<P>おはようございます。</P>
<P>良く眠れましたか? <BR>とうとう<STRONG>試験本番</STRONG>です。<BR>早起きは3問の得。<BR>そんなあなたのために、受験時の<I>解答テクニック</I>を伝授します。<BR>
<P>知っている人には当たり前の事かもしれませんが、<BR>知らない人は、絶対知っておくべき内容です。<BR>特に、独学の人には、この手の情報が全く流れないので、<BR>よく把握してくださいね。 </P>
試験でのテクニック】 
〇邯海蓮4肢択一ですが、問題文が正しい事の選択を求めているのか、
    誤りの選択を求めているのか判断しなくてはいけません。
  一見、当たり前の事ですが、難しい問題に直面すると、
  うっかりミスをしやすくなります。
  そこで、
  正しいの選択⇒○   誤りの選択⇒× を、
  問題文の所に目立つように印をつけてください。
■瓦弔硫鯏肢を上から順に読んでいき、正しいと思った場合は、
  解答肢の頭のナンバーに○をつけてください。
  逆に、誤りと思った場合は、×をつけてください。
2鯏肢を読んで、正しいのか誤りなのか判断できない解答肢には、
  △をつけてください。
ぃ瓦弔硫鯏肢のなかで、問題文につけた○(×)と同じ印が1個だけで
  あれば、当然、それが正解です。◎をつけて区別してください。
ァか×かが二つずつに分かれた場合、その場で考えなおさないで、
  次の問題に進んでください。
  △がある場合も同様です。とりあえず、次の問題に進んでください。   
宅建試験は、時間との勝負です。
μ簑蠅魏鬚順番ですが、1問目から順番に解く必要はありません。
  30問目位にある宅建業法に関する問題から、解き始めてください。
  30〜50問目を解いた後、15問目位にある法令上の制限へ。
  (15〜29問面)
  最後に権利関係を1問目から解いてください。
  (1〜14問目)
  宅建業法が一番解きやすいですし、これでリズムをつかんで下さい。
*どうしても、人間の心理として、表紙をめくった後の1問目が、
  気になります。
  読まずに、宅建業法のページを探してください。
  実際、私も、この1問目が予想外の問題だったので、
  つい、つい、読んでしまい、ペース配分を乱し、大苦戦をさせられました。
  こんな経験は、あなたには、させたくありません。
*一通り、解き終わった後、◎以外の解答が確定していない問題の
  解答出しです。
В柑菽罅■音茲同じ答えになった場合、
  もう1回、問題と解答肢をよく読み、直感的にこれだと思う解答肢を、
  選んでください。
  (◎印)  ┌柑菽罅∪気靴づえが1つと△が一つに分かれた場合、
  問題と解答肢をよく読み、正しい答えが本当に正しいと感じられれば、
  その正しい答えを正解としてください。
  (◎印)  迷った場合、△の解答文を読み直し、直感で判断してください。
*答えが2肢に絞れる問題比率は高いです。
  どちらを選ぶかで、結果が決まります。
答えが3肢以上の場合、残念ながら運任せです。
  後で後悔しないように、一番最後に、再検討してください。
最初、正しいと思った答えを安易に変えることは、
  しないでください。
  相当高い確率で間違いになります。
  逆に、大いに自信があれば、変えた方がいいです。
  (解答ミスは、誰にもありますから)
  迷って変えることが一番のNGです。
*私自信も、迷って変えたことにより、大変、大変、
  苦しい思いをすることになりました。
  もし、初志の答えを貫いていたら、35点でした。
  楽勝合格でした・・・・
最後に、マークシートに記入してください。
  (あわてないで、ゆっくりと、確実に)
名前、受験番号等確認も忘れずに。
もう1回、マークシートと解答肢の答えを照らし合わせて下さい。
マークシートのつけ間違い以外では、変更しないこと。
  本当に悔やむ結果になります。
最後に深呼吸をして、ペンを置いてください。

人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ