平成30年宅建試験合格発表日まで、後14日。

まだちょっと早いですが、
宅建合格発表までの残り期間を乗り切るためにも、
例年この時期に合格発表日について紹介しています。

気持ちを維持していくためにも、確認してみましょう。

平成30年11月12日時点で、
東京都防災・建築まちづくりセンターに掲載されているものです。
(合格者名簿の掲示は、東京都で受験された方対象です。)

他の道府県の方は、参考としてください。

(以下、引用)

1.合格発表 
  平成30年12月5日(水) 

2.合格者受験番号の掲示
  平成30年12月5日(水)〜平成30年12月7日(金)
  東京都庁第二本庁舎1階南側臨時窓口
   掲示時間 9:00〜17:00  
   ※時間外はご遠慮ください。
 
3.ホームページの掲載

  パソコンからアクセスできる期間
  平成30年12月5日(水)9:30〜平成31年6月6日(木)17:30 

  携帯電話(インターネット接続サービス)からアクセスできる期間
  平成30年12月5日(水)9:30〜平成30年12月19日(水)17:30 

4.合格証書等の送付
  (合格者のみ)

  ※不合格者への結果通知は行いません。

  合格者には、受験申込書に記載された現住所に『簡易書留』で、
  (一財)不動産適正取引推進機構より合格証書等を平成30年12月5日(水)に発送します。
  (※当日必着ではありません。)
  受け取られずに返送された合格証書等を再送する際には、送料を負担していただきます。
  取引士登録の手続き関係書類も同封されています。
 

5.注意事項
  公表した内容並びに各受験者の合否、解答内容及び採点結果に
  関する問い合わせや、合格された方からの合格証書番号の問い合わせには、
   一切お答えしません。
 
平成21年から、合格証書の送付は簡易書留に変わっています。
(それ以前は配達記録でした。)

参考までに、
平成29年度合格発表時に、不動産適正取引推進機構さんが、
アップされた内容です。

イメージをつかんでもらえればと思います。

引用

《参考》

・・・・平成29年の内容ここから・・・

平成29年度宅地建物取引主任者資格試験合格者−受験番号−
◆合否判定基準
 50問中35問以上正解(登録講習修了者 45問中30問以上正解)

◆試験問題の正解番号
 ここに正解番号が掲載されます。

◆合格証書の発送
 合格者には合格証書を、当機構より11月29日に「簡易書留郵便」で発送い
 たしました。
 ご不在のため簡易書留郵便を受け取ることができなかった場合には、不在票が
 入りますので、郵便局にご連絡下さい。
 不合格者には通知いたしません。

◆都道府県別合格者受験番号
(以下の様に各都道府県が記載されています。)
  試験地を選択(クリック)してください。

  北海道   青森県   岩手県   宮城県   秋田県   山形県 

  茨城県   栃木県   群馬県   新潟県   山梨県   長野県

  埼玉県   千葉県   東京都   神奈川県

例えば東京都とクリックすると・・・最初の4桁が表示されます。
次に受験番号上4ケタを選択(クリック)してください。

東京都

 ↓

1301   1302   1303   1304   1305   1306  

 ↓

1301‐0003 1301‐0008 1301‐0011 1301‐0018 1301‐0023 

すると合格者の番号が表示されます。

・・・平成29年の内容ここまで・・・

携帯電話での確認方法ですが、
平成17年に具体例がありましたので、
参考までに記載します。
尚、方法は平成27年も大きな変更はないと思いますが、
照会方法が変わった場合は、それにしたがってください。

〔平成17年の携帯電話からの照会例(参考)〕

ご利用方法 

 ・ お手持ちの携帯電話で不動産適正取引推進機構ホームページ
  (http://www.retio.or.jp)にアクセス 

 ・ 携帯専用サイトのリンクボタン
 (「合格者検索はこちら」の文字)を選択実行 

 ・ 検索画面に移りますので、ご自分の受験番号
 (ハイフンを除く8桁の数字)を入力し、検索ボタンを選択実行 

 ・ 入力された受験番号が合格者の番号に該当する場合は、
  「合格です。」との表示が、
   該当しない場合は、
  「合格者の受験番号に該当しません。」との表示が出ます。

平成30年の合格発表案内は機構さんのページにアップされたら、
そちらを確認してください。
また、合わせて試験結果の概要や総括表をみることができます。

とにかく、合格発表日は緊張の瞬間です。

私は合否は確認せず、合格証書が届くのを待ちました。
それはそれでうれしいものでした。

また、ここ8年は、週刊住宅オンラインが合格発表日の日付に
なった途端(つまりは、夜12時をすぎて)、合格基準点などの速報を流していました。
ツイッター、フェイスブックなどで情報が流れていました。

その週刊住宅が自主廃業されたため、昨年は住宅新報社からツイッターで
速報がながれました。
日付が終わった瞬間に合格基準点がわかるわけですから、
一喜一憂の瞬間は、合格発表日当日深夜とも言えます。

今年もおそらくは、住宅新報社から速報が流れると予想されます。
速報をみて、合格基準点を確認して、その後機構のホームページにて
自分の受験番号で合否を確認することになります。

いずれにしても合格者には合格証書が合格発表日当日か?
翌日又は数日以内で届きます。

当日の状況は、これでわかりましたね。

あなたの合格を心から祈ります。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村