宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建合格体験記を募集します。
 ご協力お願いします。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284461.html

過去宅建テキストで、売上トップを連続させているものは何でしょうか?
それは、「らくらく宅建塾」です。

ただ、ここ数年はその傾向がやぶれ、アマゾンでは『スッキリ』や『宅建士の教科書』の後塵を仰いでいます。
それでも、大手書店に行けば山積みにされていますので、書籍全体としては宅建分野の中でトップにいる可能性が高いと感じます。

棚に入っていても一番目線の高さにあう、
目立つ位置に手に取りやすいように配置されていますので・・・

また、宅建テキストの量が少ない書店でも、
必ずといっていいほど置いてあるのがこの宅建塾ですね。

いいところに配置されているから売れる。
売れるからまた書店に置かれる量も増える。
だから、また売れる。
完全に売れるスパイラルの図式になっています。

「らくらく宅建塾」について、
この宅建ブログを開設以来かかさず毎年手に取る私です。
正直なところ毎年感じることですが、それほど変わり映えはしていません。

でも売れる。

これを超えるテキストの登場を期待した結果、
前述のスッキリや宅建士の教科書が善戦している状況です。
出版社の書店戦略の影響も大きいので、
なかなか良いだけでは宅建塾の部数を凌駕できないのが現実なのかもしれません。

宅建塾の感想としては、
1.大変見やすい(文字間隔、行間隔、文字の大きさ、余白)
2.手にとって読んでみると、独学でもできるのではないかの安心感がある。
3.図解が豊富
4.内容がポイントをおさえて、コンパクトにまとまっている
5.権利関係がわかりやすい
6.語呂合わせがユニーク
7.マンガ版を先に利用すると効果的

宅建初心者にとっては・・・
特に法律関係が初めての方にとっては・・・
または、宅建が資格試験で初めてのチャレンジの方にとっては・・・
一番、とっつきやすい宅建テキストだとは思います。

一方、マイナス面はどうでしょうか?

1.テキストの知識量が少なすぎる
2.内容が浅いので、宅建試験をなめてかかると危険
3.持ち運びが不便
4.3冊の問題集と組み合わせ、及び一問一答集などプラス教材使用は必須

私自身が受験時は、「らくらく宅建塾」は選びませんでした。

第一の理由は電車での学習が主体になることと、
読みやすいので逆にあえて敬遠しました。

独創的な学習を好むAB型の気質にはあいませんでした。
また、その時のフィーリングもありますよね。

今現在、「らくらく宅建塾」を、受験生目線でみると、
まとまり感はあると思います。

これだけ販売部数が安定しているのですから・・・

知識量の少なさや内容の質の浅さの不安については、
過去問集とセットで購入してやっていけばある程度の対応はできると思います。

テキストの知識不足を過去問より補充する。
よって宅建塾シリーズでそろえる。
それに、違う過去問集や一問一答集など、自分の力量や環境にあわせて
プラスセレクトしていく。

宅建塾をテキストに選ぶ場合は、これが一番最良です。

器用な方は、他の過去問と組合せてもユニークでOKです。
マンガ版もありますので、法律系が初めての方は利用してみてください。
4コマ、3コマ漫画+文章の構成です。

また、宅建塾を検討している人が宅建塾にするかどうかの判断基準として、
このマンガ宅建塾をまず買ってみるのもいいでしょう。


2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今年の宅建試験を意識しながら、
まだ受験決意が固まらない方はいますか?

丁度新年は、決意を固めるには丁度良い時期です。
受験決意は早ければ早い方がベターです。
宅建の受験決意をされる方の多くは4月です。
(中には、6・7月の方もいます)
それでは、正直遅すぎます。

先手必勝、やはり決意は早い方がいろいろと準備段取りができます。
その準備段取りが大事なのです。

仕事は、段取り8割といいますが、
段取りよければいざ実行に移した場合にスムーズに物事が流れていくのです。

そのために、準備ができる早めに受験決意をしてくださいね。

さて、準備として何をなすべきか?
その一つの方法としてマンガシリーズで宅建の概要を知る。
宅建に対しての抵抗感を取り除いておく。
あなたの脳を法律系学習をする地ならしをしておく。
そういう事に利用してください。

マンがシリーズ近年の定番とはいえばこれです。

『2019年版 マンガ宅建士 はじめの一歩』



今はゲーム世代になりますが、
マンガもゲーム世代の方にはとっつきやすいと思います。

電子書籍版もあります。

活用のコツとしてはマンガで知識を習得するというよりも、
アウトラインを感覚でつかんでもらえれば、結果オーライです。

中には、それ以上使いこなす方もいますが、
それはおまけとして考えていいです。

そして新しいマンガシリーズも増えています。

まずは宅建塾をテキストに使う方には便利な

4コマ、3コマ漫画+文章の構成です。
4コマ漫画が好きな人や、
宅建塾を使われる人が入門編として使うのはいいとおもいます。

また、うかるシリーズからも出でています。

『うかる! マンガ宅建士入門 2019年度版 』
ユーキャンからも出ています。

『2019年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門 (ユーキャンの資格試験シリーズ) 』



去年は更に、楽学と日建がありましたが、
1月6日時点ではまだ出ていません。
『2018年版 楽学宅建士 マンガ入門 (楽学宅建士シリーズ)』
『これだけ まんが宅建士[宅建業法編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』
『これだけ まんが宅建士[権利関係編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』
『これだけ まんが宅建士[法令・税その他編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』

販売が遅れているのかもしれませんね。
遅れる分、内容に期待です。

マンガシリーズは何も宅建初受験者の方だけに、あるわけではありません。

リベンジの方がアウトラインを総整理する意味で活用するのも
有効だと思いますよ。

今は宅建試験までそれなりの期間があります。

それだけにアウトラインを総枠で整理することは、
これから知識や理解を埋め込んでいく中で、
効率的に配置されていきます。

パソコンでクラスタ整理をかけますが、
あの感覚と一緒です。

あなたの引き出しに上手に整理していくために、
その引き出しをまずは整理整頓することから始める。

そんな感覚です。
マンガはマンガとして利用価値があります。
今の時期だからこその利用価値です。

法律系が苦手な方、
マンガが好きな方、
学習が久しぶりな方など、
まずはマンガであなたの脳から法律の違和感・嫌悪感を、
取り除くことも大事です。

苦手意識のままで学習を開始すると、
どうしても効率は落ちます。

わかるものでもわかりにくくなります。

法律は楽しいもの・・・
こう捉えることができればしめたものです。

一度手にとってみてはいかがですか?

マンガといって、決してあなどってはいけません。
活用次第では、切れ味するどいあなたの戦力になるはずです。

2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今年宅建初受験をされる方のために、
カテゴリー「宅建試験について知る」を紹介します。

このカテゴリーには、
過去の宅建試験データ・宅建Q&A・宅建徒然なるままに・アンケートなどから、
初受験の方に必要なものをピックアップしてその時々の記事として紹介しています。

記事の切口は、いろいろと変えています。

宅建初受験される方にとって、
まだまだ宅建についてピンとこない方もいると思います。
しかし、少しでも早い段階で宅建について知ってほしいという気持ちであえて、
1月の早い段階で紹介しています。

4月になれば必要性は自ずと高まりますが、
平穏な今の時期に読んでこそ効果が高いです。

少しでも早く知ってもらえていれば、
それだけ宅建試験を余裕をもって迎えさせてあげられる。

そういう意味もあり、この時期にあえて紹介させていただきます。

逸早く読んでいただいたあなたには、
間違いなく合格に向けて、
合格のためのマインドを理解していただけると思います。

私としては宅建試験での華々しい成功体験よりも、
失敗した上で見事栄冠を勝ち取ったものの方がこれから受験される方には参考になると思います。

ビジネスの世界でも成功例はもてはやされます。
本もサクセスストーリーものは沢山あります。
しかし、実際このサクセスものは多くの方にとっては参考になりません。

しかし失敗例は、参考になるのです。
それは、勝利に導く重要ヒントが隠されているからです。

成功の裏には実は多くの失敗が隠されています。
その一部分である成功をまねるだけでは、
成功しないのです。

あのユニクロの柳井社長でさえ、
「一勝九敗」の本を書かれています。

また、「成功は1日で捨て去れ」も書かれいます。

柳井さんでさえそうなのですから、
一般の私にとってはハードルが高いのはおわかりいただけると思います。

それと同様に、
苦労して合格した経験はそれ以上にこれから学習する方にとって、
反面教師として大いに参考になることでしょう。

人間、修羅場をくぐった経験は強いですよ。

宅建初受験のあなたにとっては、
今は縁になりたくもない経験かもしれませんが、
その経験が必要な時はあなたに突然やってきます。

本当に突然やってきますよ。

その時に、あわてなくてもいい経験が失敗例なのです。

過去ニュースや新聞で想定外、想定外という言葉を何度も見聞きしました。
想定外のことは、実は失敗の中にヒントが隠されているのです。
成功例ばかりみていると、ちょっとした失敗に対処できない。

あの時イッチャンが言う通り読んでおけばよかったと思っても、
その事態に遭遇した時は時既に遅しです。

あなたにとって役立つことがあるからこそ、
紹介しているわけです。

ここは、素直に読んでみてくださいね。

私の合格体験記もそんな失敗例の塊ですが、
機会があれば読んでみることをお勧めします。

「宅建試験について知る」を読んで、
あなたのモチベーションをアップしていきましょう。

心強い試験対策になることと思います。

〇カテゴリー『宅建試験について知る

また、時間がない方は電子書籍の方で代用しても構いません。
以下の2つのものには必要なエキスが詰まっています。

是非、この機会にご利用ください。



2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ