宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●今年の宅建を諦める前に必ず読んでください。
「宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略:直前期受験生必勝の10の鉄則」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/zFgkj5

●直前期の独学者必須の三冊!!
 最低限の宅建受験テクニックを身につけよう!
 「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ:戦術を決めて実行することが合格への最短距離」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/bJIMMH

 1週間で明暗を分ける・・・
 「宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!:ラスト1週間の究極のスパート戦略」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/lmpxfx

 前日・当日の戦略こそ、最重要”
 「宅建試験必勝対策☆前日・当日編:運命の日に勝利するのはあなただ!」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/wBsKqT

※無料宅建エールメール企画希望者募集!
 あなたに9/30から宅建前日まで毎日エールメールが届きます。
 申込はこちらから。
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52254350.html

※宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

平成29年宅建3ヶ月学習サポート☆軌道修正、大胆な戦術

平成29年宅建3ヶ月学習サポートの10回目です。

3ヶ月学習も、ラストスパートの時期が近づいてきています。

ここまで順調に推移している人、
予定より早いペースの人、
予定より遅れている人、
人それぞれだと思いますが、そろそろゴールに目を向けましょう。

予定はあくまでも予定であって、結果ではありません。

予定に縛られすぎると、あせりの気持ちが生まれ、より一層学習がはかどらなくなります。

予定より大幅に遅れ、もはや計画通りでは挽回不可能な場合、残る手は一手です。

軌道修正です。

中途半端よりも大胆な戦術が必要です。

・Bランク問題も頻出以外は捨てる!
・民法の基本事項以外は捨てる!
・全分野で頻出問題以外は捨てる!

などなど、思い切った策が必要です。

下手に予定に執着すると、宅建学習の本質を見失ってしまいます。

今のあなたの宅建学習は、目の前の試験に合格するためにやっているのです。

この基本コンセプトを絶対に忘れないでください。

時には、スパッとした方向転換も大事なのです。
(営業で、崖っぷちに立たされたとき、この手で何度救われたことか・・)

もう1回言います。

宅建学習は宅建試験に合格するためにやっていることを、お忘れなく!!

これからの1日、1日、本当に大切にしてくださいね。

そうすれば、必ず勝機が見えます。

最後まで、あきらめないことが大事です。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建6ヶ月学習サポートコーナー☆苦手分野、苦手問題に負けない気持ち

平成29年宅建6ヶ月学習サポートの19回目です。

苦手な分野は誰にもあります。
苦手な問題は誰にもあります。

苦手だ、苦手だと思うと不思議と更に苦手になっていきます。
ついそんな問題に遭遇すると、心はブルーになるかもしれません。

でも、負けないで!

苦手の意識は勉強不足からくるものは仕方ないにしても、日ごろから縁のなかった知識、
義務教育の主要5科目から派生させた苦手意識など、
いろんなあなたの環境からくるものが織り交ざっていると思います。

環境は仕方ないと諦めてしまうか?
それとも、なにくそと奮起するか?

ここは、自分を奮起させることを選んでください。

苦手分野に対しては、気持ちで負けてしまうと太刀打ちできません。

でも、立ち向かっていく気持ちがあるのなら、活路は見出せると思います。

6ヶ月間、学習を頑張ってやってこられたあなたです。

短期集中できないことはないと思います。

苦手を無視して、得意分野に集中する。
これはこれで正解です。

でも宅建試験本番でリズムを壊す元は、苦手分野だと思います。

やはり試験場で、苦手問題に接して負けた気持ちになるよりも、
たとえ負けるかもしれないけど、立ち向かう気持ちがあれば、
それ以外の問題に対しても強い気持ちの波及効果があり、
間接的に良い結果を得られることにつながります。

気持ちのうえでは決して負けないこと。

苦手は、自分自身が作る幻想だと思ってください。

敵愾心(てきがいしん)丸出しにする必要はないですが、
相手を飲み込むくらいのおおらかな気持ちで立ち向かってください。

6ヶ月頑張られたあなたには、それができると思います。

ファイト!

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建初受験にむけて☆合格と不合格は紙一重

今現在、宅建学習に取組まれている方
既に合格レベルに実力が達している方は、
ある程度の余裕のある得点での合格を目指されていると思います。

片や今現在、合格レベルに達していない方は、
ボーダーライン上でもいいから、
合格レベルに達する得点で、
何とか合格に喰らいつきたいと思われていることと思います。

最終的にはその年の合格基準点以上であれば、同じ合格になります。

平成28年宅建試験の合格基準点は35点でした。

そうすると合格基準点35点あたりのウェートがどうしても高くなっています。

合格基準点は、いろんな要素が加味されますので、
残念ながら最終的な確定は合格発表まで待つしかありません。

それ故、ボーダーライン上に不幸にも該当してしまった方にとっては、
苦しい期間を過ごすことになりますし、
合格基準点がどの点数になるかによっては、
雲泥の差となる結果となって自分自身に跳ね返ってきます。

また合格率がどうなるかも結果から見てしか判断できないので、
試験が終わった直後は、あくまでも予想にすぎないことになります。

もし、平成28年宅建試験の合格基準点が34点になっていたら・・

たらればを考えてはいけませんが、
34点の方にとっては後一歩の残念な結果になりました。

平成29年宅建試験の合格基準点がどうなるかは、
11月29日になるまではわかりません。
(日付が変わってまもなくして速報が週刊住宅より流されることが定番化しましたが、
 今年自主廃業されたので、住宅新報社からでるのか?など全くわかりません))

最後に、仮に不幸にもボーダーライン上にあなたの自己採点結果が
きてしまった場合は、合格・不合格は紙一重だと思ってください。

それをさけるためには、今の頑張りしかありません。

1点の重みをしっかりと認識してください。

とれる問題を確実にとる。
→その1点を積み上げていく。

絶対余裕の合格、果しましょうね。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク
記事検索