6ヶ月学習の大まかな期間の配分です。

・インプット  2ヶ月
・アウトプット/インプット  2ヶ月
・アウトプット  2ヶ月

インプットは、市販テキストを用意しての、
ひたすら知識の埋め込みになります。

宅建業法」を一読してから、
権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」の順で、
学習していきます。

繰り返す回数としては、最低2回、
できれば3回以上がベターです。

一度目よりも2度目、2度目よりも3度目の方が、
理解度がアップしていきますし、
より知識が定着していきます。

インプットが終わった後は、
アウトプットになります。

アウトプットは、市販の過去問集問題集を利用します。

効率よく学習を進めるためにも、
インプットとアウトプット用のテキストは、
関連したシリーズで揃えた方がベターです。

一発合格らくらく宅建塾」なら「過去問宅建塾」、
うかる!宅建図解テキスト」なら「うかる!宅建精選問題集」、
出る順」なら「出る順宅建ウォーク問過去問題集」、
パーフェクト宅建なら「パーフェクト宅建過去問」、
U−CANの宅建速習レッスン」なら「U−CANの宅建過去&予想問題集
といった具合です。

過去問を解いて、間違った所の確認や、
知識があやふやな所の、再度の復習のために、
インプットした時のテキストを使います。

過去問を解いては、テキストに立ち返る。
この繰り返しで、知識の徹底を図ります。

1問解いたごとに振り返るよりも、
5問か10問単位でまとめて振り返った方が効率的です。

アウトプットとインプットの繰り返しで、
実力は着実にアップしていきます。

そして、最後は、徹底的なアウトプットです。

当然、解くスピードを上げてください。
宅建試験は、スピードが要求されます。
こきもよく、問題を解いていくことが重要です。
間違った問題は、レ点を入れてください。

過去問や問題集を一通り、解き終わった後は、
2周目に入ります。

もちろん、2周目に間違った問題もレ点を入れてください。
もちろん、1周目に間違った問題とは、
区別が付くようにしてください。

2周目が終われば、当然、3周目です。
3周目も間違った問題には、レ点を入れてください。

3周目が終わった所で、
レ点を付けた所を集中的に解いてください。

3周目でも間違った所は、テキストを確認し、
テキストで足りない場合は、
インターネット等で知識を補完して下さい。

6ヶ月学習なので、あわててやる必要はありませんが、
早い人だと4ヶ月ないしは5ヶ月でも終わる人もいると思います。
それはそれでOKなので、
更なる実力アップのステージに進みましょう!


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ