ブログネタ
宅建学習 に参加中!

前回、宅建独学に向くかどうかを内的な要因から考えてみましたが、
今回は、外的な要因から考えてみたいと思います。

外的な要因として思いつくものを列記してみました。

・仕事有無(学生、社会人、自営業など)
・仕事の勤務体形(定時、フレックス、早出、遅出など)
・仕事の職種(内勤、外勤など)
・残業の有無
・通勤時間(30分未満、1時間、1時間30分、2時間など)
・通勤方法(電車、バス、自動車など)
・休み(完全週休2日など)
・昼食時間帯、昼食場所(会社の食堂、事務所、会議室、外食など)
・自宅での学習場所(自室の有り無し、リビングなど)
・家族の有無

上記のほかにも、いろいろと諸条件は考えられます。

そこで、例をつくり、考えてみました。
一つ目の例です。

(状況)
・社会人
・定時(9時〜18時)
・内勤、事務職
・残業は基本的になし
・通勤時間 30分
・電車通勤 乗り換えなし
・完全週休2日
・昼食は事務所 1時間
・自宅は、自室があり
・独身 家族と同居

\賁膤惺残務悗硫槌
 ・土曜日から日曜日に自宅から近いところで可能性あり。
 ・平日、勤務先に近いところ、または通勤途上で可能性あり。

通信講座、独学の場合の考えられる学習場所
 ・自室
 ・通勤時
 ・昼食後
 ・通勤時の会社近くのコーヒーショップなど
 ・仕事後の会社近くか、自宅近くのコーヒーショップなど

3惱環境をみての推定
 ・学習環境は、比較的めぐまれています。
  通学、通信、独学、どれも選択肢として考えることができます。


二つ目の例です。

(状況)
・社会人
・開始は9時、終了は不規則(平均21時頃)
・基本は外勤、営業職
・残業あり
・通勤時間 1時間30分
・電車通勤 乗り換えあり
・基本は週休二日、土日出勤あり
・昼食は外食、時間はまちまち
・自宅に自室なし
・世帯主、家族(妻と子供二人 幼稚園生と小学生)

\賁膤惺残務悗硫槌
 ・難しいと思います。

通信講座、独学の場合の考えられる学習場所
 ・子供が寝た後のリビング
 ・通勤時
 ・外出先の隙間時間(電車待ちのホーム、電車の中、顧客訪問の合間など)
 
3惱環境をみての推定
 ・学習環境は限られています。
  それだけに、意欲が薄れてくると学習時間が確保できない。
  集中できないなどで、効率、効果が低くなります。
  モチベーションの維持が大事です。
  
  通信にするか、独学にするか判断が分かれるところですが、
  テキスト・問題集の携帯性とテキストの分かりやすさが重要です。
  ちょっとした時間にぱっと広げて、理解や知識の積み重ねができる。


以上、二つの例をあげましたが、
あなたの外的な要因の組み合わせはさまざまです。

あなたのおかれている状況、これから10月までのおかれる状況を想定して、
考えてみてください。

次回は、一番大事な費用面で考えて見ます。


人気ブログランキング参加中、1ポチ良ければお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、1ポチ良ければお願いします!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ