ブログネタ
宅建試験 に参加中!

先週、心の友パート1を書きました。

今回は、パート2になります。


私自身の宅建試験受験体験については、
もう既に読まれた方も多いかと思います。


その時の宅建学習、受験、受験後は、
完全に孤独との戦いでした。

そして、惨憺(さんたん)たる結果だったため、
皆さんと同じように思い悩む結果となりました。

実際には、宅建結果からの不安を追い払うべく、
簿記受験を決意し、意図的に、なかば無理やりに、
簿記学習に自分の目を向けさせたことになります。


でも、ふとした時に、
無念だった結果の後悔の気持ちが押し寄せてくるのでした。


最終的には、それを乗り越えての合格があるわけですから、
皆さんの今の心境を理解して書いているわけです。


私が受験した当時は、
もちろん、ブログというものは存在せず、
メーリングリストや、パソコン通信のフォーラムに入ってなければ、
コミュニケーションはとりずらい時代にありました。

こと宅建に関しては、そういうものを利用していませんでしたので、
受験後も完全に孤立状態で、
悶々とした日は長く続いた形になりました。


さて、
私の心の友としての原点はどこにあるのか?


あらためて、考えてみました。


それは、
大学時代のラジオの深夜放送です。

大学では、建築が専攻だったため、
深夜、製図をしていました。

また、一夜漬けも大得意だったので、
試験前、夜遅くまで学習をしていました。

集中してやるわけですが、
深夜ですので、それも限界があります。

次第と眠くなりますし、ヤル気も段々となくなってきます。

そんな時、私に元気を与えてくれたのが、
AMラジオの深夜放送です。

そのラジオからのパーソナリティの声に元気をもらい、
眠気を取り払い、作業を続けました。

オールナイトニッポンの中島みゆきさん、
松山千春さん、長渕剛さん(当時は、二部の放送)などを
よく聞いていました。


随分と当時は、学習の支えになっていたと思います。


今はネット社会ですが、
それ故、情報が氾濫しています。

その情報に一喜一憂することなく、
できるだけ、冷静な目で推移をみていただきたいと思います。


心の友として、
これからが正念場の時期を迎えます。

現状では、動きはないだけに、
それだけに、不安な気持ちが増殖されてきます。

過去記事の中には、それぞれの年の受験生の気持ちがコメントで
つづられています。

不安な気持ちになったときは、
同じ経験をされた先輩諸氏の当時のコメントを読まれては
いかがでしょうか?

救われる場面もあると思います。


心の友として、
私も、12月2日合格発表の日まで、
エールを贈り続けたいと思っています。


祈願!宅建合格を信じる1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


ダブル祈願!!宅建合格を諦めない1クリックお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村