宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

合格発表まで、後15日です。

気分をやすらげる方法としては、音楽も有効です。

音楽を嫌いと言う人は、まず、いないと思います。

女子マラソンの高橋尚子さんが、
ヒトミさんの「LOVE2000」を聞いて、
元気を出して厳しい練習を乗り越え、
シドニーオリンピックで見事優勝したことは、
あまりにも有名な話です。

元気の出る歌としては、人によって、
いろいろあると思いますが、
私にとって元気のでる歌としては、

負けないで」 ZARD
夢をあきらめないで」 岡村孝子
名もなき詩」 ミスターチルドレン
空も飛べるはず」 スピッツ
桜坂」 福山雅治
TSUNAMI」 サザンオールスターズ
川の流れのように」 美空ひばり
君がいるだけで」 米米クラブ
もう恋なんてしない」 槇原敬之
世界にひとつだけの花」 スマップ

心が暗くなった時、好きな音楽を聴いて、
乗り切りましょう!!


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


合格発表まで、後15日です。

気分をやすらげる方法としては、音楽も有効です。

音楽を嫌いと言う人は、まず、いないと思います。

女子マラソンの高橋尚子さんが、
ヒトミさんの「LOVE2000」を聞いて、
元気を出して厳しい練習を乗り越え、
シドニーオリンピックで見事優勝したことは、
あまりにも有名な話です。

元気の出る歌としては、人によって、
いろいろあると思いますが、
私にとって元気のでる歌としては、

負けないで」 ZARD
夢をあきらめないで」 岡村孝子
名もなき詩」 ミスターチルドレン
空も飛べるはず」 スピッツ
桜坂」 福山雅治
TSUNAMI」 サザンオールスターズ
川の流れのように」 美空ひばり
君がいるだけで」 米米クラブ
もう恋なんてしない」 槇原敬之
世界にひとつだけの花」 スマップ

心が暗くなった時、好きな音楽を聴いて、
乗り切りましょう!!


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


合格発表までの悶々とした気分を迎える方法として、
本を読むことをお勧めします。

基本的には、何の本でも構わないと思いますが、
前向きな気持ちになれる、元気の出る本がお勧めです。

私は、通勤電車の中で本を読むのが日課ですが、
今年、読んだ本の中ではなく、
昨年、再度読みかえした本をお勧めします。

その本に最初に出会ったのは、随分前になりますが、
昨年、ドラマ化され脚光を浴びました。

その本の名は、「1リットルの涙」です。

原作者である木藤亜也さんが、
中学3年生の時に、突然の不治の病にかかってしまいます。
脊髄小脳変性症という難病です。
その病気にひたむきに立ち向かっていく、
彼女の心の思いを綴っている内容です。

ただ、ただ、感動します。

生きることに対する、まっすぐな気持ちに心打たれます。

本のタイトルになっている「1リットルの涙」の意味は、
本を読めばわかります。

段々と病魔に体を蝕まれ、体が自分の気持ちとは裏腹に自由に動かない。
言葉もかたことになる。
言葉がかたことになれば、何も知らない人は、
かわいそうな目で見ます。
そんな彼女の心の動向を、素直にまっすぐに書かれています。

現在、彼女は他界されていますが、
この本によって、沢山の人に勇気や元気を与えていると思います。

あわせて、亜矢さんのお母さんが書かれた、
いのちのハードル−「1リットルの涙」母の手記もお勧めです。

こちらもあわせて読むと、亜矢さん本人とは別の側面から、
家族愛について、彼女を支えた母親の立場から、
書かれています。

大変重いテーマですが、
読む途中で、読んだ後で、涙が出る作品です。
そして、穏やかな気持ちになることと思います。

もちろん、私も、目頭が涙で一杯になったことは、
言うまでもありません。

是非、この「1リットルの涙」を読んで見て下さい。

きっと、私と同じように、感動し、
今の心のもやもやも忘れるはずです。
頑張ろうという気持ちを、心の底から湧き上がらさせてくれます。

1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 木藤 亜也

いのちのハードル−「1リットルの涙」母の手記


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


↑このページのトップヘ