ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建☆徒然なるままに復活版の第29話です。

今回のテーマは、「法令上の制限は現場学習」です。


私がいる技術の世界では、
よく、「真実は現場にある」とか、
「現場で考えてこそ、真に使えるものができる」とか
言われたりします。

幾ら数式を駆使して設計しても、
机上の計算では計りしえないことがあります。

現場で実際に実機を組立、検証していると、
いろいろと机上では目にみえなかったことが、
みえるようになります。

大学で建築の専攻をしている時も、
大工の立場に立って設計できない設計者は、
真の1級建築士とはいえないと教授から教えられました。

時々、仕上がりの汚い建築物を見たりしますが、
そのとき、教授の言葉を思い出します。


さて、本題にもどします。

法令上の制限は、用語や数値だらけです。

単に暗記だけにとらわれてしまうと、
宅建試験本番において、そこまではしっかりと覚えた数値も、
20だったっけ、30だったたっけと突然、
数値の記憶があやふやになることがあります。

折角の正解できる1点を取りこぼす結果となりかねません。

法令上の制限の用語は、街にあふれています。

街にある実物をみて、用語の意味や数値をあてはめていくと、
よく理解できますし、数値も忘れにくくなります。

街のイメージが数値と連動した記憶になっているため、
街のイメージを思い出すだけで、自然と数値が思い浮かびます。

ぜひ、実行してみてください。

昨年も一昨年も街の対象物と照らし合わせて学習し、
効果をあげた方がいます。

きっと、あなたも法令上の制限が好きになるはずです。

知識は、街にあり。

現場は、学習の宝庫です。


人気ブログランキング参加中、必勝!宅建合格1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、祈願!宅建合格1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ