第7回目も、学習の続きです。

【Q26】子供が小さいので自宅で学習できません。どうすれば?
《A26》お子さんが寝た後に、学習時間をとるようにしてください。
     他には、通勤時での電車学習や、早めに通勤しての会社近くでの、
     ファミレス、ドトール等コーヒーショップの活用があります。
     学習場所は、工夫をすればいろいろ考えられると思います。
     詳しくは、以下の記事を参考にしてください。
     「宅建試験☆学習時間の確保の仕方について(電車学習編)
     「宅建試験☆学習時間の確保の仕方について(早朝学習編)
     「宅建試験☆学習時間の確保の仕方について(帰宅時学習編)
     「宅建試験☆学習時間の確保の仕方について(休日学習編)
     「宅建試験☆学習場所あれこれ。あなたのユニークな学習場所は?

<私の経験>
私がしたユニークな学習場所は、
宅建試験☆学習時間の確保の仕方について(平日自宅学習編)」を
参照してください。
工夫次第では、自分の学習しやすい場所が見つかるはずです。


【Q27】民法が苦手です。克服法は?
《A27》民法が得意な人は、宅建試験受験者の中では少ないと思います。
     民法が苦手で当たり前です。
     何回も繰り返し読めば読んでいくほど、段々と霧が晴れるように、
     それなりに、わかってくると思います。
     民法によって学習の第一歩が踏み出せないのなら、
     宅建業法からスタートするのも一手です。

<私の経験>
メルマガの方でもふれていますが、民法を含めた権利関係には、
私も苦戦をしいられました。
学習時だけでなく、試験時でもそうです。
今後のメルマガの中でも、苦戦の模様は、時折出てくると思います。
それだけに、当ブログに来て入る皆さんには、
好きになってとは言いませんが、合格レベルまで得点できるようには、
なってほしいと思います。
まだ、試験まで6ヶ月はあります。


人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ