ブログネタ
宅建試験 に参加中!
ユーキャンのテレビCM、本当によくみかけますね。

テレビだけでなく、スーパーやファミレスでも・・・
そして書店で本を買うとチラシも入ってきます。

もちろん、王道新聞折込チラシや新聞巻末掲載も健在です。

宅建も当然人気資格の一つです。
昨年は受験者数がやや減少しましたが、
それでも日本最大の国家試験であることには間違いありません。
昨年から宅建取引士になりますから余計に注目が集まりますね。

そんな状況の中でユーキャンを検討材料にしている方も
いることと思います。

ユーキャン通信講座の人気の秘密は、
試験の出題範囲の合格ラインをカバーした教材内容にあります。

徹底的にムダを省いた教材!

・基本テキスト3冊
・過去問実践テキスト3冊

市販の参考書に比べて、ビックリするほどテキストは薄い!
(A5サイズ、厚さ1cm)

私などは逆にものたりなく感じますが、
資格学習初心者の方にとって、
ひいては法律系学習の初めての方にとっては、
薄いことは大事な要素だとも感じます。

とにかく、全く初めての方もよくわかるようにしています。

なじみの薄い法律用語もかみ砕いて説明されています。

私も実際に見てみましたが、見やすさは抜群だとおもいます。

内容的には初心者を意識したものなので、
リベンジされる方が初めて使用するときは、
物足りなく感じると思います。

学習初心者の方にとって、
また初回学習が不十分な方にとって利用価値はある教材だと思います。

理解と徹底しての繰り返し学習を組み合わせていけば、
ある程度効果が出るのではないかと思います。

ちょうど、今回のタイミングで、
また私のところに受講案内が届きました。
(5年連続で届いています)

その内容から抜粋しますと、

●本年度の宅建試験合格をお望みでしたら、
 XX様もぜひ、最も多くの合格者が誕生している、
 この1月からスタートしてください。

毎年同じフレーズですね。

1月スタートが有利な2つの理由・・・

・最新のテキストで効率よく学習をスタートできる点。

・10月の本試験まで程よい余裕をもって受験準備できるメリット

至極当たり前の内容です。
ただ期間があるということはそれだけ心の余裕はもてますので、
大事であることには間違いありません。

送付物です。
・基本テキスト(3冊)
・基礎力確認問題集(1冊)
・過去問実戦テキスト(3冊)
・みんぽうって何?
・必須ポイント100
・ガイドドック
・最新過去問題と解答解説
・科目別ガイダンスDVD(3枚)
・添削関係書類他

フォローアップは、

1.学びオンラインプラス
  インターネット学習サービスとして、携帯電話やパソコンから
  宅建講座の講義を動画で見れたり、ミニテストにチャレンジでき
  ます。

2.学習者のペースで添削指導(7回)
  *模擬試験1回含む 
  アドバイスを添えて返却されてきます。


受講期間中、会報「T-PLAZA」が定期的に届きます。 
法改正情報や次回の試験で出題されそうな数字・用語についての特集、
平成27年度試験の傾向分析などを適宜特集されます。

郵便、電話、FAX以外に、
Eメールの質問もOKです。

有料ですが、
実力強化のスクーリング、統一模擬試験も実施されています。


そんなトータル的にまとまったユーキャンの費用は、

【宅地建物取引主任者受験講座】
  ○費用 一括 63,000円
      分割 3,980円×16回払い=63,680円

標準学習期間は6ヵ月。


教育訓練給付制度を利用できれば、
学費の20%が戻ります。
(該当するかどうかは、事前に確認してください)

検討したい方は、
まずは無料の資料請求から始めてみてください。



宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村