で「宅建試験 2007」で検索しました。

ベスト21〜30位です。

【第21位】
 ・超ごくらくパソコン宅建塾 2007年版[CD-ROM] (2007)
【第22位】
 ・右脳で攻略!宅建公式集
【第23位】
 ・なにがなんでも合格宅建 2007年度版 下(2007)
【第24位】
 ・最新宅建六法 平成19年版 (2007) 
【第25位】
 ・なにがなんでも合格宅建太郎の本 2007 (2007) 
【第26位】
 ・なにがなんでも合格宅建過去問 2007年度版 (2007) 
【第27位】
 ・出る順宅建直前大予想模試 2007年版 (2007) 
【第28位】
 ・なにがなんでも合格宅建直前ズバリ予想問題集 2007(2007)  
【第29位】
 ・得点力がスラスラアップ宅建予想問題徹底演習 平成19年版
【第30位】
 ・2007年改訂版 2倍速で丸暗記 聴きながら覚える宅建

ここでも、耳での学習が2冊でてきています。

右脳で攻略!宅建公式集は、まさに現代向けの学習です。
右脳記憶は瞬間的に記憶を呼び戻すので、
スピード勝負の宅建学習には向いていると思います。

宅建太郎さん関連が沢山登場しています。
こちらも、使いやすいテキストだと思います。

宅建六法は、時間のある方は、読んだ方がいいと思いますが、
絶対読む必要はないと思います。
私自身も、宅建六法は使いませんでした。

予想問題関連も2冊です。
予想問題も特に、無理してやる必要はないと思います。

とかく、過去問を一通り学習すると、
予想問題に手を出したいところです。

初心者は、やめましょう。

リベンジ組や、長期学習の方だけにしましょう。

宅建は、過去問の繰り返しが重要です。

1回、3回、5回、10回、30回、50回・・・・100回。

これだけ、繰り返せれば、間違いなく99%以上合格です。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


宅建試験学習用の市販テキスト(本)の個性的なテキストの紹介、
つづきです。

平成19年6月11日(月)22時現在のランキングを見てみました。

ジャンルを「和書」で「宅建試験 2007」で検索しました。

ベスト21〜30位です。

【第21位】
 ・超ごくらくパソコン宅建塾 2007年版[CD-ROM] (2007)
【第22位】
 ・右脳で攻略!宅建公式集
【第23位】
 ・なにがなんでも合格宅建 2007年度版 下(2007)
【第24位】
 ・最新宅建六法 平成19年版 (2007) 
【第25位】
 ・なにがなんでも合格宅建太郎の本 2007 (2007) 
【第26位】
 ・なにがなんでも合格宅建過去問 2007年度版 (2007) 
【第27位】
 ・出る順宅建直前大予想模試 2007年版 (2007) 
【第28位】
 ・なにがなんでも合格宅建直前ズバリ予想問題集 2007(2007)  
【第29位】
 ・得点力がスラスラアップ宅建予想問題徹底演習 平成19年版
【第30位】
 ・2007年改訂版 2倍速で丸暗記 聴きながら覚える宅建

ここでも、耳での学習が2冊でてきています。

右脳で攻略!宅建公式集は、まさに現代向けの学習です。
右脳記憶は瞬間的に記憶を呼び戻すので、
スピード勝負の宅建学習には向いていると思います。

宅建太郎さん関連が沢山登場しています。
こちらも、使いやすいテキストだと思います。

宅建六法は、時間のある方は、読んだ方がいいと思いますが、
絶対読む必要はないと思います。
私自身も、宅建六法は使いませんでした。

予想問題関連も2冊です。
予想問題も特に、無理してやる必要はないと思います。

とかく、過去問を一通り学習すると、
予想問題に手を出したいところです。

初心者は、やめましょう。

リベンジ組や、長期学習の方だけにしましょう。

宅建は、過去問の繰り返しが重要です。

1回、3回、5回、10回、30回、50回・・・・100回。

これだけ、繰り返せれば、間違いなく99%以上合格です。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


《解答》


【問17】国土利用計画法第23条の届出に関する記述です。
・事後届出が必要な土地売買等の契約を締結したにもかかわらず、所定の
 期間内にこの届出をしなかった者は、6月以下の懲役又は
 (A⇒100万以下)の罰金に処せられる。


【問18】都市計画法に関する記述です。

・特別用途地区は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさ
 わしい土地利用の増進、環境の保護等の(B⇒特別の目的)の実現を図る
 ため、当該用途地域の指定を補完して定める地区である。


【問19】都市計画法による開発許可を受けなければならない開発行為です。
     なお、開発行為の規模は、1,000屬任△襪發里箸垢襦

・市街化区域内において、農業を営む者の(C⇒居住)の用に供する建築物の
 建築の用に供する目的で行う開発行為。


【問20】都市計画法に関する記述です。

・開発許可を受けようとする者が都道府県知事に提出する申請書には、開発
 区域内において予定される建築物の(D⇒用途)を記載しなければならない。


【問21】建築基準法に関する記述です。

・建築基準法第42条第2項の規定により道路とみなされた道は、実際は幅
 員が4m未満であるが、建築物が当該道路に接道している場合には、建築
 基準法第52条第2項の規定による前面道路の幅員による(E⇒容積率
 の制限を受ける。
 

↑このページのトップヘ