宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)宅建無料メルマガ募集中です。
 ※申込はこちらから
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52286532.html

《解答10》

保証債務・連帯保証
1.保証債務の性質を三つあげてください。
  ⇒(A→付従性)(B→随伴性)(C→補充性)

2.債権者が保証人に債務の履行を請求した場合、保証人は、
  まず、主たる債務者に催告するように主張できることは?
  ⇒(D→催告の抗弁権)。

3.債権者が保証人に債務の履行を請求した場合、保証人は、
  まず主たる債務者に弁済の資力があることを証明して、
  まず、主たる債務者の財産に対して、執行するよう主張
  することができることは?
  ⇒(E→検索の抗弁権)
  
4.保証人の条件は?
  ⇒(F→行為能力者)(G→弁済の資力がある)
  
5.連帯保証人は、(H→催告の抗弁権)と(I→検索の抗弁権)を有していない。
  
まんが民法テキストは、こちら

《解答8》

債務不履行
1.履行が可能であるにも関わらず、履行期がきても履行しない。l
  ⇒(A⇒履行遅滞)。

2.債権の成立後に、債権者の責めに帰すべき事由により、
  履行が不能になる。
  ⇒(B⇒履行不能)。

3.履行期内に履行はされたものの、それが不完全であった。
  ⇒(C⇒不完全履行)
  
4.不確定期限の場合の履行遅滞に陥る時期は?
  ⇒(D⇒債務者が期限の到来を知った時)
  
5.金銭債務の損害賠償は、債権者は損害の証明を要せず、
  債務者は、(E⇒不可抗力)の抗弁をもって対抗することが
  (F⇒できない)。
  
確定期限がある場合⇒期限が到来した時。
期限の定めがない場合⇒債権者が履行の請求をした時。

まんが宅建テキストはこちら!

 

《解答8》

債務不履行
1.履行が可能であるにも関わらず、履行期がきても履行しない。l
  ⇒(A⇒履行遅滞)。

2.債権の成立後に、債権者の責めに帰すべき事由により、
  履行が不能になる。
  ⇒(B⇒履行不能)。

3.履行期内に履行はされたものの、それが不完全であった。
  ⇒(C⇒不完全履行)
  
4.不確定期限の場合の履行遅滞に陥る時期は?
  ⇒(D⇒債務者が期限の到来を知った時)
  
5.金銭債務の損害賠償は、債権者は損害の証明を要せず、
  債務者は、(E⇒不可抗力)の抗弁をもって対抗することが
  (F⇒できない)。
  
確定期限がある場合⇒期限が到来した時。
期限の定めがない場合⇒債権者が履行の請求をした時。

まんが宅建テキストはこちら!

 

↑このページのトップヘ