ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建通学講座を考えている方、
今回は、TACについて紹介します。

TACと言えば、駅に近いと印象が強いです。

通学する場合において、
駅に近いというのは大事な要素です。

特に、平日、仕事後に通う場合がそういえると思います。

そんなTACについて、まずは、受講された方の声を紹介します。


1.受講期間:平成21年4月〜平成21年10月

2.受講講座:週1マスター本科生(2時間半/1回)

3.受講してよかったこと:
  とにかく週1回学校へ行くという習慣になった。
  自習室が使えたこと。
  生講義なので、疑問点を先生に聞くことが出来たこと。


4.受講して感じたこと:
  学校へ行っていても自分で勉強しなければダメ。
  いろいろな理由があるとは思いますが、
  途中で来なくなってしまった方もいらっしゃいます。

5.平成23年受験生へのアドバイス:
  私は、結果1番得点が出来たのが宅建業法でした。
  宅建業法は得点源だと思いますので、
  がんばって勉強してください。
  6回目しかも年齢的に覚える能力も衰えてきた私でも
  受かったのですから大丈夫です。
  自分を信じて、1日少しずつでも勉強する習慣をつけてください。


情報をいただいた方、ありがとうございました。

通学の最大のメリットは、
上記にも書かれていますが、学習を継続する習慣がつきやすいこと。
そして、わからないことはすぐに聞けることにあります。


TACの一番人気といえば、このコースです。

【総合本科生】

量・時間ともにほどよいコースです。
限られた時間でムリ・ムダなく学習することができます。
このコースは、約半年間、週2回ペースで学習できます。


・カリキュラム 全45回

 基本講義 26回
 基礎答練 4回
 解法テクニック 3回
 応用答練 3回
 直前対策講義 4回
 直前答練 4回
 全国公開模試 1回


教材の内容は、
◇基本テキスト(4冊)
◇トレーニング(4冊)
◇ミニテスト(26回分)
◇基礎答練問題・解答冊子(4回分)
◇解法テクニック講義レジュメ問題編・解析編(各3冊)
◇応用答練問題・解答冊子(3回分)
◇直前答練問題・解答冊子(4回分)
◇直前対策講義レジュメ(1冊)
◇全国公開模試問題・解答冊子
◇法律改正点レジュメ(1冊)
◇受講ガイド(1冊)
◇オリエンテーションブック(1冊)


気になる費用は、
通学の場合は、教室講義・DVD講座で130,000円。

通信の場合は、WEB講座・ダウンロード講座・カセット通信で
130,000円、DVD通信で139,000円です。

WEBフォローをプラスすると +18,000円。

教育訓練給付制度指定コースにもなっています。


TAC講座のフォロー面はどうでしょうか?

(教室講座のフォロー)

 ・振替受講制度
  仕事や大学の都合などで通常のクラスに出席できないときは、
  他のクラスの同一講義に振替えて出席できます。

 ・テープレクチャー制度
  欠席した授業を自宅でフォロー。これがテープレクチャー制度です。
  カセットテープと講義録(板書)を無料で借りられますので、
  実際に授業に出席したのと同じ効果が得られます。

 ・カセットダビングサービス
  テープレクチャー制度で借りた講義カセットを、
  TAC受付備置の高速ダビング機でコピーすることができます。

 ・ビデオ(DVD)フォロー制度(有料)
  欠席された講義を、TACのビデオブースにてフォローすることができ
  ます。
   (要予約、有料\500/1講義)

 ・重複受講制度
  カセットダビングサービスによる重複受講もOK!
  1回出席した講義を再度受講したい場合、
  振替受講制度同様校舎に関係なく別クラスで再度受講できます。
  手数料・手続き等は不要です。

 
(ビデオ(DVD)講座のフォロー制度)

 休みの日は自宅近くのTACで受講したい! 
 そんな方のためのフォローです。

 ・振替受講制度 講義録つき
  校舎間で自由に振替えて受講できます。
  平日は会社・大学の近くで、休日は自宅近くの校舎で受講するなど、
  フレキシブルに受講できます。


(教室・ビデオ(DVD)講座 共通のフォロー制度)
 講義を好きな時に何度でも受講できる!
 大人気のフォロー制度[有料サービス]
 
 
通学講座で受講される同一コースの授業をWeb通信・ダウンロード
通信でフォロー受講できるシステムです。
授業の復習・要点整理・弱点補強や欠席フォローに活用いただけます。 

・自習室
 授業の予習・復習をしたくても、家ではなかなかできないもの。
 授業等で使用していない教室を自習室として開放しています。

・i-support
 インターネットを用いたフォロー制度。
 メールでの質問や受講生同士の会話が楽しめる掲示板など、
 双方向のコミュニケーション学習が可能です。
 また、よくある質問のデータベースや最新試験情報など、
 役立つ情報をいち早くキャッチすることができます。


結構、いたせりつくせりの対応です。

自宅近くや通勤経路上や勤務先近くにTACがある方、
是非、検討の一つに入れてみてください。

また、ない方でも通信講座もありますので、
考えてみてください。

いずれにしても、まずは、資料請求からです。

宅地建物取引主任者の資格をとってスキルUP!資格の学校TAC

ブログ応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気blogランキングへ


こちらもブログ応援1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村