ブログネタ
宅建試験 に参加中!

福島原発については、大変気になるところですが、
テレビだけの情報に一元化せず、
新聞、ネットなど複合的にみて、
その中から自分が正しいと思える情報、
今後必要になる情報だけをピックアップして、
紙にプリントアウトして、
緊急用に小型のノート(B5以下)や手帳に貼り付けて
持ち歩くことをお勧めします。

i−padやi−podや携帯電話などのお気に入りにいれても、
いざ肝心なときに見れないでは役に立ちません。

紙の方がいざという時にスピーディーにみれる可能性が高いと思います。


さて、宅建の話題に戻します。

久々に通信講座・通学講座の話題になります。


どこか活用され始めた方はいますか?

通信の定番、
ユーキャンどうですか?


最大手予備校、
LECはいかがでしょうか?


大原、TACなど選択された方はいますか?


関東圏での今の状況を考えた場合、
通学よりも通信の方が利用の確実性からみると
いいのかもしれません。

特に、給付金制度を使う場合、
通学での出席が交通機関の影響でできない場合、
どうなるのかが心配になります。

そのあたり、予備校側ではしっかりと受講生の方に
事前に説明してほしいと思います。


一方、通信といえども、添削関連は地域によっては郵便配達状況が
悪くなっていたり、配達されないところもあると思います。


このあたりも、ホームページなどで告知されていないところは、
告知してほしいと思います。


ここで、各予備校のポイントだけをまとめてみます。


【ユーキャン】

ユーキャン通信講座の人気の秘密は、
試験の出題範囲の合格ラインをカバーした教材内容にあります。

徹底的にムダを省いた教材!
市販の参考書に比べて、ビックリするほど薄い!

とにかく、全く初めての方もよくわかるようにしています。

なじみの薄い法律用語もかみ砕いて説明されています。

内容的には、初心者を意識したものなので、
リベンジされる方が初めて使用するときは、
物足りなく感じる方もいるかもしれません。

学習初心者の方にとって、
また、初回学習が不十分な方にとって、利用価値の高い教材だと思います。

理解と徹底しての繰り返し学習を組み合わせていけば、
効果が出るのではないかと思います。

テキストと一緒に添付されてくるのが、DVD合格ナビです。
初心者にとっては、宅建試験の全容や攻略のコツ、
学習方法などが早わかりできます。

文章よりもDVDはわかりやすいですね。
イメージを膨らませやすいです。

合格ナビのほかにDVDは、科目別ガイダンスとしても
利用されています。(別途3巻)

また、隙間学習、電車での耳学習に適したCDも16巻ついています。
初心者にいたせりつくせりの内容です。

フォローアップは、、学習者のペースで添削指導(8回)

そんなトータル的にまとまったユーキャンの費用は、

【宅地建物取引主任者受験講座】
  ○費用 一括 54,000円
      分割 3,900円×14回払い=54,600円

標準学習期間は6ヵ月、添削回数は8回(模擬試験2回を含む)です。

教育訓練給付制度を利用すれば、
学費の20%が戻ります。
(該当するかどうかは、事前に確認してください)

ユーキャンの宅建取引主任者講座


【LEC】

【パーフェクト合格フルコース】

インプットに比重を置いたシンプルなコースです。

「スーパー合格講座」で知識を習得し、
「マスター演習講座」で解法テクニックを磨いていきます。

これに、別途自分で、出る順ウォーク問を買い足して、
過去問のアウトプット学習を徹底していくことも大きな力に
なると思います。

もちろん、定番全日本宅建公開模試、ファイナル模試も
ついています。

コースは、全48回です。

費用は、
スタンダードWEB+音声ダウンロードタイプ【模試会場受験(Web解説)】で、
107,000円。

通学は、プラス17,000円です。

給付金が利用できる方にとっては、費用が20%戻ってきますので、
実質の負担は少なくなります。

但し、一定の基準を満たさないと給付金がおりなくなるので、
注意してください。

LECの宅地建物取引主任者講座


【大原】

宅建受験後の感想を見ていると、
意外と多いのが、大原の講座を受講された満足感の声です。

(完全合格週2コース )

講座の特徴は、 
 
・週2回のゆとりある学習ペースで学べる!
・基礎からしっかり学習するので初学者も安心!
・クラス数が多いから振替受講がしやすい!
・週2回のペースで学ぶこのコースは、1回分の学習量が比較的少なく、
 着実に知識を積み重ねていくことができます。
 宅建主任者試験合格に必要な知識を基礎からしっかり学べる
 大原人気No.1のコースです。
・全46回
・受講期間 4ヵ月〜6ヵ月

 
気になる受講料は、
教室通学(4月入学)、 映像通学、Web通信
130,000円

教室通学(5・6月入学)
120,000円


※大原グループの通学講座(教室通学・映像通学)に初めて入学される方は、
 受講料の他に入学金6,000円(消費税込)が必要となります。
 (通信講座は不要)

★お得な割引制度有ります。
 
大原の万全のサポートシステムも見逃せません。

・振替出席制度 
 同一カリキュラムのクラスを、
 午前・午後・夜・土曜・日曜等数多く設定しています。
 都合により申込クラスに出席できないときでも別のクラス
 (同一開講月のクラス)ヘ出席することができます。
 
・自習室 
 大原では、受講生の方の学習環境を整えるため、
 一部の教室を自習室として開放しています。
 「講義の後すぐに復習したい」
 「自宅ではなかなか集中できない」、
 そのような時にメリットがでます。

・転校制度 
 転勤などによりやむなく通学できなくなっても、
 転居先近くの大原グループで受講が続けられます。
 
・重複受講制度 
「授業中、聞き逃してしまったらどうしよう。」と
 不安に思われる方もいますね。
 そんな時、これが便利です。
 大原ではお申し込みをした受講期間内(同一開講月のクラス)であれば
  一度出席した講義を無料で受講することができます。
 
・途中入学対応 
 開講日以降に入学しても大丈夫です。
 既経過分の講義を音声(MP3)などにより無料受講することができま
  す。

・欠席フォロー 
 やむを得ず欠席してしまった場合には、
 講義の内容を収録した音声(無料)または映像(有料・予約制)での
 補講が可能です。

・教室聴講制度 
「慣れるためにも本番前に教室受験を経験したい!」
「緊張感のある中で模擬試験を解きたい!」そんな声に答えるべく、
 大原では映像通学生・通信生が模擬試験等を教室(教室通学)で
 受験できる制度を用意しています。
 通信生は、分野別演習・模擬試験の他、講義も自由に参加いただけま
  す。
 (通信生の参加可能回数はコースによって異なります。)
 

宅建講座【資格の大原】


【TAC】

TACと言えば、駅に近いと印象が強いです。

(総合本科生)

量・時間ともにほどよいコースです。
限られた時間でムリ・ムダなく学習することができます。
このコースは、約半年間、週2回ペースで学習できます。


・カリキュラム 全45回

 基本講義 26回
 基礎答練 4回
 解法テクニック 3回
 応用答練 3回
 直前対策講義 4回
 直前答練 4回
 全国公開模試 1回


教材の内容は、
◇基本テキスト(4冊)
◇トレーニング(4冊)
◇ミニテスト(26回分)
◇基礎答練問題・解答冊子(4回分)
◇解法テクニック講義レジュメ問題編・解析編(各3冊)
◇応用答練問題・解答冊子(3回分)
◇直前答練問題・解答冊子(4回分)
◇直前対策講義レジュメ(1冊)
◇全国公開模試問題・解答冊子
◇法律改正点レジュメ(1冊)
◇受講ガイド(1冊)
◇オリエンテーションブック(1冊)


気になる費用は、
通学の場合は、教室講義・DVD講座で130,000円。

通信の場合は、WEB講座・ダウンロード講座・カセット通信で
130,000円、DVD通信で139,000円です。

WEBフォローをプラスすると +18,000円。

教育訓練給付制度指定コースにもなっています。

(教室講座のフォロー)

 ・振替受講制度
  仕事や大学の都合などで通常のクラスに出席できないときは、
  他のクラスの同一講義に振替えて出席できます。

 ・テープレクチャー制度
  欠席した授業を自宅でフォロー。これがテープレクチャー制度です。
  カセットテープと講義録(板書)を無料で借りられますので、
  実際に授業に出席したのと同じ効果が得られます。

 ・カセットダビングサービス
  テープレクチャー制度で借りた講義カセットを、
  TAC受付備置の高速ダビング機でコピーすることができます。

 ・ビデオ(DVD)フォロー制度(有料)
  欠席された講義を、TACのビデオブースにてフォローすることができ
  ます。
   (要予約、有料\500/1講義)

 ・重複受講制度
  カセットダビングサービスによる重複受講もOK!
  1回出席した講義を再度受講したい場合、
  振替受講制度同様校舎に関係なく別クラスで再度受講できます。
  手数料・手続き等は不要です。

 
(ビデオ(DVD)講座のフォロー制度)

 休みの日は自宅近くのTACで受講したい! 
 そんな方のためのフォローです。

 ・振替受講制度 講義録つき
  校舎間で自由に振替えて受講できます。
  平日は会社・大学の近くで、休日は自宅近くの校舎で受講するなど、
  フレキシブルに受講できます。

(教室・ビデオ(DVD)講座 共通のフォロー制度)
 講義を好きな時に何度でも受講できる!
 大人気のフォロー制度[有料サービス]
 
通学講座で受講される同一コースの授業をWeb通信・ダウンロード
通信でフォロー受講できるシステムです。
授業の復習・要点整理・弱点補強や欠席フォローに活用いただけます。

・自習室
 授業の予習・復習をしたくても、家ではなかなかできないもの。
 授業等で使用していない教室を自習室として開放しています。

・i-support
 インターネットを用いたフォロー制度。
 メールでの質問や受講生同士の会話が楽しめる掲示板など、
 双方向のコミュニケーション学習が可能です。
 また、よくある質問のデータベースや最新試験情報など、
 役立つ情報をいち早くキャッチすることができます。


いたせりつくせりの対応です。

自宅近くや通勤経路上や勤務先近くにTACがある方、
是非、検討の一つに入れてみてください。

宅地建物取引主任者の資格をとってスキルUP。仕事幅も広がる!資格の学校TAC

 

ブログ応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気blogランキングへ


こちらもブログ応援1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

新規ランキング参加しました。応援1ポチよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓