ブログネタ
宅建試験 に参加中!

今日は、子供の日ですね。

ゴールデンウィーク中に、
宅建学習を頑張っているあなたに、
あなたのためにおくる講座の4回目(最終回)です。

最後は、宅建試験当日のことを考えてみます。

宅建試験において、
毎年、意外な問題、今まで見たこともない問題のスタイルと
出くわすことがあります。

昨年もそうでした。

予想もしない問題、不慣れな問題に右往左往し、
自分の実力を発揮しきれない方も出ます。

だからといって、難問、奇問ばかりを解いては駄目ですよ。
難問、奇問は、いくら解いても、
スタイルを変えてでれば、やはり新しい難問奇問の登場です。
難問、奇問に慣れはありません。


ここで、本日のアドバイスです。

難問、奇問マニアになるよりも、
基礎を固め、
どんな問題が出ても気持ちの上で負けない、
どうじない心構えを身につけることです。

表面は鎧(よろい)で固めていても、
よく読めば、よろいをゆっくりはずすヒントは隠されています。
4肢→2肢に絞りこむことは可能です。
2肢から、正解をたぐりよせるのは、
あなたの腕の見せ所です。

気持ちの上で負けない、
諦めない気持ちがあれば、
全部の難問はとれなくても、
そのうちの数問は、正解を導き出せるはずです。

あとは、Aランクの問題をしっかりととり、
Bランクもある程度おさえれば、合格しかありません。

実は、意外と、こういう問題を取りこぼすのです。

ゴルフで言えば、
ドライバーでのスーパーショットも1打ですが、
グリーン上でのパットも同じ1打です。

それならば、正解の確率の高いAランク、Bランクの問題を
しっかりと押さえるべきなのです。

これからの学習において、
このことを忘れずに取組んでください。

『基本問題をおろそかにすることなかれ!!』

これが、ゴールデンウィーク中に学習に頑張るあなたへの
最後のはなむけの言葉です。


人気ブログランキング参加中、宅建合格祈願1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、こちらも1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ