ブログネタ
宅建試験 に参加中!
[宅建] ブログ村キーワード


今回のテーマは、民法の克服法です。


民法が得意な人は、宅建試験受験者の中では少ない部類だと思います。


苦手であたりまえです。

あなたはどうでしょうか?

私ももちろん、苦手でした。

最初に民法を読んだ時、体が嫌悪感をしめしました。

それが故に、あなたが民法を苦手としたならば、
その気持ちはよくわかります。


でも、不思議ですよ。

何度も何度も繰り返し学習をしていると、
苦手意識、嫌悪感が薄れていきました。


むしろ、段々と好きになっていきました。

慣れって面白いですね。

男女の仲でも、初対面では嫌な奴と思っていたのに、
いつのまにやら好きになっている・・・

よくある話ですね。


一旦苦手意識がなくなるとしめたものです。

今まで、わからない、わからないと思っていた用語が・・・
内容が・・・
霧がぱっと晴れるようにわかるようになるのです。

民法が苦手だった私も、
今では契約書関連の草案を沢山してきました。


下手な法学部出身者より、
草案の内容、法的な内容のバランスには定評があります。
(おかげで、専門分野でもないのに仕事を頼まれて困りますが・・)


さて、民法の克服法ですが、
聞きなれない用語、
わかりにくい内容、
なかなか頭の中にスーとはいっていかないことと思います。

実際の場面を経験してない方も多いのと、
法律的なことなので、なんかしっくりといかない。


上記にも書きましたが、一番は慣れです。

習うより慣れろ。

なかなかしっくりこなくても、
何度も何度も読み込むことです。


同じ項目、例えば抵当権なら、
抵当権の項目だけを繰り返して3度読む。

マンガシリーズのテキストを買い、
同じ項目を繰り返してみるでもいいです。

3度読んで、一旦その項目は終了し、先へ進めることです。


集中リピート → 一旦離れる 
⇒次の2回転のサイクルの時に読み込んだ後、感触を確認する。


1回転目の時よりも違和感はなくなっていると思います。


項目によっては、
嫌いなものはやっぱり嫌いな項目もあります。

それが、出題頻度の低いところであれば、
深追いせずにスパッと切り捨てることも大事なことです。

民法全ての範囲を攻略することはなかなか難しいことです。

出題頻度の高い項目、
その中でも基本的なAランクな内容は、
諦めずに克服していく。


これが、一番能率的なやり方だと思います。

民法に対して本当に好きになったのであれば、
宅建試験後にいくらでも内容を掘り下げていけばいいことです。

ひょっとしたら、民法のスペシャリストになれるかもしれません。


でも、宅建試験を6ヶ月後に迎える今は、
深追いはやめましょう。


 

ブログ応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気blogランキングへ


こちらもブログ応援1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

新規ランキング参加しました。応援1ポチよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓