宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ購読者募集中です。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52283422.html

不動産受験新報以外の宅建試験記載の月刊誌としては、
不動産法律セミナーがあります。

11月20日発売になります。
東京法経学院が発行しているものになります。
現在、東京法経学院は、合格推定点は発表していませんが、
には、記載される形となります。

合格発表10日前のため、貴重な試金石になると思います。

不動産法律セミナーには、私が受験した1999年には、
記事が記載されていました。
カテゴリー「合格体験記」中のある記事に記載しています、
私を救ってくれた法律系専門誌とは、
この不動産法律セミナーを指します。

この専門誌の記事に目がくぎ付け状態となりました。

1999年は、2006年同様、
宅建試験終了からしばらくの間は、
合格推定点が35点前後と言われていました。

もちろん、11月1日に発売された当時の不動産受験新報でも、
合格予想点は、32〜35点だったと思います。

しかし、11月20日に発売された不動産法律セミナーでは、
何と、30点の可能性が高い。
ひょっとしたら、29点もあり得る。

もちろん、ここから一気に浮上したのは言うまでもありません。

試験当初、35点前後だったのが、11月20日の記事で、
30点となったのは、
ある情報がリークされたからとの噂があります。
ある筋から、住宅新報社が情報を入手し、
それが各社へ水平展開されていたようです。
この信頼できる情報リークは、2000年頃を境にして、
終了したと言われています。

よって、残念ながら、2006年度宅建試験の合格基準点も、
合格発表を待たなければわからなくなってしまったのです。

このあたりの、当時の私の、天国⇒地獄⇒天国の構図は、
「合格体験記」の中に記載されています。


特に、現時点で、33点の方は、勇気付けとして、
読んでいただければ幸いです。


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ

不動産受験新報以外の宅建試験記載の月刊誌としては、
不動産法律セミナーがあります。

11月20日発売になります。
東京法経学院が発行しているものになります。
現在、東京法経学院は、合格推定点は発表していませんが、
には、記載される形となります。

合格発表10日前のため、貴重な試金石になると思います。

不動産法律セミナーには、私が受験した1999年には、
記事が記載されていました。
カテゴリー「合格体験記」中のある記事に記載しています、
私を救ってくれた法律系専門誌とは、
この不動産法律セミナーを指します。

この専門誌の記事に目がくぎ付け状態となりました。

1999年は、2006年同様、
宅建試験終了からしばらくの間は、
合格推定点が35点前後と言われていました。

もちろん、11月1日に発売された当時の不動産受験新報でも、
合格予想点は、32〜35点だったと思います。

しかし、11月20日に発売された不動産法律セミナーでは、
何と、30点の可能性が高い。
ひょっとしたら、29点もあり得る。

もちろん、ここから一気に浮上したのは言うまでもありません。

試験当初、35点前後だったのが、11月20日の記事で、
30点となったのは、
ある情報がリークされたからとの噂があります。
ある筋から、住宅新報社が情報を入手し、
それが各社へ水平展開されていたようです。
この信頼できる情報リークは、2000年頃を境にして、
終了したと言われています。

よって、残念ながら、2006年度宅建試験の合格基準点も、
合格発表を待たなければわからなくなってしまったのです。

このあたりの、当時の私の、天国⇒地獄⇒天国の構図は、
「合格体験記」の中に記載されています。


特に、現時点で、33点の方は、勇気付けとして、
読んでいただければ幸いです。


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ

5点免除者一般受験者について、ブログ内に書いてきたつもりですが、
コメント内に質問がありましたので、
再度、まとめてみたいと思います。 続きを読む

↑このページのトップヘ