ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は、自分が学んだことを教えるです。


学習する身の上なのに、人に教えるなんて冗談じゃない。

と言われる方もいるかもしれません。

教えるというと難しく感じるかもしれません。

言い方を変えますと、
学習したことを人に話す。


これで言いと思います。


特に、学習の復習が苦手な方にとっては、
人に自分が学習したことを話すことによって、
更に知識の定着と理解を深めていく。


当然、人に話すためには学習したそのままの
順番で全部話すと、
聞かされる方はたまったもんじゃありません。


そこで、ポイントを絞って、
要点だけを話す。

ここに大事な要素があります。

これだけのあなたの考える作業だけで、
あなたの脳の中で整理されます。


ブログで書くことでも代用されるかもしれません。
ただし、凝りすぎると本末転倒になります。

あくまでも、要点だけをまとめる作業が大事なのであって、
ブログで綺麗に見せることが目的ではありません。


これを間違うとブログを書く作業が学習のあしかせになりますので、
やらない方がまだいいと思います。


話すことの方が効果は得やすいです。


書くこと → 脳と手を使う作業


話すこと ⇒ 脳と口

       +自分の声を聞く   (耳)
       +ボディーアクション (手と腕)
       +相手の目や表情を見る(目)
       +話す場所での環境  
        →香り (鼻)
        →風  (肌)
       +ボディータッチ(触感)


いろいろとプラス要素が積み重なります。

是非、試してみてください。


くれぐれも話す相手に無理強いはいけませんよ。


時には相手を変えることも必要です。


お子さんを巻き込んで一緒に受験。
これも面白いかもしれません。


あなたのお子さんが最年少記録を更新するかもしれません。


ちなみに、過去の最年少記録は12歳です。

平成18年に出ています。

その年の最年少だと都道府県名が載ります。
(地方だと新聞の取材があるかも・・・)


平成23年の最年少は16歳(神奈川県)でした。


さあ、あなたが話す相手候補はいそうですか?


ひょっとしたら、あなたの旦那さん、
あなたの奥さんが一緒に受験する・・・
なんてことになることはよくある話です。


事実、毎年、ご夫婦で受験される方も見かけます。


その場合は、運命の結果が分かれないように
お互いでモチベーションを維持しつつ、
切磋琢磨することです。


二人で合格。


喜びは間違いなく3倍にも4倍にも膨れ上がります。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村