宅建試験のテキストからの学習について、
あなたは、どんな読み方をされますか?

「黙読」。
電車の中なら、ほぼ100%、黙読になると思います。
目⇒通常の効果(1倍)
私も、電車の中では、間違いなく黙読です。

「黙読だけど、口は動かす」
黙読だけよりも、知識が定着しやすいと思います。
目+口⇒1.5倍の効果?
ただ、電車の中では注意しましょう!
(危ない人と間違えられないように)

「声に出して読む」
声に出すと、口は動くし、耳からも入るし、
一石三鳥です。
目+口+声+耳⇒3倍の効果?
ただ、電車の中でやらないで!
(間違いなく変な人になります)

「声に出しながら、手でポイントを書く」
手で書くことに、より知識が確実に定着します。
目+口+声+耳+手⇒4倍の効果?

マイク付ヘッドフォンで、
ヘッドフォンを通して、耳に知識を植え込む方法も効果的です。

テキストを読み上げるだけでも、
自然に耳で聞くよりも、耳に直接刺激を与える効果があります。
(私が高校時代の受験勉強でとっていた方法です。)
一度、試してみてください。

時と場所によって、
テキストの読み方は使い分ければ良いと思います。

インプット学習でいかに、効率よく、
知識を定着させるかが、その後のアウトプット学習を左右させます。

さあ、あなたは、どの読み方でスタートしますか?


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ