宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建試験、合否投票受付中です。
 ご投票ください。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284820.html

●アンケート実施中です。
(受験動機、合格発表後にすること、目指す資格、合格発表をみる方法、使用テキスト)
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284432.html

●平成30年宅建合格体験記を募集します。
 ご協力お願いします。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284461.html

第13回目も、宅建試験受験後のつづきです。

【Q41】試験終了後から合格発表までどうすれば、いいですか?
《A41》合格発表までの過ごし方は、人によりまちまちです。
     各予備校が発表する合格推定点で、ある程度の合格点の幅ができる
     と思います。
     この時点で、余裕の方もいれば、合格点の前後の方もいると思います。
     合格点前後の方は、どうしても悩むことになります。
     当サイトや私が発行するメルマガが、心の支えになれれば、
     幸いです。

【Q42】試験でマークシートミスしたらどうなりますか?
《A42》残念ながら、どうしようもありません。
     自己採点で合格点なのに、合格しなかった人は、おそらく、
     マークシートミスだと思います。
     そうならないためにも、公開模試を受けることを勧めます。
     公開模試で予備練習をすれば、この手のミスは避けれます。
     また、試験直前期に、アドバイスします。

【Q43】マークシートで訂正をしましたが、ちゃんと消えてますか?
《A43》試験後に起こる不安の一つです。
     消しゴムは、プラスティック消しゴムの新品を用意していきましょう。
     使い古した消しゴムだと、消した時にマークシートを汚して、
     特に、この不安に襲われます。
     絶対大丈夫だとはいえないので、新品の消しゴムを必ず用意しまし
     ょう。1個といわず、2個は必要。

<私の経験>
試験終了後から合格発表までの約1ヶ月半をどう過ごすかは、本当に、難しい
ところです。
私自身は、大変に揺れた期間を過ごしました。
今、思えば、ドラマスティックに見えますが、その時は、本当に真っ暗闇でした。
私の合格体験は、カテゴリーの中にありますが、できれば、メルマガのコーナー
で連載中なので、毎週、楽しみに見てもらえれば、より一層、参考になると思い
ます。メルマガの方では、より詳しく、紹介していきますので・・・・
(宅建試験後の展開は、まだまだ、先の展開なので、しばらくお待ちください。)


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


第12回目も、宅建試験受験後のつづきです。

【Q39】各予備校の合格推定点は一緒ですか?
《A39》合格推定点は、各予備校によってまちまちです。
     ある年では、似通ったときもありますし、そうでない年も
     あります。
     ○○点前後、○○点±1点、○○〜○○点と各予備校によって、
     表記方法が違います。

【Q40】どこの予備校の合格推定点があたりますか?
《A40》統計をとっていないので、なんとも言えませんが、
     各予備校とも当てるために、合格推定点に幅をもたせているよ
     うです。
     各校とも、過去の統計等を駆使した必死の推定点出しだと思い
     ます。

<私の経験>
合格発表時に、不動産取引適正推進機構のホームページ上で、
解答が発表されますが、何と、49問目は、正解肢が2つになりました。
特に、49問目は、没問として論議を呼びましたが、適切な判断が下され
たと思います。
正解肢は通常、一つですが、2肢とも正解にした判断は正しかったと、今
でも思います。
ただ、この教訓をいかして、平成19年の問題においては、後で論議を呼
ぶ問題は作成してほしくないと思います。
このことによって、合否の影響を受けた方がいると思うので・・・


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


第12回目も、宅建試験受験後のつづきです。

【Q39】各予備校の合格推定点は一緒ですか?
《A39》合格推定点は、各予備校によってまちまちです。
     ある年では、似通ったときもありますし、そうでない年も
     あります。
     ○○点前後、○○点±1点、○○〜○○点と各予備校によって、
     表記方法が違います。

【Q40】どこの予備校の合格推定点があたりますか?
《A40》統計をとっていないので、なんとも言えませんが、
     各予備校とも当てるために、合格推定点に幅をもたせているよ
     うです。
     各校とも、過去の統計等を駆使した必死の推定点出しだと思い
     ます。

<私の経験>
合格発表時に、不動産取引適正推進機構のホームページ上で、
解答が発表されますが、何と、49問目は、正解肢が2つになりました。
特に、49問目は、没問として論議を呼びましたが、適切な判断が下され
たと思います。
正解肢は通常、一つですが、2肢とも正解にした判断は正しかったと、今
でも思います。
ただ、この教訓をいかして、平成19年の問題においては、後で論議を呼
ぶ問題は作成してほしくないと思います。
このことによって、合否の影響を受けた方がいると思うので・・・


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


↑このページのトップヘ