ブログネタ
平成20年宅建試験 に参加中!

ついに、運命の日がやってきましたね。
合格発表、先ほど、私も緊張して確認しました。

本日、自宅におられる方の中には、
早くも、合格証書を手にされている方もいることと思います。

合格基準点 33点

まずは、
33点以上で合格された方、
本当におめでとうございます。

日頃、頑張られた成果が発揮され、
見事、合格ゲットされましたね。

本当に、おめでとうございました。
私も、皆さんの合格の喜びの声を見て、
大変うれしいです。

本当に、本当におめでとうございました。


正直なところ、結果を見た後、
ここ3年の中では、一番悲しい気持ちになりました。

今年は、特に、思い入れが強かっただけに、
結果を見た後、しばらくの間、虚脱感につつまれました。

奇跡が一人でも多くの方に、
届いてほしいと祈っていましたが、本当に残念な結果でした。

合格率16.2%(昨年17.3%)、
合格者数33,946人(昨年36,203人)
いずれも昨年よりダウンで
合格者数は、平成18年に近い人数に、
合格率に至っては、平成16年をやや超える率に逆戻りしました。

増えてほしいと期待しただけに、
残念無念の結果でした。

今年の不動産適正取引推進機構さんの発表ページが、
昨年よりも更に、固く頑強に感じてしまいました。

国の施策や受験生全体の成績がわかるわけでもないので、
ただただ結果を受け入れるしかないのですが、
今の世の中、暗い話題が多い中、
宅建が希望を膨らます明るいニュースとなってほしかったです。

自己採点32点〜30点の方に、
最後まで、希望をもって最後の最後まで祈りをこめましたが、
予想の最上限の結果に終わってしまいました。


最後まで、
合格を諦めない輪で頑張ってくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

結果は分かれましたが、
最後まで諦めない、前向きな気持ちは、
今後の人生の中で、きっと大いにプラスになるはずです。

特に、32点、31点の方にとっては、
今の現実は、
がっかりされたり、
悔しくてたまらなかったり、
悲しくてたまらなかったり、
不幸な気持ちで一杯の方が多いと思いますが、
できることであれば、
今の気持ちを来年に向けての決意に変えてみてください。

一旦、宅建を完全白紙にし、
来年になってから、改めて考え直してみることも、
いいことだと思いますが、できるだけ決意だけは、
早くした方が、来年のあなたの大きなモチベーションにつながります。

今年、リベンジ合格された方の中には、
去年1点差、2点差で泣かれた方もいらっしゃいます。
本当に、今年の皆さん同様、
悲しい悔しい気持ちで一杯だったことと思います。
そんな状況の中から、
見事、今年、リベンジ合格を果たされています。

来年は、あなたの番です。

是非、今の悔しさを忘れずに、
今一度、来年へのチャレンジする気持ちを高めてみてください。


人気ブログランキング参加中、1ポチ良ければお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、1ポチ良ければお願いします!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ