平成29年宅建試験が終了して3週間がたちました。

各校の合格推定点一覧です。

●平成29年主要先推定点一覧
(平成29年11月5日21時00分現在)

◎TAC  34±1
◎日建学院 34点±1 
◎大原   32・33→33/34
◎LEC  34±1
◎大栄   33

◎宮嵜ブログ34(30%)、35(70%) 
◎水野ブログ34
◎住宅新報(10/17号) 34〜35点


ここからは完全な膠着状態となります。

予備校の推定点が試験後から数週間経って変更になることは、滅多にありません。
過去、何回かはありますが、私が知る限り片手で数えれる程度です。

自己採点34点の方はつらい立場になります。
もちろん可能性が高いので信じて待つのは当然のことと言えます。
ボーダーラインど真ん中であり、最低限でもきてほしい得点です。

そして、33点。
受験後のコメントを改めて読んでみて、かつ、いろんな方の受験の感想をお聞きすると、
試験では苦戦したけど、意外と得点につながっている・・・
悩ましいところです。

合格率がどっちにふれるのか?

できれば宅建士試験3回目の試験なので、合格率があがってほしいですね。
33点・34点の方の得点分布が、試験全体をイメージしてみても多そうですので、
どっちになるか?

何度も書くようですが、試合終了ホイッスルがなった以上は、
一人でも多くの方に吉報が届いてほしいと感じます。

絶対来てほしい、34点!

心から祈る、33点!!

最後に、先週は速報の昨年の状況を紹介しました。

今回は、機構から発表される内容を紹介します。

◎試験問題正解番号

◎実施結果の概要
 ・試験日
 ・試験会場数
 ・申込者数(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・受験者数(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・受験率男女別、登録講習修了者別含む)
 ・合否判定基準(合格基準点)
 ・合格者数(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・合格率(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・平均年齢(男女別含む)
 ・最高齢合格者(年齢・性別・都道府県)
 ・最年少合格者(年齢・性別・都道府県)
 ・80歳以上の合格者数(男女別)
 ・18歳未満合格者数(男女別)
 ・職別別構成比
 

必勝宅建合格、合格への思いを込めて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村