今回より、初めて宅建試験受験を志した方のために、
宅建試験とは何ぞや?を前提としての紹介をしていきます。

ただ、淡々と紹介しただけではわかりにくいので、

Q&A方式にて、紹介していきます。

第一回目は、そもそも私たちがなろうとしている、
宅地建物取引主任者」とは、何ぞやです。

【Q1】宅地建物取引主任者とは、どんな資格ですか?

《A1》宅地建物取引主任者とは、宅地建物取引主任者証の交付を受けた者の
    ことで、宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結するに際して、契約が
    成立するまでの間に、重要事項等の説明等を行う国家資格になります。
    昭和33年に、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として
    創設された資格です。
    宅地建物取引業者は、事務所ごとに、省令で定める数の成年者で
    ある専任の取引主任者を置かなければならないとしています。
    (宅地建物取引業法第15条第1項)
    原則として、「事務所」等に関しては業務に従事する者5人に1人
    の割合で取引主任者が必要です。
    

【Q2】宅地建物取引主任者しかできない業務はありますか?

《A2》宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結する際に、
    ―斗彁項の説明をする
    ⊇斗彁項説明書に記名・捺印する
    7戚鷭颪悗竜名・捺印する。

<私の経験>
私自身、個人として、会社として、賃貸物件を借りる機会が多かったため、
宅地建物取引主任者から、重要事項の説明を受けることが多かったのです。

今までに、数十人の方と接しましたが、
残念ながら良い印象を受けたのは、3人位しかいません。
3人の内、2人が女性でした。

印象が悪かったのは、賃貸物件のせいなのかわかりませんが、
重要事項の説明があまり良くなかったのです。
ある時は雑だったり、ある時はほとんど説明しない。
ひどい人になると、主任者証を提示しない人もいました。

平成19年宅建試験受験者の方の中には、
不動産関係の仕事に従事している方もいらっしゃると思いますが、
くれぐれもこんな主任者には、ならないでください。
よろしくお願いします。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ