平成30年宅建試験が終了して2週間がたちました。

各校の合格推定点一覧です。

●平成30年主要先推定点一覧
(平成30年11月3日21時00分現在)
◎TAC  36±1
◎日建学院 37点±1 
◎大原   35・36→36・37(10/23変更)
◎LEC  36±1
◎大栄   36点

◎宮嵜ブログ 37・38 →36(5%)、37(60%)、38(35%)(10/22) 
◎水野ブログ 36or37
◎住宅新報(10/23号) 36、37点

ここから例年のことですが、大きな動きはなくなります。
まとめサイトが花盛りですが、それほど気にする必要はありません。
沢山並べたからといって精度が高まるわけでもありません。
(単なる予想の一覧表にすぎません)

一部、不動産法律セミナーのことを書いているところもありましたが、
残念ながら平成24年から予想に関する記載はなくなっています。

ここで合格発表当日の速報です
速報を流していた週刊住宅が一昨年、自主廃業されましたので週刊住宅から速報が流れなくなり、
今度は住宅新報社から速報が流れるのではないか?と予想していたら、
昨年、その通りになりました。

昨年の速報例です。

・・・ここから(平成29年)・・・
(ツイッター)
【速報!  平成29年度宅地建物取引士試験結果】
合格ラインは35点(以上)が合格です!登録講習修了者は45問中30問以上)

・・・ここまで・・・

ツイッターだけで速報が流れたと思います。
(フェイスブック、通常ネットには流れていなかったと思われます)

おそらく、今年も同様に速報が流れると思います。
このブログでも確認後、すぐに速報を流しますので、
12月5日0時15分位に見てもらえれば合格基準点について確認できます。

一部地方新聞では、合格者名の発表があります。
但し、新聞では合格基準点は発表されませんし、その地域に該当する方しか合格者名の記載は
ないと思います。

いずれにしてもボーダーラインの方にとって、
よりよき結果になってほしいですね。

36点、本当にきてほしいですね。

一人でも多くの方に合格の吉報を!

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村