ブログネタ
平成25年宅建合格 に参加中!

この宅建ブログでは、平成18年から平成24年までの7年間の
宅建試験をみてきました。
(その前のブログから含めると8年間になります。)


その時々にいろんなドラマがありました。

うれしい結果の時もあれば、そうでないときもあります。


平成18年は、一番の波乱の年でした。

まずは疑義問題の浮上。
当時は問49が議論の対象となり、詳しく説明した特設サイトもできました。

主要な予備校は、正解肢が同じでした。
(もちろん、合格発表日まで)

唯一つ、あるところが一石を投じる発表をされました。

ただある所は、主要予備校ではなかったためか、
一時的にはクローズアップされましたが、
合格発表日が近づくにつれ問49の疑義は収束し、
各予備校が正解と掲げていた解答肢4に収まっていったと思います。


そして合格発表前日、事件がおきたのです。

合格基準点がわかってしまったのです。
(平成18年合格基準点34点)
自己採点33点の方にとっては、希望の光が完全に消えることになりました。
詳しくは、以下のリンクをご覧になって下さい。

平成18年宅建試験を振り返って


平成19年は、一番穏やかな年でした。

ただ試験終了後から、前年より問題の難易度が低いということもあり、
合格基準点が確実に前年よりアップされると、噂されていました。

更に5点免除問題は、
予想外の問題もあり、一般受験者は苦戦が予想されました。


噂はどんどん広がっていくので、
合格基準点が37点以上になるなんてことがまことしやかに飛び交い、
自己採点36点の方も、今年に限っては危ないのではないかと、
心配された方も多くいたと思います。
(LECの36点前後の予想も影響していたのかもしれません)

平成19年宅建試験を振り返って


平成20年は平成19年と状況はかわり、難易度は上がり、
受験生の多くが自己採点前の感想としては、
ぜんぜん駄目だったという感触の声を頂きました。
(感触的には30点以下位の気持ちではなかったかと思われます)


でも実際に自己採点してみると、
それなりに得点されてことを書かれたコメント・メールを見受けました。

平成20年宅建試験を振り返って


平成21年は、平成18年〜20年と推定点が高めだったLECさんが、
一転、他よりも低めの予想となりました。
それだけに、何故?と思われましたが、
難易度の意見は多少割れたところもあり、大勢は35点中心で推移しました。

また、試験後から疑義問題で揺れていました。
しかし割れていた2問の解答もいつしか統一され、
平成18年の再来か?は、自然終息していきました。

33点はLECや大栄のメインに置かれていたものの、
35点最有力、うまくいったら34点の雰囲気につつまれていました。
そして、合格発表日当日になった瞬間、
週刊住宅ニュースからネットに合格速報が流れました。
 
これにより、合格基準点は機構側の発表を待たずに、
突然に33点の結果を知らされることになりました。
私は偶然、その時間帯はネットをみていたため、
読者からのコメントですぐに結果を知ることとなりました。

平成21年宅建試験を振り返って


平成21年推定点が低めだったLECさんが、
例年の高めの予想となりました。
TACと日建と大原が横並びでダイエックスがやや下側でしたが、
試験から2日目の午後に上方修正しました。


宅建情報ネットが低めの比重を上げていることで、
34点にも期待感がありました。
当初は36点も十分ありうる感もありましたが、
次第に悪くても35点のムードでした。

平成2度目の36点はこない。
昨年、いや昨年以上に合格率があがってほしい。
そんな一心でした。
しかし結果は、平成2度目の36点。
しかも合格率は15.2%。
厳しすぎる・・・そんなとても残念な結果でした。


平成23年は、
LECがまたしても、他校より低めのため得点が低い方にとっては、
うれしい予想でした。

何か期待できる・・・?
しかし事態は思わぬ方向へ。
10/28にLECが上方修正したのでした。

33±1点→34点または35点。
このときばかりはがっかりしましたね。

しかし本当の衝撃は、もっと後にくることになりました。
11/22になります。


不動産適正取引推進機構からのいきなりの発表。

問48に誤記があり全員正解とする。

折角、統計の1点をとった方にとっては気の毒でした。

そして、11月30日合格発表日。
合格基準点は36点。
2年連続の36点。
(もし全員正解でなかったら35点だったのかも・・・)


そして、最後は昨年平成24年です。

こちらも当初から疑義問題に揺れました。
問5です。
いろんな見解の中で、合格発表日直前の以下の記事をまず見てください。


・・・平成24年12月2日の記事より(ここから)・・・


平成24年宅建試験合格推定(予想)点☆6週間後の各発表状況


平成24年宅建試験が終了して6週間がたちました。
そして合格発表まで後2日ですね。

現状での各校の合格推定点一覧です
(平成24年12月1日21時0分現在)


◎TAC       34点±1
◎日建学院   34点±1 
◎大原      35点±1
         →36点以上 合格の可能性が高い
            35点 確定的ではないが合格ライン上
            34点 現時点では合否の判定できない
◎LEC       35点±1    
◎ダイエックス    34点±1
◎大栄教育   33問
 
◎宮嵜ブログ  問5⇒合格率を例年並み、問5の正解を3とした場合
                         34(80%)〜33
                        *問5について宮嵜さんより見解がでています。
                合格予想点のコメントを含めて、
            詳細は宮嵜ブログを参照。
 
◎水野ブログ   33点か34点→34or33→33or34

◎総合資格学院 昨年を下回る可能性高い
◎教育プランニング 34点ないし35点
◎幸せメルマガ    34点
◎日ビ法       35点前後

◎レンチャー     35点±1
◎宅建ゼミナール  34問±1問 →34問(50%)又は33問(50%)
◎梶原塾       35点/36点
◎駿台法経校   34±1
◎Kenビジネス   35±1

◎住宅新報     35点前後
◎週刊住宅     35点もしくはそれ以下に
               落ち着く気配が濃厚
◎宅建学院     35±1
◎宅建WEB講座 記載なし→講師の個人的意見(35点前後)
◎拓明館        発表なし→34点

◎エイプリルカフェ     発表なし
◎クレアール     発表なし
◎ユーキャン     発表なし
◎アットホーム     発表なし
◎ネットスクール     発表なし
◎フォーサイト      記載なし


☆読者情報
・総合資格(TEL)  32〜33点(11月7日時点)
・LECから届いた解説 問5は「3or4」 


(問5の各校の解答)
・3を正解
   LEC、日建、ダイエックス、大栄、教育プランニング、クレアール、
   日ビ法、レンチャー、宅建ゼミナール、ユーキャン、梶原塾、
   宅建学院、Ken、宅建WEB、択明館

・4を正解
   TAC、大原、駿台法経校

・3or4
   ネットスクール(4or3) 
   → 3に変更(11/2に見解を出す)
   → 3or4に変更(11/2)


全く動きのない1週間となりました。
この時期の特徴なので、予想通りなのですが・・・
後は、宅建合格発表日当日を迎えるまで動きはないと思います。


平成18年は前日夜には合格基準点が発覚してしまいましたが、
それ以降は流石にありません。

後は日付が変わった瞬間に速報が流れる。

昨年は、週間住宅が初めてツイッターを使いました。

時代ですね。

いずれにしても、後2日
一人でも多くの方に合格の栄冠を!
祈ります!!


・・・・・平成24年12月2日の記事より(ここまで)・・・・・


結果的には、問5が複数正解となり、
合格基準点は33点でした。


いかがでしょうか?
今年、33点が範囲内に入っているは、主要予備校で5社です。
32点でも4社です。


そして、何といっても大栄の32点1本予想もあります。
32点でさえ、可能性はゼロではないのは間違いありません。


何とかきてほしいですね。
33点、32点。


祈願宅建合格、自分の合格を固く信じて!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願! あなたの合格を祈ります
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村