ブログネタ
宅建受験 に参加中!

疲れている時、
ついつい糖分をとりたい気分になります。


真実なのか単なるうわさなのか、
仕事の連続で頭の回転が悪くなったとき、
糖分が不足しているので、
糖分をとるとまた、頭のさえが戻ってくる。


そんなことを信じて、
ついつい、意識的に、普段はブラックコーヒーでも、
わざわざミルク入り、砂糖入りのコーヒーにすることが
あります。


また、あえて甘めの炭酸飲料系を飲むことがあります。


頭のさえ、ひいては頭の回転が復活することを期待して・・・


こんな本が書店にありました。

『甘い物は脳に悪い』



私としては、タイトル衝撃的でしたね。


アマゾンのレビューは賛否両論です。


ただ、確かに、私個人的には、
糖分をとると一時的にハイになる気分にはなりますが、
その後はそれ以上に疲れを感じる気がしていました。
(血糖値が高いせいもあるせいとは思いますが)


一時的にインシュリンが多くでるわけですから、
そういう気分になるのもわかる気がします。


長い目でみれば、
体に決していいことではありませんね。


いざという場面で糖分は重要ですが、
普段の生活のなかでは、その緊急性がなく、
かりに一時的な緊急性があったとしても、
脂肪をたくわえているわけであり、
それが糖分のかわりになるのであれば、
あえて糖分を意識的にとる必要はない気もします。


糖分につながる炭水化物を私達は、
普段、主食としてとっているわけですから・・・


ご飯、麺類、パン・・・


もちろん、お菓子、加工食品など炭水化物は、
いろんなもの含まれています。


私自身、炭水化物と糖分をおさえることにより、
体重を3ヶ月未満で12kg落としたわけですが、
今考えれば納得できます。



【今までの代表的食事例】


(平日)


朝 食パン・パン複数、牛乳

昼 ラーメン+チャーハン、寿司、
   そば+カツどんなど

夜 ご飯、おかず


(土日)


朝 菓子パン複数、ウインナー、卵料理、牛乳

昼 外食(ご飯+麺、ハンバーグなど+ご飯大盛、ハンバーガー複数など)

夜 ご飯(それなりの量)、おかず



【現在の代表的な食事】


(平日)


朝 バナナ(たまに、カロリー制限のサンドイッチ)、無調整豆乳

昼 定食中心(ご飯すくなめ)

夜 おかずのみ


(土日)


朝 ライ麦パン(パンのミミをとります)、卵、ウインナー(油分とる)

昼 ご飯少なめかなし、おかず

夜 おかずのみ



炭水化物と糖分を減らしているのが特徴です。


カロリーは完全無視。


おかげで、以前よりは当然のように体は軽く、
疲れたからといって、あえて糖分はとりません。


気分転換ということを考えれば、
時にはいいとは思いますが、
長い期間で考えた場合、やはり控えたほうがいいと思います。


学習は、長い期間コツコツ頑張れば、
それなりに効果はでてきます。


逆に、糖分は、じわ、じわと体を蝕んでいく気がします。


気がついたら糖尿だったとは、
よく聞く話です。

まずは、糖分を少なめにする、ごはんを少なめにすることから
始めてみませんか?

頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村