ブログネタ
平成25年宅建合格 に参加中!

平成25年宅建試験合格発表日まで、後10日。


連続3話でおおくりしていますボーダーライン上の方への贈る言葉、

最後は自己採点32点の方へです。


【自己採点32点の方へ贈る言葉】


自己採点32点。

32点、考えてみるとこのブログを始めた平成18年からみると
一度もきていない点数です。


昨日の記事でも書きましたが、
平成24年は、複数正解がなければひょっとしたら32点?
だった可能性もありました。


そう考えると32点は相当に厳しい点数であるのには間違いありません。

そんな中で水野さんは2点予想ですが、前側にもってきています。
数年前は、はずして山篭り?された記事も書かれた年もありましたが、
昨年は見事ストライクでした。
今年も水野さんの勝負師としての感ピュータに期待したいですね。


そして、大栄の1点予想32点。
予想は1点でこそ予想です。

予備校としてこの姿勢は立派ですね。
勝負師としての大栄さんも大好きです。

ちなみに昨年の33点も一点予想で当てています。


今年はどうか?

本当に来てほしいですね。
32点。


最終的な判断が主催者側で下されたかはわかりませんが、
疑義問題がどうなるかにもよりますが、
32点を願う方の気持ちが届くかもしれない・・・


可能性が低いことも起こることがこの世の中です。

事実は小説より奇なり。

確かに、駄目な場合の覚悟は必要です。

しかし、まだ残された待機期間の間にそれを作ることは可能です。

スパッと宅建のことは忘れて、次の自分がやる事に没頭する。
これはこれで結構です。


でもそれができない人。
諦めることに心が納得しない人。

諦めないことは、本人の自由です。

可能性がゼロではないのなら・・・

待つ時間は普通に考えれば無駄かもしれません。


でも最後まで信じて待った経験は、
今後のあなたの力になるはずです。


そんなあなたは、
例え結果がどうころぼうとも、
これからの人生を強く生きれるはずです。


本当に本当に本当に、1点でも合格基準点が下がってほしい。

34点よりも33点。

33点よりも32点です。

32点になれば・・・
(まさかまさかの大仰天の31点も・・・)


自分の合格の可能性を信じて・・・

可能性を信じる限り、道が開かれるチャンスは
例え数%でも残されている気がします。


希望をもって待つ人は、心が純粋だと思います。


希望をもって待つあなたを、
合格を信じて待つあなたに、
大きな栄冠がもたされますことを祈ります。


一足早い、ビッグなクリスマスプレゼントになりますように・・・

こいこい32。


祈願宅建合格、自分の合格を固く信じて!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願! あなたの合格を祈ります
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村