ブログネタ
宅建受験 に参加中!

通常、宅建学習において、
インプットから始めて、アウトプットへ移行する、
王道的な学習を勧めています。


こと中高年の方向を考えた場合は、
この固定観念は捨て去ってもいいと思います。


中高年はそれなりの人生経験をしてきています。

それだけに、仮に過去問からスタートしても、
全く全てに歯がたたないということはなく、
消去法や選択判断により正解をたぐりよせれる問題も
あると思います。


過去問からスタートとし、
解けるという感覚はもてないかもしれませんが、
傾向をつかむ、
過去問を解くことにより知識をインプットしていく。


こういう考え方ができます。


一見、インプット→アウトプットの方がだんぜん効率的に
みえるかもしれませんが、
後半戦になればなるほど、効率は逆にアウトプットスタートの
方が上がると思います。


もちろん、本人の性格にも左右されます。


解けない、わからないがプレッシャーとなり
マイナス思考になりやすい方には向かないと思います。


しかし、プラスに変えていける方は、
短期間で成果を得やすいと思います。


特に、1ヶ月学習など短期集中でやる場合の方が効果は得やすいと
思います。


だからといって、今の時期からその方法を選択するのは、
かなり覚悟はいりますので、
集中力とまとまった時間がとれそうにない方は、
1ヶ月学習はセレクトしないでください。


項目別でみると、
得手不得手がありますので一概には言えませんが、
権利関係の方がむいているのではないかと思います。


法令上の制限は、女性の方など、
苦手にしている方も多く、数値や用語など、
逆に頭が混乱する恐れもありますので、
インプットしてからの方がいいと思います。


宅建業法は、概要をつかむ意味で、
効果はあると思いますし、
人によっては、知識も同時習得していく、
アウトプット+インプット=併行学習の効果が
期待できます。


中高年の方にとって、
特にビジネスの最先端にいて時間に限りがある方、
自営業の方で時間の確保が難しい方など、
時間に制限がつく方は、
このアウトプットからのスタートも一つの方法です。


中高年は、
経験に裏打ちされた素養により、
こういう柔軟な学習ができることを意識してください。


もし、固定観念だけで考えてしまって、
そういう考え方だけで進めていくと、
折角のあなたの脳の活性化をとめてしまうことに
つながります。


もったいないことです。


柔軟に、フレキシブルに考えていきましょう。

そのための一つの方法が、アウトプットスタートです。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村