宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 宅建無料メルマガ今期最終募集中です。
 直前期・当日エールメールなど活用下さいね。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307627.html

2) トピックス
 ●直前期シリーズ発売中
 『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略:直前期受験生必勝の10の鉄則』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  http://goo.gl/zFgkj5

 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2019年版): 合格を絶対に諦めないための逆転合格バイブル』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.amazon.co.jp/dp/B07WR32G66/

 『宅建士本試験直前対策☆絶対に最後まで合格を諦めない(2019年版):ラスト1週間の王道戦略』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07XXK4GM5/

 『宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.amazon.co.jp/B9-ebook/dp/B07Y6HJ94N/

 ●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

 ●本日のエール配信中です。10/18前日まで毎日配信します。
 Twitter、インスタグラム、Facebookページでみれます。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52306409.html

 ●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

平成18年宅建試験合格発表から、
4ヶ月目を迎えようとしています。

惜しくも、残念な結果に終わられた方の多くは、
平成19年宅建試験でリベンジすべく、
一生懸命に学習に取り組まれていることと思います。

そんなリベンジされる方に向けて、
当サイトでは、サポートをしていきたいと思います。

今の時期、実力的には、平成18年受験されたの方が、
間違いなく、上だと思います。

平成19年宅建試験は、今から約7ヶ月後です。
試験は、試験当日に最高のレベルにもっていくことが必要です。
つまり、7ヶ月後に今の実力以上になっているかが重要です。

平成19年に初受験される方は、
今から、実力は上昇カーブを描いていきます。

今は、実力差はあれど、油断しているとゴール直前に、
抜かれることになります。

リベンジされる方は、36点と言わず、
最低でも40点以上は、とるつもりで頑張りましょう!

平成18年の悔しさを忘れてはいけません。

絶対絶対、合格しましょう!!

平成19年10月の試験後の自己採点も楽勝の結果で、
12月の合格発表日をまたずに、合格を確信しましょう!!

リベンジされるあなたは、間違いなく、合格の最短距離にいます。

サポート体制を強化するため、メルマガの方にも、リベンジコーナーを
設けるつもりです。

28日17時、メルマガ第5号発刊予定です。

人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成18年宅建試験合格発表から、
4ヶ月目を迎えようとしています。

惜しくも、残念な結果に終わられた方の多くは、
平成19年宅建試験でリベンジすべく、
一生懸命に学習に取り組まれていることと思います。

そんなリベンジされる方に向けて、
当サイトでは、サポートをしていきたいと思います。

今の時期、実力的には、平成18年受験されたの方が、
間違いなく、上だと思います。

平成19年宅建試験は、今から約7ヶ月後です。
試験は、試験当日に最高のレベルにもっていくことが必要です。
つまり、7ヶ月後に今の実力以上になっているかが重要です。

平成19年に初受験される方は、
今から、実力は上昇カーブを描いていきます。

今は、実力差はあれど、油断しているとゴール直前に、
抜かれることになります。

リベンジされる方は、36点と言わず、
最低でも40点以上は、とるつもりで頑張りましょう!

平成18年の悔しさを忘れてはいけません。

絶対絶対、合格しましょう!!

平成19年10月の試験後の自己採点も楽勝の結果で、
12月の合格発表日をまたずに、合格を確信しましょう!!

リベンジされるあなたは、間違いなく、合格の最短距離にいます。

サポート体制を強化するため、メルマガの方にも、リベンジコーナーを
設けるつもりです。

28日17時、メルマガ第5号発刊予定です。

人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

3月25日(日)17時に、メルマガ第4号を発刊いたします。

登録がまだの方は、是非、登録をお願いしま〜す!

実務講習の続きです。

日建学院さんの実務講習は、受講者に大変配慮されているようです。

【日建学院】
・出欠確認に配慮があります。
 スクーリング初日は、事務所に受講票を出して名簿に出席した旨の記載を
   受 け ました。
 その後の出欠確認は、講習中、ワークブックを自分で解く時間を使い、
 講師二人が手分けして行いました。
・スクーリング2日間とも、受講生が座る席は決まっており、
 机の端に受講番号と氏名を印刷した紙が貼られていました。
 そこに受講票をおくので、本人が座っているかがチェックできました。
・講師一人に受講生20人までと決まっていました。
 グループ討議の時に見回る受講生席も、それぞれ担当が決まってました。
 そのためか講師も受講生の顔を覚えるのが早かったです。
・終了試験は90分ですが、60分たてば退出可能でした。
 実際退出したのはほんの数名で、皆さん最後まで残ってました。
・試験前に40分休憩がありますが、ポイントをまとめたDVDが流れますので、
 こちらも受講生の最終チェックとしてよかったです。
 (日建学院さんの実務講習に、実際参加された方の生の声です。)

投稿されたコメントは、こちらを参照してください
  ↓  ↓  ↓
http://blog.takken-get.com/archives/50485233.html#comments

ちなみに、不動産近代化センターの終了試験は、
 ×問題が30問
記述式が40問
これまた、LECさん、日建学院とも違いようです。

多少、公平性にかける気もしますが、
登録実務講習は、落とす試験ではありませんので、
まず、真面目に受ければ、合格します。

スクーリングの通いやすさを考えて、選択するのが一番だと思います。


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ