ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は、テレビ番組「テストの花道」を紹介します。


テストの花道?


何、それ?
という感じですよね。


実は、NHK Eテレで
毎週月曜日PM7:25(30分番組)からと
土曜日AM10:00(60分番組)から放映されているものです。


私が見るきっかけになったのは、
以前は、毎週土曜日にやっており子供が教育テレビをみていた流れで、
途中「メジャー」というアニメが入り、
ずるずるとこのテストの花道までみていたのです。


見ていたといっても、
実際は、何かをしながらのながら見なので、
内容を細かく覚えている訳ではありませんが、
高校生を主な対象としており、
時折、納得させられる場面がありました。


今回紹介するのは、以前のある放送の中で、
ある成績の悪かった方が一発奮起挽回学習に取組、
見事、慶応大学に一発合格された例を紹介していました。


確か、クラス43人中38位だった方が3位となり、
学年でも3百何十人中13位までなったと思います。


その最初に取り組まれた学習が、英単語の暗記。

何ゆえに英単語の暗記から取り組むの?


そんな疑問を感じましたが、
答えはあとでわかりました。


英単語を覚えていく過程で、
最初のころはせっかく覚えたものをすぐに忘れていたようです。

その中でわかったことが、繰り返しでの暗記が足りなかったこと。

繰り返しを増やしたことにより、
英単語の知識が定着していったようです。


また、彼には、繰り返し法があっていたのかもしれません。

最後の彼からのコメントは、
「英単語から取り組むことにより、
 自分の学習法をみつけてられると思います。」


なるほど、前述の答えはこれですね。

英単語の暗記というシンプルな学習をやることにより、
自分にあった学習法をみつけ、実践していく。


短期に成果をあげるコツかもしれません。


宅建学習に置き換えた場合、
英単語に直接置き換わるものは見当たりませんが、
一番とっつきやすく、
かつ出題数が多い宅建業法から学習を始めていく。


その中で、自分にあった学習スタイルを確立して、
宅建試験までのロングランを乗り切っていく。

そういう形になるのではないかと考えます。


もちろん、人によっては法令上の制限かもしれませんし、
今の時期であれば権利関係であってもいいと思います。


テストの花道、
興味がある方はテレビをみてください。


司会は、所ジョージさんとTOKIOの城島さんです。

息子さん、娘さんのために参考になる情報もありますよ。


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝ありがとう!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村