ブログネタ
宅建試験 に参加中!

過去、毎週日曜日に連載していたコーナーがあります。

それは、
「宅建試験について感じること☆徒然なるままに」
になります。

全27回。

タイトルをいくつかピックアップしてみますと、

自分自身を知ることについて

合格発表の瞬間について

学習期間の孤独感克服について

テキストの状態について

直観力について


どれもこれも私の思うままに徒然に書いていますが、
宅建受験にあたっての内容が盛り込まれています。

内容的には、是非、必読してほしい内容です。

宅建試験を受ける心構え、モチベーションの維持につながると
思います。


上記のシリーズが終わった翌年に、
宅建☆徒然なるままに」を再シリーズとして、
内容を全面的にあらためて連載しました。

こちらは、全40回になりました。


主要な回をピックアップしてみますと。

感謝の気持ち

幸せになる

逆転の発想

卒業

未見の我

不安

宅建主任者の必要性

秘策

得意と不得意分野

できる人、できない人


こうして、あらためて各内容を読み返してみると、
宅建という切口にはなっていますが、
宅建の範囲ではくくれない内容だと思います。

宅建という狭い範囲に狭まらず、
大きい視野で考えてほしい。
そんな気持ちがこめられています。

合理的に考えることは必要な面はありますが、
是非、理想は捨てないでほしいですね。

特に、今は女性の方に夢があり、
男性の方が現実的になっているような気もします。


ちょうとNHK大河ドラマでは、
幕末の坂本龍馬をやっていますが、
福山さんの魅力に惹かれるだけでなく、
その時代の背景、感情、思い、理想など、
物語を軸にしてのトータルな側面からみてほしいと思います。

幕末は、理想の宝庫だと感じます。


徒然なるままには、今現在は連載していませんが、
宅建受験を志すかたには、
是非、暇をみてカテゴリー内の全記事を読まれることを勧めます。


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


心の友・心の仲間そしてこのブログへの応援クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村