ブログネタ
宅建試験 に参加中!

今回のテーマは、常識の裏側にヒントになります。

昨年の「資格合格マインド徒然なるままに」の第15回で書いた
記事になります。


昨年の記事から抜粋します。

・・ここから・・

〇『常識の裏側にヒント』


私達は、一定の常識をもっていますし、
一定の常識に成り立っての行動をするため、
一定の常識にしばられたりします。


常識は常識であり、
物事を考える上でのベース、
人付き合いでの基本になるので、
それはそれで大切なことです。


常識ある行動である限りは、無難であるともいえます。


でも、ある新しいことを始める、
新しいことを発見する、
新しいものを作る、
新しいものを考える場合、
一定の常識がしばりとなり、
その範囲から逸脱できないもどかしさがあります。


宅建学習において、
一定の常識にとらわれてやれば、
それなりに成果が見込めます。


宅建合格だけを考えるのなら、それでもいいのかもしれません。


でも、あなた自身が一段高いレベルにステップアップを考えるなら、
常識にとらわれない自由な発想が必要になります。

その新規性の高い発想は、
意外と常識の裏側にヒントが隠されていたりします。


一度、自分の常識のふたをあけ、底をのぞいていませんか?


常識が詰まっている器の下をみてみませんか?


特に、現状に行き詰っている時に、
この考えは必要になります。


例えば、宅建学習の講座を受けています。

講師に教えられたとおりにやってはいるのだけど、
やっている成果の実感がない。

素直になれない人。

人とおなじことだけでは我慢できない性分。


そんな人ほど、
常識にしばられない学習方法を必要だと思います。


素直に言われたことだけを機械のように、
繰り返し繰り返しできる人
⇒確かに、まちがいなく宅建のような資格試験では効果あります。


本当に素直一辺倒の方であれば、大丈夫です。

でも、どうでしょうか?

残念ながら、人間は十人十色です。
性格も千差万別。


機械のようになかなかなれません。

悩みもします。

余計な考えも頭をかすめます。


それは、それでいいと思います。


宅建という枠を飛び越えて考えた場合、
私は、素直になれない人にこそ、
尋常では図りしえない大きく伸びる要素があると思います。


一皮向けて大ばけする。


癖のある人に、こういう方を見かけます。


是非、目の前にある通過点(宅建合格)だけでなく、
その先を見つめてください。


資格学習は、資格に合格するための手段だけにするのか?

その先にある人間の素養のアップ、トータルでの技量のアップに
つなげていくのか?


その答えのヒントは、あなたの常識の裏側に隠されています。

・・ここまで・・


いかがでしょうか?


今は、いろんな面で大変な時代を迎えています。

いつ訪れかわからない災害、
日本のどこでも起こりうる地震への不安感。

就職難であり、就労層も重要な年代での空洞化を迎えています。

必要な世代の技術系の人材がいない。

よそから引き抜くだけでは、人は育ちません。


それだからこそ、型にはまらない人材が必要なのです。

欧米人が上司にいるだけでなく、
今後は、中国人やインド人が上司になるかもしれません。

外国人が上司や部下にいる。

こんなことが当たり前の時代になります。


それゆえ、今までの日本人としての常識にとらわれない
柔軟な発想や考えが必要となります。


そのためのきっかけになる常識の裏側にヒントあり。

まずは、一度、自分自身の常識の裏側を覗いてみてください。

素晴らしい未見の我が潜んでいるかもしれません。


物事の考え方は、本日にて連載を終了します。

本日を入れて、全16話を書きました。

参考になりましたでしょうか?


私の今までの経験の中から今の時代だからこそ、
必要な考え方をまとめました。

良ければ、過去の1話から15話をもう一度読んでみることを進めます。

来週から、この日曜枠は、テーマを東日本大震災関連にしたいと考えています。

ブログ応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気blogランキングへ


こちらもブログ応援1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

新規ランキング参加しました。応援1ポチよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓