「ボーダーライン」

単なる用語としてとらえれば、
なんでもない言葉ですが、
いざ、これを試験に置き換えると、
大変、プレッシャーのかかるきつい言葉となります。


ボーダーライン
できるのことならば、縁遠い言葉であってほしいと思います。


が、しかし、現実的には、
毎年、宅建試験においては、
このボーダーライン上に位置する人が
必ずでてきます。


平成19年宅建試験後自己採点で、
各予備校の合格予想点より判断して、
自分がボーダーライン上にいると自覚され、
悩み苦しんでいた方へ、贈った言葉です。


−−−−−ここから−−−−−

「ボーダライン上で、心悩む宅建受験者の方へ、贈る言葉!」


ボーダーラインは、どうしても毎年発生します。

合格基準点が一定にならないので、
仕方のないことなのですが、
悲しいことに、多くの方が、該当することになります。


でも、ちょっと待ってください。

本当に、ボーダーラインにいたかどうかは、
合格発表時の合格基準点がわかるまでは、誰にもわかりません。
合格発表時に、初めてわかるのです。

現時点でのボーダーラインは、
推定点、予想点でのボーダーラインに過ぎないのです。


合格発表が終わってみれば、
ボーダーより3点上にいたなんてことは、
もちろん、あるのです。
3点上は、ボーダーライン上と言えるかどうか・・・

基準点の±1点、もしくは、±2点が、本当のボーダーだと思います。

現状のボーダーラインは、
自然現象で言えば、蜃気楼みたいな感じです。

実態が見えぬボーダーラインに、
異常におびえすぎ、食べれず、眠れずに、過ごすことは、
本当に気の毒なことです。


そこで、発想の転換をしてみませんか。

宅建試験では、本当に実力のある方が、
思わぬ展開で、ボーダーラインにすらかからずに、
無念な結果になることがあります。


そうです。
そうなんです。

ボーダーライン上に、現在いるあなたは、
逆に言えば、合格の可能性があるということのなのです。


私のことは、昨日、話しましたが、
ボーダーラインにすら、いませんでした。


それから、考えれば、ボーダーラインに今いるのです。
合格する可能性があるのです。

合格できるチャンスが残されているのです。


そのことを忘れないで下さい。

あなたには、合格する権利があるのです。


まだまだ、合格発表日までは、
日数が沢山あります。


自分を信じて、この1ヶ月ちょっとを過ごしてみてください。

どっしりと構えて、合格予想点を見守るつもりで。

不安になった時、
まずは、深呼吸しましょう。

そして、私のブログにある昨年の合格者のコメントを
読んで下さい。

きっと、元気が出ることと思います。

−−−−−ここまで−−−−−


いかがだったでしょうか?

現状では、当事者ではないので、
実感はしにくいとは思います。

しかし、いざ、ボーダライン上に自分自身が立つと、
本当に、辛い日々を過ごすことになります。

ボーダーライン上にたつ可能性は、
残念ながら、誰にもあります。

今、現在、素晴らしい実力があろうとも、
宅建試験本番で実力が発揮がされなければ、
ボーダ上にたつ可能性はあるのです。

でも、ボーダーラインに限りなくたたないで済む方法はあります。


それは、
今、頑張って、学習することです。
宅建試験本番に最高の成果をだせるように、
実力を着実にあげていくことです。

また、精神面、健康面でも充実させていくことです。


宅建試験本番まで、
まだ、長丁場です。


今、この時期に頑張る人が、
絶対優位であることには、かわりはありません。


学習が辛くなったとき、
何となく調子が出ない時、
自分自身に問いかけてください。

「ボーダライン上に、立つつもりか?」

ゴールデンウィークを直前にし、
中だるみしやすい時期です。

宅建の神様は、
頑張る人に必ず、微笑みを与えてくれると信じています。


人気ブログランキング参加中、今日も応援ポチお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、ポチをお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ