アウトプット学習のコツの3回目です。

前回に引き続き、民法のアウトプット学習のコツについて話します。

民法学習において、

・登場人物の相関関係を図に書くこと、
・3日に1回は、机やテーブルのある所で図を書くこと、
・過去問集の問題の余白に直接書くこと、
・問題分に○×をつけること。

を紹介しました。

これは、ある意味、最低限、問題を解く上で必要なことでもあります。


残念なことに、
Bランク、Cランクの問題となると、
図を書いてもわからない問題があります。

Bランクについては、
繰り返し学習していくしかありません。

が、有効な対策方法があります。

それは、どうするかと言うと・・・・


カードを作成してください。


よく間違う問題、苦手な問題等に作成してください。

よくわからない問題こそ、真価を発揮します。

カードの表に、問題文、相関関係の図、○×を書く。

カードの裏に、正解肢と説明、ポイントを書く。


カードは、持ち運べて、
電車の中等、細切れ時間にさっと取り出せる大きさにする。

カード1枚に、1つの問題とする。
(複数の問題を書かない。)


不得意の一つ一つを、攻略していきましょう。

不得意を普通に変える。
場合によっては、得意に変えることにより、
得意問題の項目を増やしましょう。

民法については、苦手にしている人が多いです。
私もそうでした。


でも、みんなが苦手だからこそ、
差を広げるチャンスであり、
苦手な民法を克服すれば、
多少、法令上の制限で失敗しても、
民法に救われる、なんてことになったりします。

普段は駄目なのに、
試験本番では、Cランクの問題を、なんなくとけたりするのです。

あなたも、不得意=苦手を得意に変えてみませんか?

こんなことができるのも宅建試験の民法ならではです。

もちろん、民法に深入りしないでくださいね。
宅建試験では、それ程、深い知識は要求されません。

民法が好きになった人は、試験後にじっくり取り組んでください。

今は、宅建試験に合格する知識で十分です。


人気ブログランキング参加中、目標宅建試験1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ