宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

すでに、宅建試験まで5ヶ月をきり、学習進捗はいかがでしょうか?

今回より、毎年読者に好評な6ヶ月学習サポートコーナーをスタートします。

毎週、6ヶ月学習を取組まれているあなたをサポートしていく記事をアップしていきたいと考えています。

もちろん、学習期間が6ヶ月以上の方でも、5ヶ月位の方でも、もちろん、4ヶ月の方でも参考になると思いますし、モチベーション維持につながることと思います。

原則、日曜日におおくりします。
(第二回目より日曜日枠に移動します。)

さて、6ヶ月学習をされている方の中では、今はインプット学習をしながらもアウトプット学習に進まれている方もいると思います。

あなたの状況はいかがですか?

スローペースの方は、アウトプット学習がまだの方もいると思いますので、サポートコーナーの第1回目としては、アウトプット学習に入っていった場合のポイントを紹介します。

アウトプット学習は、例え最初は解けない問題があっても、まずは気にしないことです。

気にすると、ますます解けない問題が気になりだし、解くスピードが落ちます。

最初の1回転目は、とにかく先に進むこと。
これにつきます。

ただ、間違った問題にはレ点をいれてください。

2回転目の間違った問題には、更にもう一つレ点を入れてください。
3回転目になると、レ点の状況で自分の苦手なところがそれとなく見えてきます。

苦手な問題は不思議とよく間違います。
ある程度間隔があくと、それが如実に現れます。

そんな時、それをどうするか?

ここがポイントですね。

宅建学習は、過去問に始まり過去問で終わります。
言い換えれば、アウトプットに始まりアウトプットで終わります。

とにもかくにも、繰り返し、繰り返し過去問学習することが、真の意味でのあなたの実力アップになっていくのです。

このことについては、何度となく記事の中に書いていることです。
何度も繰り返していると、読んでいると飽きてくるのが人情です。

でも、そこで、やめては絶対に駄目ですよ。

今までやってきたことが・・・・効果が半減以下以下になります。

3回転やってからが実力が倍増、三倍増となっていくチャンスなのに、自ら放棄することになります。

繰り返すことは、確実に知識として定着していきます。
確実になった知識は、いつでも、まるでドラえもんのポケットのように、あなたの必要に応じて、自分のポケットより知識をひっぱりだすことができるのです。

しかも、その時々に必要な形にしての便利な姿に加工される場合もあります。

これにより、試験場で見慣れない問題に直面しても、解決の糸口をさぐり、選択肢を絞込み正解へと導いていけるのです。

アウトプット学習を単調にしないためにも工夫はやってみてください。

自分の性格に照らし合わせて考えてみてください。

A型の真面目なあなたなら、ほっておいても大丈夫な気がします。
AB型のあなたは、独自な方法を編み出すでしょう。
心配なのは、B型とO型の方です。

自分の胸に手をあてて、しっかりと自分の気持ちを確かめてみてください。

覚悟はできましたか?

さあ、今日も頑張っていきましょう。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


数年前から宅建の直前期に3回に分けて書いている記事があります。

宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール

直前期の心が不安定になった受験生に対して、励ます形で書いている記事です。

何で、直前期でもない今のこの時期に紹介したかといいますと、やはり人それぞれ宅建受験に向けて不安な気持ちを抱えていると感じるからです。

中には、やろうとしているけれど実際の学習につながっていかない方もいます。

不安の種類・大きさはそれぞれかもしれないけど、同じ不安には変わりないはず。

そんな方にエールを贈りたい。

すこしでも心を安らげてあげたい。

そんな思いからこの時期にあえて紹介しています。

今順調な方はピンとこないかもしれません。
それでも山あれば谷ありです。
参考程度でも読んでいただければと思います。

3部作の第一回目を紹介します。

・・・ここから・・・・

本日より、毎週日曜日の夜に3回限定で新企画をお送りします。

この新企画をやろうと思った訳は、日曜日はこのブログにとっては一番アクセスが下がるときです。

みんな頑張っているんだな・・といい意味でとらえていました。

でもよくよく考えてみると日曜日の夜、翌日から1週間の仕事そして併行しての宅建学習を思うと憂鬱(ゆううつ)になる方もいると思います。

毎週日曜日夕方6時30分のサザエさんを見ると、翌日からの仕事のことを考えて気分がブルーになる症候群も過去あったと記憶しています。

そんな日曜日の夕方に、あなたの不安な気持ちを少しでもやわらげたい。
勇気付けることができれば・・・
そんな思いでこの時期に今回の記事を書くことにしています。

題して、
『宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール』になります。

それではどうぞ。


あなたはここまで、あなたなりに頑張って学習してきたはず。

それは事実でありあなたには実感しにくいかもしれませんが、自分なりの実力がついてきています。

それを今から一気に伸ばすのも、このままのレベルのままで停滞するのも今後のあなた次第になります。

それでは早速スタートです。

あなたはできる人です。

だってあなたは学習に対して前向きだからこそ、今このブログを読まれています。

宅建試験を放棄した人なら読むわけがありません。

だからこそあなたは可能性が残された人だと思います。

その可能性を10%にするのか100%にするのか?

それはあなた次第です。

であれば、是非100%を目指してみてください。

まだ時間は残されています。
やってやれないはずはありません。

あなたはできる人です。

明日からの残された9月の4日間、全力で取り組んでみてください。

そうすれば10月1日金曜日、最終月のスタートを気持ちをこめて迎えられるはずです。

あなたならできる。

きっとできる。

あなたには、多くの心の仲間がついています。

私も微力ながら最後の最後まで応援しています。

あなたならできる。

・・・・・ここまで・・・・・

いかがでしたか?
特にメンタル面を大事にするこの宅建ブログです。

読者に対する熱い思いはどの資格ブログにも負けないつもりです。

一人でも多くの方が合格切符を勝ち取ってほしい。

心からの願いです。

あなたの平成30年度宅建合格を信じて・・・

三部作の残り二つについて興味のある方は以下のリンクよりご参照ください。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建試験後のポイントについて書きます。

今年リベンジされる方にとっては、嫌でも昨年の苦い経験を思い出してしまうかもしれません。

あのときの悔しさ・・・・

そのために今頑張っているはずです。

そして、初受験される方にとっては、試験後のことを把握する程度に読んでいただければと思います。

〇受験後の自己採点
・受験後の自己採点をする方法は、

1.当日もしくは翌日にインターネットに公開される各予備校の解答速報を見て自己採点を行なう。

2.当日行われる各予備校の解答速報会に参加する。
  (無料です。)
  
3.試験会場を出た後に、各予備校の人から渡される葉書に書いて、応募し採点結果が届くのを待つ。

4.インターネットで、自己採点サービスに申し込む。
     
当ブログでも、各解答速報状況については準備アップします。
是非、このブログを基点にしての活用をしてください。


〇模範解答について
・模範解答について、各予備校が全て公開当初、一緒になるわけではありません。

平成18年の場合は、ほぼ一緒でした。
(有名予備校の中で1校だけが違う解答でしたが、後に変更され、同じになりました。)

但し、その後、論議を呼ぶ問題があり、ある別な1校が一石を投じる解答を行いました。とても勇気ある果敢なことでした。

平成19年の場合は、主要校は一緒でした。
この年も、ある問題に一石が投じられましたが、この場合は、その時点から試験結果にに反映される可能性は低いとみられ、早番、この話題はフェードアウトしました。

平成20年の場合は、何と主要予備校3校が一部違う解答をアップされました。
(その後、全て、同じ解答になりましたが・・・)

平成21年の場合も、複数の学校の回答がわれました。
平成18年の再来かと思われましたが、
日を追うごとに落ち着くところにまとまる結果となりました。

平成22年の場合は、平成19年同様に主要校は一緒でした。

平成23年の場合は、当初主要予備校のうち1校だけがちがうだけでしたが、その後一致しました。
そして、忘れることができないのが11月22日での機構側からの緊急告知。
問48の問題誤記による全員正解にする処置。
ここで明暗が別れました。

平成24年の場合は、問5に意見がわれました。
どうなるか注目され、なんとなく平成18年の再来を予感させました。
結果は複数肢正解で、平成18年同様になりました。

平成25年の場合は、没問問題が発生しましたが、平成19年同様に早めに収束しました。

平成26年は特に大きな波風もない年でした。
結果は、32点。
主任者としての最後の試験は合格率も高くなりました。

平成27年も大きな波風もなく推移しました。
宅建士としての最初の試験の結果は、31点。
難易度どおりの結果となりました。

平成28年は、当初宅建士2年目として平成27年と同等の難易度が予想されていました。
結果は、逆に問題が軟化しました。
疑義問題も試験後に浮上しましたがすぐに沈静化し、結果は35点。
宅建主任者試験同様に問題の難易度はかわり、それに伴い合格基準点も上下することが確認できました。
宅建士試験になったとはいえ、試験対策については何ら変わりはないことがわかりました。

そして昨年平成29年は、予想が1点位下がるのではないかの期待感もありましたが、
前年同様の35点になりました。

さて自己採点については、受験された大半の方がやられます。

試験結果がめちゃくちゃ良かった方、逆に、全く駄目だった方は、やらない方もひょっとしたらいるかもしれませんが、正直なところやりたくなるのが人情です。

各予備校が発表する合格推定点が気になるものなのです。

私ももちろんやりました。
    
〇私が印象に残った平成18年の結果について
・平成18年は、試験後、ある程度の期間が経ってから、49問目問題論議が浮上しました。
(この点平成19年、21年の傾向とは、ちょっと違います)

最終的には、問題の解答について、その時点で最良と思われる判断が下されました。

合格発表時に、不動産取引適正推進機構のホームページ上で、解答が発表されましたが、何と、49問目は、正解肢が2つになりました。

正解肢は通常、一つですが、2肢ともに正解にした判断は正しかったと今でもそう思います。

今年はどんな問題が出題されるでしょうか?
こればかりは考えても考えても私達が知りえることはできません。

今年試験問題を作成される方は、是非良識ある問題を作成される事を希望いたします。
昨年・一作年は、試験問題に関して没問問題もなく、平穏な年でした。
試験問題を作成された方達には、本当に感謝いたします。

是非、今年も続けてくださいね。
今年は、特に宅建士として最初の試験ですから・・・
よろしくお願いいたします。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ