不動産適正取引推進機構によりますと、
今年(平成30年)の受験者数は、213,914人(速報値)です。
申込者数が、265,444人、受験率が80.6%。

受験者数は昨年より上がりましたが、受験率は若干落ちました。

ちなみに、平成29年は、
受験者数⇒209,353人
申込者数⇒258,511人
受験率 ⇒81.0%

平成28年は、
受験者数⇒198,463人
申込者数⇒245,742人
受験率 ⇒80.8%

平成27年は、
受験者数⇒194,926人
申込者数⇒243,199人
受験率 ⇒80.2%

平成26年は、
受験者数⇒192,092人
申込者数⇒238,343人
受験率 ⇒80.6%

平成25年は、
受験者数⇒186,304人
申込者数⇒234,586人
受験率 ⇒79.4%

平成24年は、
受験者数⇒191,169人
申込者数⇒236,350人
受験率 ⇒80.9%

平成23年は、
受験者数⇒188,572人
申込者数⇒231,596人
受験率 ⇒81.4%

平成22年は、
受験者数⇒186,542人
申込者数⇒228,214人
受験率 ⇒81.7%

平成21年は、
受験者数⇒195,515人
申込者数⇒241,944人
受験率 ⇒80.8%

平成20年は、
受験者数⇒209,415人
申込者数⇒260,591人
受験率 ⇒80.4%


過去17年間の受験者数・合格率・合格点データを見てみました。

        13年     14年      15年
受験者数 165,104人 169,657人 169,625人 
合格率    15.3%    17.3%    15.3%
合格点     34点      36点      35点

        16年     17年      18年
受験者数 173.457人 181,880人 193,573人 
合格率    15.9%    17.3%    17.1%
合格点     32点      33点      34点

        19年     20年      21年
受験者数 209,684人 209,415人 195,515人
合格率    17.3%   16.2%     17.9%
合格点     35点      33点       33点

        22年     23年      24年
受験者数 186,542人 188,572人 191,169人
合格率    15.2%   16.1%    16.7%
合格点     36点     36点      33点

        25年     26年      27年
受験者数 186,304人 192,029人 198,375人
合格率    15.3%    17.5%    15.4%
合格点     33点      32点      31点

        28年     29年     
受験者数 198,463人 209,353人
合格率    15.4%    15.6% 
合格点     35点      35点
  


合格率17%台が平成17年から19年まで3年連続しましたが、
平成20年においては、大きく下がりました。

しかし、平成21年は17.9%と大幅アップとなり予想以上に
大方の予想をはずしたうれしい年でした。
その後、15%の合格率が主流になりましたが、平成24年は16%台、
平成26年は17%台違う年もありました。

平成24年は複数正解肢があった年です。
平成26年は宅建主任者試験として最後の年です。
それ故、平成最期の宅建士試験で合格率が上がる?ことを期待したいですね。

1%以上前年より合格率を下げているのは、
平成20年・平成22年・平成25年・平成27年を含めて平成では過去7回あります。
平成2年・平成15年は、前年より2%下げているのに驚きでしたが、
平成22年はそれを更に上回って2.7%の下げ、平成27年も2.1%の下げになりました。

逆に前年より合格率が上がった年をみると
一覧表に掲載しただけでも、9回あります。
その内、1%以上上がっているのは4回あります。
2%以上でも2回あります。
特に、平成26年は宅建主任者試験最後の試験のためか?
2.2%持ち直しました。

平成27年宅建士試験に変わってから、15.4%が2年連続しました。
その翌年の平成29年は15.6%と横ばいですね。
もし、このまま15%で横ばいとなれば、36点の方には厳しい現実になるかもしれません。
でも、流れが変わる年が実際にあったわけですから・・・
仮に昨年15.6%+2%=17.6%になる可能性も決してゼロではありません。

できれば、宅建主任者試験時最後の年同様に17%台になってほしいものです。
そうすれば、36点の可能性もでてきます。
(みやざきさんの予想では、それでも厳しい現実ですが・・・18%まで含んだ予想のため)

合格基準点は、合格証書の印刷の関係などを考えれば11月初旬には、
答えがでているのではないかと思います。

ただ、私達が知りえるのは、12月5日合格発表日の機構側の発表を待つしかありません。
(速報が今年もでるのであれば、12月5日日付けが変わった時点で某社からでると思います)

何とか一人でも多くの方に喜びが届いてほしい。

あなたの合格を祈ります。

PS.いつも応援ありがとうございます。
   ランキングもイン投票が落ち込む時期です。
   宅建合格目指して、1日1回の合言葉をお願いいたします。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村