ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建☆徒然なるままに復活版の第26話です。

今回のテーマは、「予想問題」です。

書店の宅建コーナーをみていると、
ポツポツとこの『宅建予想問題集』をみかけるようになりました。

予想問題・・・・・
何とも言えない魅力的な言葉ですね。

予想が100%当たれば・・・全問正解
予想が80%当たれば・・・合格圏内

でも、そんなにあたるわけはないですね。

過去的中率・・○○%
みかける言葉です。

的中とは、そのものズバリですから、
一つの肢があたっていたからといっても、
類似の問題だったとしても、ズバリ内容が一致していないと
予想があたったとはいえません。

ビジネスの世界では当たり前のことでも、
資格試験の世界ではまかり通っているのが摩訶不思議です。

そんな予想問題に、宅建試験の成否をかけますか?

宅建試験間際に電車の中などで、
問題を必死に解いている方を見かけます。

でも、使っているのが予想問題。
しかも、新品に近い状態・・・・
残念ながら合格は厳しいといわざるおえません。

予想は、悪までも予想です。

「当たるも八卦あたらぬも八卦」

その予想に、期待して、賭けることはいい選択とは言えません。

それよりも、過去問題、特に、Aクラス問題を繰り返し解くほうが、
効果は数倍、数十倍高いと言えます。

今年は、特に、試験問題配分変更により、
この予想問題が大きくクローズアップされ、
より一層魅力的に映ってくると思います。

予想の幻覚にまどわされないでくださいね。


予想問題の使い方は、使いようによっては役にたちます。
その使い道は、ときどき記事の中で書いていたりします。

お見逃しなく・・・

予想問題に安易に飛びつく!!

これだけは絶対に避けてください。

一発合格するための鉄則です。


人気ブログランキング参加中、宅建合格祈願1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、こちらも1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ