書店で偶然に遭遇した某法律系雑誌に釘付けになった私。

その内容とはいかに?・・・・・

《1999年の宅建試験について、試験終了後の予想では、
 基本的な問題が多かったため、合格点は高くなると思われていた。
 しかし、時間が経つにつれ、予想以上に苦戦した受験生が多い事が、
 わかってきた。マイナーな知識を問う問題が多かったためか?
 これにより、今年度の合格点予想は、30点。場合によっては、
 それ以下もありうるかもしれない》

えっ、、うそ?」

心の底から、体の中心から、
一気に、希望の光がメラメラと、
それも高速で、パットと灯りました。
まさに、その時の灯りは、一瞬にして東京ドーム全体いや、
東京都23区全体を一気に照らす灯りと言っても過言ではありませんでした。

地獄から天国に一直線。
ノンストップ新幹線です。

顔も自然にほころぶこと、ほころぶこと・・・
(きっと、周りにいた人にとっては、変な人に見えたに違いない)
しかし、その時の私には、周囲の目なんか気にならない。
むしろ、クルクルと廻りながら踊りたい気分でした。
まだ、合格と決まった訳ではないけれど。

相撲で言えば、土俵際からの一気の逆転の寄りきり。
野球で言えば、代打逆転さよなら満塁ホームラン。
サッカーで言えば、ロスタイムでの奇蹟の2点連続逆転ゴール!
駅伝で言えば、30人ごぼうぬき。
マラソンで言えば、30kmからの猛スパートでの逆転優勝。
ゴルフで言えば、最終日でのバーディラッシュでの大逆転・・・・

どんな表現を使っても、その時の私にはピッタリと言っても過言ではありません。

後は、12月1日の結果を待つのみとなりました。
しかも、前日までとは違って、大いなる期待を込めて・・!!

人気ブログランキング参加中、1クリックお願いしま〜す!
↓ ↓
人気blogランキングへ