ブログネタ
宅建試験 に参加中!

先週の宅建初受験の方へのメッセージに続き、
初受験を考えている方に向けて、
宅建資格について、
改めて紹介します。


いわゆる宅建資格とは、
宅地建物取引主任者資格のことになります。

宅地建物取引主任者を一言で表現すると、
不動産取引に関する法律問題のアドバイザーに、
なると思います。

宅建業者は、事務所の従業員として、5人に一人の割合で、
専任の取引主任者を置かなくてはいけません。
そのため、需要のある資格でもあります。
(将来的には、3人に一人に増えるという話も聞こえてきています)


主な仕事としては、
不動産の売買・交換、
売買・交換の仲介、
賃貸借の仲介があります。


そして、よく言われるのが、
宅地建物取引主任者しかできない業務があることです。

宅建学習をされた方にとっては、
よくわかっていることですね。

ここでは、あえて書きませんので、

以下の過去記事を参照してください。

宅建初受験の方へ☆宅建資格とは?』


一方、宅建資格を取られる方の中には、
実際には、不動産業務につかない方も多いと思います。

受験者の方の中には、
いろんな業界、業種でお仕事されている方もいます。
学生さんもいます。
(昨年の合格者の中には、15歳の方もいましたね)


そんな宅建について、
まずは、何たるかをよく理解し、
将来の展望についてもしっかりと考えてほしいと思います。

そこで、役立つ本があります。

去年も紹介しました。

宅建テキスト☆初心者は、宅建試験を知ることから?!』

にもかかれていますが、
平成21年版が発売されたので、
改めて紹介します。


その本の名は、ズバリ
宅建資格を取るまえに読む本〈2009年版〉 』です。

著者の方は、
海外生活ジャーナリストで、
ファイナンシャル・プランナーももたれいる方です。
そのためか、ファイナンシャル・プランナーの視点でも
書かれているので、他の宅建入門誌にはない、
庶民的な感覚を受け、好印象です。

とくに、
宅建資格をとっての将来的なことについても、
わかりやすく、マンガ・イラスト入りで紹介されています。

大変、見やすい本です。

いくつか、
項目をピックアップしてみます。

【仕事編】
・金融機関で役立つ(銀行編)
・コンビニ、ファミレスで役立つ
・独立・起業に役立つ
・賃料交渉ビジネスに役立つ

【プライベート編】
・家を建てる・購入するときに役立つ
・ 所得税を抑えるのに役立つ
・ 占いで役立つ

【不動産業界のトレンドを知ろう! 】
・データにみる不動産業界
・不動産投資ファンドに注目しよう!

【宅建プラスαでステップアップする! 】
・不動産鑑定士を取得してステップアップ
・コンサルティング系の分野にステップアップ


おまけもユニークですよ。

宅建ドラゴン桜
宅建はプリン!?
宅地建物取引業法は「整理の科目」
権利関係は「思考の科目」
法令上の制限は「アレンジの科目」
税・その他は「要領の科目」


宅建試験を受験しようか、
宅建試験をとっての先のことを考えたい方、

とっても、参考になる本です。

女性の方には、特に、必見です。


人気ブログランキング参加中、1ポチ良ければお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、1ポチ良ければお願いします!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ