宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ購読者募集中です。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52283422.html

宅建試験について、1点の重みを十分に認識する事が重要です。

仮に受験した年の合格基準点が33点の場合、
45点でも、40点でも、37点でも、33点でも合格です。
しかし、32点では不合格になります。

例年、合格基準点の前後の点数には、沢山の方が該当します。
合格基準点は、合格日まではわかりませんので、
当然、自己採点35点未満の方は大変な不安と戦うことになります。
平成18年の場合は、自己採点35点の方も、
かなり不安な思いをされました。

もちろん、マークシートの間違いがなかったか?等の不安要素を
考え出すと、36点、37点でも実際には不安なものになります。
(この手の不安要素を考え出すときりがありません。
 この不安をかき消すためには受験テクニックが必要ですが)

続きを読む

宅建試験について、1点の重みを十分に認識する事が重要です。

仮に受験した年の合格基準点が33点の場合、
45点でも、40点でも、37点でも、33点でも合格です。
しかし、32点では不合格になります。

例年、合格基準点の前後の点数には、沢山の方が該当します。
合格基準点は、合格日まではわかりませんので、
当然、自己採点35点未満の方は大変な不安と戦うことになります。
平成18年の場合は、自己採点35点の方も、
かなり不安な思いをされました。

もちろん、マークシートの間違いがなかったか?等の不安要素を
考え出すと、36点、37点でも実際には不安なものになります。
(この手の不安要素を考え出すときりがありません。
 この不安をかき消すためには受験テクニックが必要ですが)

続きを読む

宅建試験とは、宅地建物取引主任者になるための国家試験となります。

平成18年宅建試験は、昨年の10月15日に実施されました。
合格基準点→34点
受験者数→193,573人
合格者数→ 33,191人
合格率→17.1%

10人中約2人しか合格できない試験になります。

過去3年間までさかのぼると、
・平成16年 合格基準点→32点、合格率→15.9%
・平成17年 合格基準点→33点、合格率→17.3%

合格基準点や合格率は、受験生の各年の成績により、
変動します。


↑このページのトップヘ