宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●チャレンジメルマガ『ワンツリー』(無料)
 これからのチャレンジのために活用して下さいね。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308574.html

●宅建独自メルマガ 宅建学び塾『ウィナー』読者募集中です。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308573.html

●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

令和2年宅建士試験が終了して5週間がたちました。

もちろん、宅建合格予想点のまとめサイトを見ても何も変化はありません。
よほどのことがないと変更はありません。

まとめサイトを何度も訪問してみる気持ちはよくわかります。
何もかわるわけでもありませんが、ついついみたくなるのですよね。

しかも、沢山一覧表にしているのであたかも信頼がおけるように思えてしまいます。
ただ、所詮それだけなのです。
そこから生まれるものは・・・何もありません。

仮に誰かの予想が当たったとしても・・・
ただそれだけの話です。

あなたにとって、特にプラスになることは感じられません。
私の以前は、そうしていたわけであり何かプラスになるものも求めていました。
ブログ最盛期の頃はにぎわいがありましたので、交流という点では効果はありましたが・・・

さて、あなたにとってこの時期一番大事なことがあります。

それは、あなたにとってどうなのか?
今後の自分自身の進み方を考えて、今どうすべきなのか?
今後、何に焦点をあてていくのか?

よく考えましょうね。

場合によっては、直感に頼った方がいい結果を生むことがあります。
直感に頼るのも一つの選択肢です。

資格をとっていくことも悪いといいませんが、資格マニアや資格取得の専門家?にならない限り、ありすぎても大きな価値にはなりません。

最終的に社労士になるのであれば、社労士試験にターゲットを置くべきです。
また、社労士は以前と違って資格をとれば飯が食える時代は終わっています。
経営センス、営業センスが問われてきます。
行政書士と同じです。
ましてや司法書士、弁護士でも・・・

ロボット、AIにより将来的には・・・

人脈、交流も大事になりますよ。
人間らしいこと。
人間にしかできないこと。
資格をとることを目標にしないでくださいね。
資格取得は、あくまでもスタートラインに立ったことにすぎないことを肝に命じておく必要があります。

そうでないと、あなたの道を見失います。

そうしないためにも、この待機期間を活用して自分自身の将来、
家族がある方は家族を含めて将来プランを描いてください。

12月2日は、刻一刻と近づいてきています。

インスタでは多くの若い世代の方が合格証書を投稿しています。
是非、合格の暁にはあなたも利用してみてください。
(#宅建 #宅建合格 がキーワードです)

私の方でも、確認後に速報を流します。
メルマガとブログの双方で流しますので、このブログを見て頂ければすぐに合格基準点を確認できます。

合格者の中にあなたの受験番号があればいいですね。
合格証書を受け取ると、合格した実感がより湧きます。

合格証書は、以前のものよりは紙質や体裁がちょっと・・・の感覚ですが、まぎれもなきあなたの合格を証明した合格証書です。

やはり、それを手にした時の喜びは、うれしいものです。
特に、学習に一生懸命取り組んで合格した方やこの待機期間を苦しい思いで合格を勝ち得た方の喜びは一塩ですよ。
(インスタに投稿される方の気持ちはよくわかります)

私が、管業よりも宅建の合格に特別の思い入れがあるのはそのためです。

あなたの思いをのせた12月2日。
もう来週に迫っています。

栄冠をあなたに・・・

宅建合格!!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、いくつかのメルマガを紹介させて頂きました。
購読されて方はいますか?

残念ながら、事情によりその内3つは休刊とさせて頂きます。

そして、メルマガとして唯一になる私のメルマガがあります。
中高年のための支援マガジン〜未来を切り開く方法』です。
内容は発刊当初から、少しテーマを増やして拡充しています。

1.はじめに
2.収入の第二の柱を作る方法
3.SNS活用について
4.チャレンジについて
5.イッチャンのグルメレポート
6.書評と映画の感想

以上のテーマを扱っています。
多少試行錯誤していますので、内容に変化をもたらせいます。

ちょっとだけ、内容をチラ見で見てくださいね。


いかがでしょうか?
チラ見なので前段部しか読めないですが、初月無料なので試しに購読してみてくださいね。
毎週金曜日に配信になります。

内容は多岐にわたっているので、楽しめると思います。

また、バックナンバーも購入できます。


メルマガの詳細と申込はまぐまぐサイトからになります。
サンプル誌も読めますので、合わせて参考にして下さいね。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は、自己採点36点の方へです。

【自己採点36点の方へ贈る言葉】
自己採点36点。

普通なら合格確実です。
一般的に宅建試験は最低35点を得点することをベースに私も考えてきました。

しかし、2度目の36点があり、次にまさかの37点もありました。
よって、36点が安全圏とはいえなくなった現実があります。

問題の難易度によって、合格基準点は変動します。
それ故、宅建士試験は毎年多くのボーダーライン上で苦しむ方を生んでしまうのです。

36点・・・
今年に限っては、もはや期待する人もいないかもしれません。
既に、新しいことに目を向けている・・・
それでいいのです。

ですが・・・
もし、一人でも36点に期待を寄せる気持ちの方が残っているのであれば・・・
このブログを読んでいるのであれば・・・

そんなあなたに奇跡が起きてほしい。
良い方のマークミスで・・・合格
合格基準点が38点だったのに・・・合格
自己採点せずに合格発表をまつ・・・合格
何かわからないけど・・・合格

こういう合格は、必ず毎年起こります。
運が良かった。
確かにそうです。

でも、その運を引き寄せたのあなた自身です。
運も実力のうちです。
立派な合格ですよ。

そんな奇跡的な・・・
ドラマチックな合格が・・・
あなたのもとに舞い降りることを私は祈ります。

勝利の女神は、下駄をはくまでわかりません。
合格の可能性は最後の最後まで残ります。

例え、1%でも・・・

奇跡よ、おきれ!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ