ブログネタ
宅建試験 に参加中!
[宅建] ブログ村キーワード

平成22年宅建試験の実施内容が、ついに6月4日に公告されましたね。

当初の予定通り、変更はないと思われます。

主要なところを紹介します。


成22年度宅地建物取引主任者資格試験


◎受験申込書の受付け期間

(インターネット)
平成22年7月1日(木)9時30分〜7月15日(木)21時59分
 
 ※ インターネット申込みでは、試験会場を事前に指定することができます。
先着順の会場指定
 
(郵 送)
平成22年7月1日(木)〜8月2日(月)
 
 ※ 都道府県によっては、希望試験会場を選択することができるところもあります。
先着順の会場指定
 
 ※ 郵送の場合、簡易書留郵便で発送されたものであり、
消印が上記期間中のもののみ受付けられます。

 
◎試験案内配布期間、場所等

試験案内書の配布期間は、平成22年7月1日(木)〜8月2日(月)

配布場所は、こちら
 
 ※ 平成19年度から、顔写真のサイズがパスポート申請用サイズ
(縦45ミリメートル、横35ミリメートル、
頭頂から顎までが長さ32ミリメートル以上36ミリメートル以下)
に変更されています。
 
◎受験手数料 7,000円
 
◎試験日時 平成22年10月17日(日)13時〜15時まで(2時間)
 
 ※ 登録講習修了者は、13時10分〜15時まで(1時間50分)。

 ※ 試験時間中の途中退出はできません。
途中退出された方は棄権又は不正受験とみなされます。
 
◎合格発表 平成22年12月1日(水)
 

◎試験の出題範囲の変更

平成22年度から、
「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に関する法律」
(平成19年法律第66号)が、宅地建物取引業法施行規則第8条第7
  号に定める
”宅地建物取引業法及び同法の関係法令”に該当する法令として、
出題の対象になります。


ちなみに、東京都の協力機関である(財)東京都防災・建築まちづくりセンターからもピックアップします。


◎申込書(試験案内)の配布
(1)配布期間 平成22年7月1日(木)〜8月2日(月)
(2)配布場所 ・多摩地区の各市役所・町村役場
・島しょ地区の各支庁・町村役場・支所
指定の書店はこちら
(紀伊国屋、三省堂、丸善、ジュンク堂、有隣堂、
ブックファースト、文教堂など)
・(財)東京都防災・建築まちづくりセンター
/シオノギ渋谷ビル8階
営業時間 9:00〜17:00(土日祝日休)

◎試験会場  試験会場は7月1日(木)午前9時30分からホームページに掲載します。
 
*財団法人 不動産適正取引推進機構へのアクセスは
7月1日(木)午前9時30分からとなりますのでご注意下さい。

*試験会場の一覧表から(7/1から公表)第5希望まで選択できます。
     〔登録講習修了者は第4希望まで〕
なお、一旦申し込まれた試験会場の変更は出来ません。

*先着順で指定していきますので、定員を上回った時は別の試験会場
(未定)を当方で割り振らせて頂きますのであらかじめご了承ください。

*追加会場は掲載されません。

 
こうやって、申込方法や注意点を読んでいると、
今年も宅建試験が始まるのだなという実感が沸いてきます。

このブログにとって、5回目の宅建試験を迎えることになりますが、
緊張感がでてくることにはかわりはありません。

申込手続きは、先手先手でやってくださいね。

早めの応募であれば、修正はききます。

土壇場であれば、もちろん間に合いません。

決して、私のように最終日にはしないようにしてくださいね。

申込ができなかったら、もちろん受験できません。

申込の詳細は、7月1日にアップされますので、
インターネットにしろ、郵送にしろ、早めにですよ。

特に、インターネットの方は急いだ方がいいですよ。
希望する受験会場で受けられる方がいいに決まっています。

自宅から近いこと。
これ鉄則ですね。

読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村