ブログネタ
宅建試験 に参加中!

今日から、連続3日間で、
宅建試験自己採点35点、34点、そして33点の方へ、
贈る言葉をおおくりします。


35点〜33点は、
ボーダーライン上の点数ですが、
現時点では、当ブログの指針は、
最後まで合格の可能性を信じて前へ進むことです。


既に、新しい資格を目差して進みはじめている方もいます。
これはこれで、大事なことなので、
受けるからには合格する意気込みで取組んでください。

私自信も、宅建受験後、簿記3級受験を決意し、
受験しました。
ただし、主目的は簿記をとりたいというよりも、
宅建のあまりの自己採点のふがいなさを忘れるべく、
何かの学習に集中したい気持ちからでした。


今、他の資格をめざれているあなたはどうでしょうか?


前述したように、受けるからには合格してくださいね。

学習の途中で宅建のことが気になり、
不安に感じた時、このブログが少しでも、その手助けとなり、
モチベーション維持につながればと思います。


さて、話を戻します。

毎年思うことは、
不幸にもボーダーライン上にこられた方は、
なかなか、そう簡単に割り切れるものではないということです。


日頃の模試は良かったのに本番が・・・・
過去問を何回転もして解けてたのに・・・・
普段の実力を発揮できなかった・・・・
そして、最後まで、自分なりに一生懸命頑張ったのに・・・・

やはり、諦めきれないと思います。


可能性は現在の自己採点の状況によって違いますが、
それぞれの思いをもって、合格発表日まで進みましょう。


さて、贈る言葉です。

まずは、35点からのスタートです。


【自己採点35点の方へ贈る言葉】

自己採点35点。

各学校、各宅建関連サイトでは、
合格予想範囲に多くのところが入れられています。

期待が十分に持てる点数だと思います。


ただ、仕事をしている時や何かをしている時は大丈夫でも、
ふとしたことで不安が訪れる時があります。

そこは人間です。

・まさか、36点になったりしないだろうか?
・あの問題のマーク、本当に大丈夫?
・マークミス、やっぱりないかな?・・・

不安は、考えれば考えるほど、増殖していきます。


36点になる可能性、絶対にないとは言えませんが、
複数正解肢はないと自信をもって書かれている講師の方もいます。

ですから、必要以上に不安に思うことはやめましょう。


マークシートに関しては、心配する方ほど、
不安に思う方ほど、
自己防衛がしっかりなされているので、
マークに関するミスは、まず考えにくいと思います。

マークに関する不安も忘れましょう。

あなたの点数は、まぎれもなく35点だと思います。


35点。


間違いありません。


大いに希望の持てる点数です。

自信を持って、合格する日を待ちましょう。

35点をとったあなたは、合格するしかない人です。

合格を固く信じましょう。
そんなあなたに、12月2日、
間違いなく、吉報がおとずれることを信じます。


祈願!宅建合格を信じる1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


ダブル祈願!!宅建合格を諦めない1クリックお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村