ブログネタ
平成20年宅建試験 に参加中!

いよいよ、後1ヶ月ちょっととなりました。

ここで、
私自身が受けた宅建試験を当時を、振り返ってみました。


私自身は、1999年の試験で、見事一発合格を果たしました。


私の場合は、学習期間3ヶ月の独学合格です。

まず、私が合格した1999年は、
受験者178,393人⇒合格者28,277人。
(合格率15.9%)

15.9%の数字だけを見ると、きつい印象を受けます。


でも、
良〜く考えてみてください。
考え方を変えれば、3万人近くの人が合格しているのです。
そうです。
100人でも1000人でもありません。
3万人です。

今年は、応募者だけでも、約22万人いますので、
合格者数は、もっと増えます。

他の難関資格からみれば、楽な合格率なのです。

そうです。
そんな合格率なので、
3ヶ月学習のあなたも、

たとえ、1ヶ月学習のあなたにも、
平等に、合格する可能性、
いや、権利があるのです。

1999年の合格点は、30点でした。

当時の宅建試験後の各予備校は、35点前後の予想点をだしていました。

しかし、30点だったのです。

試験問題と受験生の出来が複雑にからみあい、
その年の合格基準点が決まることになります。

ですから、今は、
合格点が何点になるかということは、考えないでいいですが、
頑張ったあなたには、合格するチャンスが舞い降りるのです。

今は、
36点以上を確保することだけを考えてください。

ただいま、私の奇跡の合格体験記を連載中です。


カテゴリー『合格体験記』はこちらへ。


人気ブログランキング参加中、目標宅建試験1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ