ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は、基本に専念です。


中高年の課題として、
なかなか思うように学習時間がとれない、
思うように知識が定着していかないなどがあります。


基本 → 応用へ


一般的な流れです。


でも、ここでショートカットを考えてみます。


あなたは、大なり小なりいろんな経験を重ねて、
今日まできています。


これは紛れもない事実です。


人に話せる経験の一つや二つは必ずあるはずです。

あなた自身のたな卸しをしていけば、
10や20出ても不思議ではありません。

ここで言いたいのは、その経験をショートカットに活かす。


つまり、


応用 = 経験

ととらえる。


応用を経験で代用させる。


そのために必要なことは・・・・

更に新規の応用をしていくことではありません。


経験=応用ととらえるわけですから、
むしろ焦点をあてるべきは、基本です。


要は基本に専念することです。


基本を磐石なものにし、
あなたの経験で応用を発展していく。


あなたの経験で新規に対処していく。


宅建試験に置き換えるなら、
宅建学習は基本に専念する。


実際の試験では新規性の問題もでますが、
所詮は仮面問題。

その仮面をはずさせれば、
十分に基本で対処できます。


基本を磨くことは、
間接的には応用力の下地を作っていくことになります。


宅建試験は何も全問正解を目指す試験ではありません。


40点でも8割の正解率でいいんです。


中にはひねくれた問題もあります。
そういう問題は無視すればいいことです。


エイヤーで、正解率は25%です。

へたに考える時間をこねくりまわすよりは、
瞬時の判断で時間短縮をはかり、
他の正解できる問題に注力する。


実際、試験で残念に終わる方の多くは、
取りこぼしをしています。


正解しなくてはいけない問題を落としている。


これでは、合格は難しいです。

であれば、おのずと答えは見えましたね。


中高年にとって、
ベストな選択は、基本に専念。


これにつきます。


宅建学習を自ら難しくしていかないこと。


これが大事ですよ。


わりきるところは割り切る。


このメリハリが大切です。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村