ブログネタ
平成26年宅建試験 に参加中!



今回は、隙間時間・細切れ時間について考えてみます。

あなたの生活での隙間時間はいかがですか?


仮に事務職の方で考えた場合、

・通勤時
・職場での休憩時
・昼食後
・仕事が終わって家に帰るまでの時間帯


通勤時は通勤方法によってかわります。
乗り換えが多いとその分、細切れ時間になると思います。


休憩時は明らかに細切れ時間、
昼食後は取り方によっては、
比較的まとまってとれるかもしれません。

仕事が終わってからどう学習時間を確保するか?


自宅でとれればそれにこしたことがありませんが、
人によってはコーヒーショップの方がやりやすい方も
いると思います。


また考え方によっては、自宅の中でも細切れ時間は発生します。

ただ一人暮らし以外は、家族とのコミュニケーションの時間も
大事なので、あまり自宅での細切れは意識しない方がいいと思います。


職業でよく言われるのが、
営業職での外出先での待ち時間、隙間時間、移動時間などです。
確かに、空きはできます。

基本的には、次に行く客先などの資料や打合せ内容の事前再確認など、
やるべきことはありますが、
意識していれば学習に回せる時間はあると思います。


要は、いかに日ごろから意識していて、
さあやるぞというときに、すぐに過去問をとりだせるかです。


隙間時間、細切れ時間の活用は、
過去問などのアウトプット学習が一番向いていると思います。

インプット学習においては、
項目の途中で中断しても気にしない自分自身の寛容さは必要です。


学習のキリが悪いからといって、
仕事に悪影響を与えては本末転倒の結果になります。


宅建試験本番までは、まだまだ時間があります。

当然、この細切れ時間も積み重なればそれなりの累積時間になります。


特に、まとまった学習時間がとりにくい方は、
しっかりと意識してくださいね。


今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村