ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建について考える場合、気になることがあります。

それは、過去のデータです。

合格率合格点はテキストなどに載っていますが、
状況については書かれていないので、気になるところです。

そこで、当ブログ開設後の平成18年度までの4年間の概略状況を
振り返ってみます。

【平成21年度】
 ○合格率:17.9%
 ○合格点:33点

平成21年度は、疑義問題が2問発生し、
平成18年度の出来事の再来か?(複数の正解)
とも思われると同時に、合格点については、
上がることが予想されていました。
結果は、合格率が大幅にあがったこともあり、
前年同様の合格点となりました。

33点の方は奇跡を信じていた方もいたと思います。
見事、その願いがかないました。


【平成20年度】
 ○合格率:16.2%
 ○合格点:33点

想定外の問題が出たこともあり苦戦された方が多かったことと、
自己採点は、自分の感覚よりも得点できていたこともあり、
予想は割れました。
32点以下の希望は届かず、33点で決着しました。
合格率は、前年より落ちました。


【平成19年度】
 ○合格率:17.3%
 ○合格点:35点

試験終了直後は、
合格点が36点、37点になるとも噂されました。
結果は35点でした。
合格率は、平成18年度とほぼ横ばいです。


【平成18年度】
 ○合格率:17.1%
 ○合格点:34点

平成18年は、問49を中心に没問問題が活発化しました。
最終的には、問49が2肢正解の結果となりました。
これにより、自己採点33点の中で、34点となり、
見事、合格された方も多くでました。
この時の33点の方にとっては、
本当に、頭が重い日々だったことと思います。
(そんなこともあり、カテゴリーの中に「49問目横丁」を開設しています)


平成元年まで一気にさかのぼってみます。

【平成17年度】
 ○合格率:17.3%
 ○合格点:33点

【平成16年度】
 ○合格率:15.9%
 ○合格点:32点

【平成15年度】
 ○合格率:15.3%
 ○合格点:35点

【平成14年度】
 ○合格率:17.3%
 ○合格点:36点

【平成13年度】
 ○合格率:15.3%
 ○合格点:34点

【平成12年度】
 ○合格率:15.4%
 ○合格点:30点

【平成11年度】
 ○合格率:15.9%
 ○合格点:30点

【平成10年度】
 ○合格率:13.9%
 ○合格点:30点

【平成9年度】
 ○合格率:14.1%
 ○合格点:34点

【平成8年度】
 ○合格率:14.7%
 ○合格点:32点

【平成7年度】
 ○合格率:13.9%
 ○合格点:28点

【平成6年度】
 ○合格率:15.1%
 ○合格点:33点

【平成5年度】
 ○合格率:14.4%
 ○合格点:33点

【平成4年度】
 ○合格率:16%
 ○合格点:32点

【平成3年度】
 ○合格率:14%
 ○合格点:34点

【平成2年度】
 ○合格率:12.9%
 ○合格点:26点

【平成元年度】
 ○合格率:14.9%
 ○合格点:33点


合格率は、12.9%から17.9%の間で推移しています。
12%と13%台は、平成年間では3度だけで、
いずれも、平成10年度以前となります。

平成17年〜19年は、17%前半台で推移していましたが、
平成20年、16%まで久しぶりに落ちましたが、
昨年は逆に17.9%まで跳ね上がりました。

17.9%がいかに高い合格率だったがわかります。


合格点は、平成2年の26点、平成7年の28点を除くと、
30点〜36点の間で推移しています。
平成16年から19年まで1点づつ合格点がアップしましたが、
平成20年には、ついにダウンとなり、平成21年はよこばいとなりました。


平成22年は、今のところどうなるかはわかりません。

平成21年には、試験問題の配分変更があり、
合格点のアップが予想されましたが、
合格率アップもあり、合格点は前年と同じ結果となりました。

平成元年〜18年のグラフ推移」は、こちらも参照ください。


宅建合格、そしてFP他の資格合格を目指して1クリックお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


心の友・心の仲間そしてこのブログへの応援クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村